MATE 1.26 を公開しました

今回のリリースには通常よりも少し時間がかかったかもしれませんが、18ヶ月の開発期間を経て、MATE 1.26 がリリースできたことをうれしく思います。このリリース実現するために協力していただいたすべての貢献者のみなさんに感謝します。

MATE About dialog

MATE 1.26 で新しくなったこと

今回のリリースの課題は、MATE デスクトップに新しい機能を追加すると同時に、私たち全員が知っていて愛している、ルック&フィールを維持することでした。追加されたすべての機能は確かに非常にエキサイティングですが、私たちは多数のバグ修正、コードベースの最新化、パフォーマンスの最適化を行うことを忘れませんでした。

MATE デスクトップ 1.26 の主な変更点は次のとおりです。

  • 私たちは、Waylandでは Atril、システムモニタ、Pluma、端末、その他デスクトップのコンポーネントをサポートしています。さらに、電卓と端末は Meson でビルドできるようになりました。
  • Pluma は大幅に改善されました。
    • コンテンツの概要を即時に確認できる新しいミニマップがあります。
    • 新しいグリッド背景パターンによって、Pluma が手書きパッドへと変わります。
    • 検索プラグインは「元に戻す操作」をサポートするようになりました。
    • 行番号の表示/非表示のショートカット Ctrl + Y を追加しました。
    • 設定ダイアログは、すべての新機能に追いつくために再設計が必要でした。
  • 新しいPluma プラグインと共に、テキストエディタは ブラケット補完Comment/Uncommentコードビルトイン端末、および単語補完をサポートする機能豊富な IDE にすることができます。
  • コントロールセンタでは、ウィンドウの設定ダイアログが改善され、オプションが追加されています。表示ダイアログに表示スケーリングのオプションが追加されました。
  • 通知はハイパーリンクに対応するようになったので、一層便利になりました。そしてついに、「Do not Disturb」アプレットが追加されました。
  • アプレットについていえば、ウィンドウリストのアプレットにはマウススクロールを無効にする新しいオプションがあります。オプションのウィンドウサムネイルは cairo サーフェスとしてレンダリングされるので、鮮明でクリアになりました
  • ネットスピード・アプレットはデフォルトで詳細情報を表示し、netlink をサポートします。
  • 電卓GNU MPFR/MPC ライブラリに移植されました。これはより正確でより高速な計算と関数の追加 (例えばリーマンゼータ関数、ガウス誤差関数) を意味します。
    • 私たちはついに最近の計算を示す履歴を追加しました
    • 履歴がアクティブな時、電卓のサイズを変更できるようになりました。
    • 整数の因数分解速度が大幅に向上しました。
    • モジュール式演算評価が大幅に高速化(モジュール式指数機能)。
  • ファイルマネージャ Caja では、新しいブックマークサイドバーを選択できます。Caja は、コンテキストメニューでドライブの初期化をサポートします。コンテキストメニューから起動して任意のプログラムが追加可能な、Caja Actions 拡張機能がデスクトップの一部になりました。
  • Atril では、遅いリニア検索がバイナリツリー検索に置き換えられたので、サイズの大きな文書をスクロールする速度が大幅に向上しました。必要な場合にのみ EvWebView が作成されるようになったので、文書ビューアのメモリフットプリントはさらに小さくなりました
  • ウィンドウマネージャ Marco は、最小化されたウィンドウを元の位置へより確実に復元するようになりました。
  • Engrampa は電子書籍 (EPUB) と ARC アーカイブをサポートするようになりました。さらに、暗号化された RAR アーカイブを開くことができるようになりました。
  • 電源管理にはキーボードの調光を有効にする新しいオプションがあります。これは libsecret へ移植されています。
  • 多くの About という概要ダイアログは、より適切な記述へと更新されました。なぜなら、小さな事も重要 :-) です。
  • 私たちは多数の不具合や一部のメモリリークを修正し、ほぼ全部のデスクトップコンポーネントのコードベースを最新にしました。
  • 新しい Wiki が出来たので、新規の貢献者がプロジェクトに非常に参加しやすくなりました。やる気のある方が至急必要なので、連絡を取ることや貢献を開始することを遠慮せずにお願いします。
  • 翻訳が更新されました。翻訳チームのみなさんに感謝します!

MATE デスクトップ 1.26 の各種コンポーネントは、次の場所からダウンロードできます。

詳細情報

詳細は以下のとおりです。

Atril 文書ビューア

  • ヘルプは完全に書き直されました (TeX ファイルを大量に作成する場合は、必ず新しい synctex のセクションを参照してください)
  • ev-window.c: EvWebView は必要な場合のみ作成されます
  • ev-sidebar-links: ページの逆リンク検索を最適化 (サイドバーのリンクの非常に低速な線形検索が、特別なバイナリツリー内の検索に置き換えられました)
  • Wayland のサポートを追加
  • 添付ウィンドウがサイドバー全体に表示されるようにしました
  • synctex のオプション化
  • 空の navMap のセグメンテーション・エラーを修正
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • build: ネイティブ言語サポート (NLS) を無効にするオプション (--disable-nls) を追加
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点は次のとおりです: https://github.com/mate-desktop/atril/commits/master/

Caja ファイルマネージャ

  • 作成時刻の情報をリストの列に追加できるようになりました。
  • デスクトップ上でアイコンのロック位置をブロックする設定を追加
  • ドラッグ&ドロップ時のファイルシステムのチェック機能向上
  • Caja を使ってドライブの初期化が可能になりました。
  • fm-properties-window: システムフォルダの場所をポータブルに
  • 再ロードボタンを中クリックするとタブを複製します
  • デフォルトでウェブブラウザからのリンクを作成
  • Caja のサイドバーへ「ブックマーク」を追加
  • 明示的な --select コマンドラインオプションをサポート
  • 元に戻す操作で削除する前に確認
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • 複数のメモリリークを修正
  • build: ネイティブ言語サポート (NLS) を無効にするオプション (--disable-nls) を追加
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点は次の changelog にあります: https://github.com/mate-desktop/caja/commits/master/

caja-actions

  • 今回のリリースで初登場です。
  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • g10n: 翻訳の更新

caja-dropbox

  • i18n のサポートを追加
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点は次の changelog にあります: https://github.com/mate-desktop/caja-dropbox/commits/master/

caja-extensions

  • gksu: 新しいスレッドでコマンドを実行しません
  • glade ファイルで gtk+ 3.22 が必要
  • sendto: E メール送信用の evolution コマンドを修正
  • image-converter: caja-image-rotate.ui をすべて書き直し
  • 複数のメモリリークを修正
  • build: ネイティブ言語サポート (NLS) を無効にするオプション (--disable-nls) を追加
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点は次の changelog にあります: https://github.com/mate-desktop/caja-extensions/commits/master/

Engrampa 書庫マネージャ

  • rar 6.00: アーカイブファイルの内容リストを暗号化ファイルリストに修正
  • 電子書籍 (EPUB) のサポートを追加
  • ARC アーカイブのサポートを追加
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • 複数のメモリリークを修正
  • build: ネイティブ言語サポート (NLS) を無効にするオプション (--disable-nls) を追加
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点は次にあります:https://github.com/mate-desktop/engrampa/commits/master/

eom 画像ビューア

  • ui ファイルのアップグレード
  • 画像を移動するためにドラッグした時スクロールバーが確実に移動するようにしました
  • ダイアログウィンドウでのタブスクロールのサポートを追加
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • build: ネイティブ言語サポート (NLS) を無効にするオプション (--disable-nls) を追加
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点は、https://github.com/mate-desktop/eom/commits/master/ に掲載しています。

libmatekbd

  • キーボードレイアウト表示のキー名のフォントサイズを小さくしました。
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点は次のとおりです: https://github.com/mate-desktop/libmatekbd/commits/master/

libmatemixer

  • alsa: udev サポートの追加
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点は次のとおりです: https://github.com/mate-desktop/libmatemixer/commits/master/

libmateweather お天気 MATE

  • ベルリン・テーゲル空港を外しました。
  • ブラジルの 2 都市を追加
  • タイの都市を更新
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点は次のとおりです https://github.com/mate-desktop/libmateweather/commits/master/

Marco ウィンドウマネージャ

  • window: _GNOME_WM_STRUT_AREA のサポートを追加
  • screen: _GTK_WORKAREAS_Dn のサポートを追加
  • window: 左右に並べて表示されたウィンドウにシャドウをレンダリングしません。
  • iconcache: GDesktopAppInfo を使用して正しいアプリケーションアイコンを検索します。
  • window: コーナータイリングの前にウィンドウの矩形を追跡
  • window: タイリング前のウィンドウの矩形を追跡
  • ウィンドウの移動やサイズ変更するための VI キー (hjkl) を追加
  • window: タイルサイズの循環サポートを拡張
  • ポップアップワークスペーススイッチャで、選択したワークスペースを表示
  • meson のビルドスクリプトの改善
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点は次のとおりです: https://github.com/mate-desktop/marco/commits/master/

mate-applets MATE アプレット

  • netspeed: ダウンしているインターフェイスを選択できます。
  • netspeed: デバイスの詳細ダイアログにすべての IPv6 アドレスを表示
  • netspeed: 有効な場合、すべての IP アドレスをツールヒントに表示
  • multiload: ネットロードのグラフでビットレートを使用
  • multiload: リフレッシュレートの範囲設定を拡大
  • battstat: 設定ダイアログを最初から書き直し
  • multiload: ツールヒントに使用率を正しく表示
  • netspeed: 転送速度に IEC 単位を使用
  • netspeed: netlink サポートの追加
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • 複数のメモリリークを修正
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-applets/commits/master/

mate-backgrounds 背景

  • 新しい ‘Something slowly gets clear’ というゾウの壁紙
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-backgrounds/commits/master/

mate-calc 電卓

  • GNU MPFR/MPC ライブラリへ移植
  • オプションを追加して、最近の計算履歴を表示
  • キーボードショートカットを使用して履歴をナビゲート (Alt+Up)/(Alt+Down)
  • 履歴がアクティブな時、電卓のサイズが変更可能に
  • 素因数分解の指数を表示
  • 素因数分解の速度が大幅に向上
  • 2^64 より大きい整数を因数分解するには、Miller-Rabin primarity test と Pollard’s rho アルゴリズムを使用します。
  • モジュラー演算の評価を大幅に高速化 (モジュラーの指数計算能力)
  • 実数にリーマンゼータ関数、ガウス誤差関数、階乗関数を追加
  • meson ビルドサポートの追加
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • 複数のメモリリークを修正
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-calc/commits/master/

mate-common

  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-common/commits/master/

mate-control-center コントロールセンタ

  • windows-applet: 新しく、Alt-Tab でウィンドウの境界表示と、トップタイリング(ウィンドウスナップ)許可のオプションを追加
  • windows-applet: 新しいコンポジットマネージャ・タブ
  • windows-applet: 新しいタイトルバーレイアウトオプション “left (メニューあり)” および “right (メニューなし)”
  • クライアントサイト装飾を含むウィンドウでは、タイトルバーのレイアウトが考慮されるようになりました。
  • 壁紙の追加ダイアログのプレビューを修正
  • 外観ダイアログのインタフェース項目に、ファイル選択オプションを追加 (ファイル選択は、ファイル開示や保存時に開くウィンドウです)。
  • dbus-glib から GDBus へ移行
  • ウィンドウと外観ダイアログのタブスクロールをサポート
  • 表示アプレットには、表示スケーリングに関するオプションが追加されました。
  • build: ネイティブ言語サポート (NLS) を無効にするオプション (--disable-nls) を追加
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • 複数のメモリリークを修正
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-control-center/commits/master/

mate-desktop

  • a11y-keyboard: capslock-beep-enable gsetting の追加
  • サムネイルキャッシュの最大期間を設定します。
  • GLib 2.61.2+ の GTimeVal 非推奨警告を削除
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-desktop/commits/master/

mate-icon-theme

  • 一部の png ファイルから実行ビットを削除します。
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-icon-theme/commits/master/

mate-indicator-applet

  • applet-main: GtkStock アイコンの置き換え
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-indicator-applet/commits/master/

mate-media

  • ミュート/ミュート解除の checkmenuitem を imagemenuitem へ置き換え
  • panel-applet: スピーカーがマイクの横か上に表示されるようにします。
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-media/commits/master/

mate-menus MATE メニュー

  • コレクション・メニューの追加
  • build: ネイティブ言語サポート (NLS) を無効にするオプション (--disable-nls) を追加
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-menus/commits/master/

mate-netbook MATE ネットブック

  • mate-window: GtkStock アイコンの置き換え
  • mate-maximus-autostart.desktop: 非推奨のエンコード・キーを削除
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-netbook/commits/master/

MATE 通知デーモン

  • Do Not Disturb アプレットの追加
  • 最初の Wayland バックエンドを追加
  • 通知の本文にハイパーリンクのサポートを追加
  • mate-notification-properties.ui を最初から書き直し
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • 複数のメモリリークを修正
  • build: ネイティブ言語サポート (NLS) を無効にするオプション (--disable-nls) を追加
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: at https://github.com/mate-desktop/mate-notification-daemon/commits/master/

mate-panel MATE パネル

  • workspace-switcher: xmonad WM をサポート
  • 場所メニューの最近使用した文書一覧を設定可能な長さにします。
  • ウィンドウリストにマウススクロールオプションの無効を追加
  • 通知領域にテキストラベルの表示サポートを追加
  • window-list: サムネイルを cairo サーフェスとしてレンダリング
  • 背景のコンポジットをなくしました。
  • ウィンドウ一覧の Wayland サポート
  • ウィンドウリストアプレットの設定ダイアログを再設計
  • パネルに追加ダイアログを使用する時、アプリケーションランチャーのパネル追加の問題を修正
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • 複数のメモリリークを修正
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-panel/commits/master/

mate-polkit

  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-polkit/commits/master/

mate-power-manager MATE 電源管理

  • mate-power-preferences: キーボードの調光を有効にするオプションの追加
  • デフォルトを libgnome-keyring から libsecret へ切り替え
  • 明るさの調整アプレット: スライドが UI を下に圧迫しないようにしました。
  • EggDebug から GLib の組み込みロギング・フレームワークへの移植
  • gpm-prefs.ui を最初から書き換え
  • CPU ウェイクアップ機能の削除
  • 不足していた SVG ファイルを追加
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • 複数のメモリリークを修正
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-power-manager/commits/master/

mate-screensaver スクリーンセーバ

  • ロック画面で日時の書式を変更できるようにしました。
  • パスワード入力時にパスワードエンブレムの表示/非表示を追加
  • mate-screensaver-preferences: ファイル選択ダイアログにロック画像のプレビューを表示
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • 複数のメモリリークを修正
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-screensaver/commits/master/

mate-sensors-applet センサーアプレット

  • aticonfig プラグインの削除
  • sonypi-plugin.c: sonypi プラグインの GNU/Hurd への移植性を向上
  • libsensors-plugin: GRegex へ移植
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-sensors-applet/commits/master/

MATE セッションマネージャ

  • freedesktop のガイドラインに従って、隠しキーを使用した自動実行を無効にします。
  • mate-screensaver が使用できない場合、xscreensaver をサポートします。
  • GTK3 でのタブスクロールのサポートを追加
  • デスクトップエントリ仕様 1.1 版を受け入れ
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • メモリリークの修正
  • build: ネイティブ言語サポート (NLS) を無効にするオプション (--disable-nls) を追加
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-session-manager/commits/master/

mate-settings-daemon

  • xsettings: Qt HiDPI 環境設定の改善
  • a11y-keyboard: togglekeys-backend 設定のサポートを追加
  • —without-libatspi オプションと色々なステータス行を追加
  • a11y-keyboard: CapsLock が有効な時にベルを鳴らすサポートを追加
  • Clang Static Analyzer や Cppcheck、GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • 2 個のメモリリークを修正
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-settings-daemon/commits/master/

MATE システムモニタ

  • Wayland のサポート追加
  • GtkApplication へ移植
  • pretty-table: アプリケーションアイコンの取得に GIO を優先
  • 複数のプロセスに対するアクションサポートの追加
  • Clang Static Analyzer や Cppcheck、GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-system-monitor/commits/master/

MATE 端末

  • デスクトップファイルの検証警告を修正
  • meson ビルドシステムの追加
  • GTK3 でのタブスクロールのサポートを追加
  • Wayland のサポートを追加
  • 端末ウィンドウでの検索を修正
  • 「タブを開く」と「ウィンドウ/タブを閉じる」にアイコンを追加
  • 冗長な解放による不正な用語の生成時でのクラッシュを防止
  • Clang Static Analyzer や Cppcheck、GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-terminal/commits/master/

MATE ユーザーガイド

  • 一部のイタリア数字から実行ビットを削除
  • build: ネイティブ言語サポート (NLS) を無効にするオプション (--disable-nls) を追加
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-user-guide/commits/master/

MATE ユーザー共有

  • mate-common の MATE_COMPILE_WARNINGS を使用
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-user-share/commits/master/

mate-utils

  • mate-screenshot: 下部にあるボタンの順序を修正
  • mate-screenshot: mate-screenshot.ui でストックアイコンを使用しません。
  • logview: logview-filter.ui を最初から書き直し
  • gsearchtool: コピーパスメニュー項目をポップアップメニューへ追加
  • Clang Static Analyzer や Cppcheck、GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • build: ネイティブ言語サポート (NLS) を無効にするオプション (--disable-nls) を追加
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-utils/commits/master/

Mozo メニューエディタ

  • mozo.ui を最初から書き直し
  • collection ディレクトリを編集する際の奇妙な動作を修正
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点は次のとおりです: https://github.com/mate-desktop/mozo/commits/master/

Pluma テキストエディタ

  • sort プラグインを新しい GtkSourceView api へ移植
  • window-construct プロパティーを使用するためのプラグインを移植
  • build: gtksourceview-4 へ移植
  • PlumaWindowActivatable、PlumaAppActivatable、PlumaViewActivatable を導入します。
  • 行番号の表示/非表示のショートカット (Ctrl+Y) を追加
  • Pluma の設定ダイアロをの再設計
  • pluma-marshal の削除
  • オプションでグリッド背景パターンを追加
  • changecase プラグインを削除。機能は GtkSourceView によって提供されます。
  • 概要マップを追加
  • 新しい pluma-settings クラスへ移植
  • Wayland のサポートを追加
  • GTK3 でのタブスクロールのサポートを追加
  • pluma.c: Pluma のウィンドウサイズ要求 (最小サイズ) を 250x250 に設定
  • Clang Static Analyzer や Cppcheck、GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点は次のとおりです: https://github.com/mate-desktop/pluma/commits/master/

Pluma プラグイン

  • 今回のリリースで初登場です。
  • パッケージには、次の追加プラグインが含まれています。
    • bookmarks - ブックマークを使用した簡単な文書の閲覧。
    • bracketcompletion - 閉じ括弧を自動的に追加します。
    • codecomment - コードのブロックにコメントをしたりコメントを外したりします。
    • smartspaces - 集計を使ってないのを忘れます。
    • synctex - TeX ファイルと PDF 出力の SyncTeX 同期。
    • terminal - 一番下のペインに端末を埋め込みます。
    • wordcompletion - 補完フレームワークを使用した単語補完。
    • sourcecodebrowser - 関数や変数、名前空間の表示と操作。

python-caja

  • scan-build によって報告されたメモリリークの修正
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/python-caja/commits/master/

MATE 1.24 を公開しました

約 1 年の開発期間を経て、MATE デスクトップチームはついに MATE 1.24 をリリースしました。このリリース実現のために協力していただいたすべての貢献者に感謝します。

MATE ダイアログ情報

MATE 1.24 で新しくなったこと

このリリースには、多くの新機能、バグ修正、一般的な改善が含まれています。最も重要なハイライトは次のとおりです。

  • ユーザーがセッションを開始すると、MATE デスクトップ環境は以前よりも使いやすくなりました。アプリケーションの起動を非表示にしたいですか? 今では、起動時に表示するアプリケーションが設定できるようになりました。
  • Engrampaは現在、複数の形式を追加でサポートするほか、一部の形式ではパスワードとユニコード文字のサポートが改善されています。
  • Eye of MATE は現在、Wayland をサポートしていて、埋め込みカラープロファイルもサポートしています。
    • サムネイルの生成は、いくつかの箇所で修正されています。
    • Webp ファイルのサポートが追加されました。
  • 標準のウィンドウマネージャ marco には、次のように多くの変更があります。
    • 私たちはユーザーのノスタルジーを誘うために、以前のウィンドウ装飾をたくさん持ち込みました。
    • 最後に、非表示のサイズ変更境界を追加しました。マウスでキャプチャする際、境界を見つけるのに苦労する必要がなくなります!
    • すべてのウィンドウコントロール (最小、最大、閉じるボタンなどのこと) が HiDPI でレンダリングされるようになりました。
    • Alt+Tab およびワークスペース切替のポップアップは、_完全_に作り直されました。現在では、美しい OSD スタイルでレンダリングされ、設定が一層容易になって、キーボードの矢印キーに応答することができます。
    • キーボードを使用してウィンドウを並べて表示すると、ウィンドウのサイズを切り替えることができるようになりました。画面の半分に制約されていると感じる必要がなくなりました。
  • System Monitor パネルアプレットは、NVMe ドライブをサポートするようになりました。
  • 電卓は、「pi」または「π」の使用をサポートするようになりました。
    • 科学的表記(指数表記)が改良されました。
    • 事前に定義された物理定数をサポートするためのいくつかの修正。
  • コントロールセンタのアイコンが HiDPI ディスプレイで正しく表示されるようになりました。
  • 全く新しい時刻と日付の設定アプリが追加されました。
  • Mouse アプリは、加速度プロファイルをサポートするようになりました。
  • お気に入りのアプリケーションというアプリの支援技術が向上し、IM クライアントとの統合サポートも向上しました。
  • インジケーターアプレットは、異なるサイズのアイコンとの対話性が若干向上しています。
  • アイコンについて言えば、私たち自身のテーマ上でのネットワークマネージャアプレットアイコンは完全に再設計され、HiDPI ディスプレイで利用可能となりました。
  • 忙しい時やプレゼンテーションをしている時、映画を見ている時に邪魔をされたくないタイプの人は、通知デーモンが Do-Not-Disturb モードをサポートするようになったことを知って喜ぶでしょう。
  • MATE パネルにはいくつかのバグがあって、以前はレイアウトを変更するとクラッシュしていましたが、今では修正されました!
    • Wayland との互換性が大幅に向上しました。
    • ステータスアイコン (通知領域またはシステムトレイとも呼びます) は、HiDPI 表示をサポートします。
    • おさかな君ワンダが変身したので、今あなたはおさかな君を HiDPI の壮観さの中で楽しむことができます。
    • ウィンドウリストアプレットは、カーソルを上に置いた時、ウィンドウのサムネイルを表示するようになりました。
    • パネルと主要なアプレット全体で、さまざまな支援技術の改善が行われました。
  • ご使用のシステムが systemd をサポートしていない場合、elogind のサポートが MATEスクリーンセーバーMATEセッションの両方に追加されたことに関心があると思います。
  • さらに、全く新しい MATE ディスクイメージ・マウンタというユーティリティも追加されました。
  • メニューエディタの Mozo は、「元に戻す」と「やり直し」操作をサポートするようになりました。
  • Pluma プラグインは完全に Python 3 へ移行しました。
  • Pluma はフォーマットマークを表示できるようになったので、他の複雑なエディタをうらやましく思う必要がなくなりました。
  • i18n 関係: すべてのアプリケーションが intltools から gettext へ移行しました。

MATE デスクトップ 1.24 の各種コンポーネントは、次の場所からダウンロードできます。

詳細情報

詳細は以下のとおりです。

Atril 文書ビューア

  • ズーム時の大量のメモリ消費を修正
  • サムネイルを作成してテキストに注釈を付ける際のメモリリーク修正
  • ドラッグ&ドロップ: ドラッグ&ドロップ操作を開始するとき、 pressed_button アクションをリセット
  • メニュー項目にアクセラレータを追加
  • synctex’ ライブラリの内部ビルドを削除し、ソフトウェアベンダーが提供する外部バージョンのみを使用
  • ビルドターゲットを完了できないようになるギリシャ語ユーザガイドを修正
  • Tiff バックエンド: TIFFReadRGBAImageOriented からの障害に対応
  • Tiff バックエンド: tiff-document.c のバッファオーバーフローを修正
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析、非推奨警告を修正
  • テスト用に Python 3 へ移行
  • GLib 2.54.0 以降が必要
  • WebKitGTK-4.0 2.6.0 以降が必要
  • Cairo 1.14.0 以降が必要
  • WebKitGTK-3.0 のサポートを廃止
  • i18n: intltools から gettext への移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点はこちら: https://github.com/mate-desktop/atril/commits/master/

Caja ファイルマネージャ

  • gcc10 が使用可能に
  • fm-properties: mate-desktop-thumbnail ヘルパーの使用を削除
  • ファイル名をハイフネーションしません
  • 新しい拡張インタフェースの追加: CajaWidgetViewProvider API
  • 新しいオブジェクトの追加: FmWidgetView
  • 翻訳者から報告された文法上の誤りを修正
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析、非推奨警告を修正
  • 韓国語ロケールでファイルを移動すると Caja がクラッシュする問題を修復
  • ビュータブでアイコン表示のオプションを使用
  • リストビュー内のアイコンを非表示にする設定オプションを追加
  • いくつかのメニュー項目に無かったアイコンを追加
  • サムネイルをリストビューで表示
  • より多くのアイコンを cairo_surfaces としてレンダリングして、HIDPI のサポートを向上
  • カスタム CSS の読み込みを別の関数にリファクタリング
  • gla11y を使用して UI files のアクセシビリティをチェックするためのサポートを追加
  • アイコンビューラベルの透過な背景を復元
  • ファイルのプロパティと Caja の設定ウィンドウに、マウスホイールでのスクロールタブを追加
  • desktop: 既定でデスクトップ項目に境界を設定しない
  • URL プレフィックスを http から https へ変更
  • caja-progress-info: ファイル転送ダイアログに tooltips を追加
  • ファイル転送操作ダイアログボックスのボタンにアクセス可能な名前を追加
  • eel: 日付と時刻の機能を削除
  • caja-file: 不完全なファイル置換ダイアログを修正
  • caja-file-operations: 誤検出警告のコメント追加
  • あちこちで発生するメモリリークを修正
  • i18n: グラフィックインタフェースのより多くの要素の翻訳を許可
  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点は次の changelog にあります: https://github.com/mate-desktop/caja/commits/master/

Caja-dropbox

  • CAJA_EXTENSION_DIR_SYS を使用して、Caja 拡張ディレクトリを保存および表示
  • caja-extension-dir の絶対パスを表示

完全な変更点は次の changelog にあります: https://github.com/mate-desktop/caja-dropbox/commits/master/

Caja 拡張機能

  • caja-wallpaper-extension: メモリリークの修正
  • image-converter: caja-image-resize.ui の非推奨事項を修正して最初から書き直し
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC で報告されたコード解析、非推奨警告を修正
  • gupnp のバージョン 1.0 または 1.2 を使用してビルド
  • image-converter: コンテキストメニューに存在しないアイコンの使用中止
  • i18n image-converter: 角度を選択するドロップダウンリストの翻訳を許可する
  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点は次の changelog にあります: https://github.com/mate-desktop/caja-extensions/commits/master/

Engrampa 書庫マネージャ

  • gcc 10 の使用が可能に
  • fr-command-rpm: rpm パッケージ同梱の rpm2cpio バイナリを使用
  • サポートされている mime-type に source rpm を追加
  • 7z: 作業ディレクトリを設定しない、つまり、一時ディレクトリを使用
  • ローカライズされた一時停止 UI ロジックを修正
  • Zstandard: MIME type の更新
  • Ar: MIME type の更新とマジックナンバーの追加
  • LHA: インターネットメディアの種類を修正
  • dlg-package-installer: エラーダイアログのボタンにアイコンを表示
  • unace 2.5: アーカイブの概要をファイル一覧に表示しません
  • java-utils: パッケージ名を読み取る前に空白スペースを削除
  • zcompress サポートの追加
  • fr-command-unarchiver: 必要に応じてパスワードを要求します
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析、非推奨警告を修正
  • 複数のメモリリークを修正
  • マニュアルを docbook 5.0 にアップグレード
  • udeb パッケージ形式のサポート
  • コマンドラインにアプリケーションのバージョンを表示
  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点は次にあります:https://github.com/mate-desktop/engrampa/commits/master/

eom

  • webp ファイル用の eom-thumbnailer を追加
  • thumbnail: mate-desktop-thumbnailヘルパーの使用を削除
  • Wayland のサポートを有効化
  • EomPrintPreview: HiDPI 表示のプレビューサムネイルを修正
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析、非推奨警告を修正
  • アルファチャンネルを使用したカラー補正イメージを許可
  • GLib 2.52 以降が必要
  • store: 現在のディレクトリ内のイメージファイルを store へ追加
  • マニュアルを docbook 5.0 へアップグレード
  • パーシステンス・ページ設定を使用
  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点は、https://github.com/mate-desktop/eom/commits/master/ に掲載しています。

libmatekbd

  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析、非推奨警告の修正
  • UIファイルに gresources を使用
  • i18n: intltools から gettext への移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点は次のとおりです https://github.com/mate-desktop/libmatekbd/commits/master/

libmatemixer

  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析、非推奨警告の修正
  • i18n: intltools から gettext への移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点は次のとおりです https://github.com/mate-desktop/libmatemixer/commits/master/

お天気 MATE

  • 場所: Lleida–Alguaire Airport weather station を追加
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析、非推奨警告の修正
  • 場所: ロシアの Rostov-on-Don 気象台の変更
  • i18n: intltools から gettext への移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点は次のとおりです https://github.com/mate-desktop/libmateweather/commits/master/

marco

  • テーマ: 全テーマのウィンドウ制御の非表示レンダリングを修正
  • tabpopup: 完全な作り直し
  • window: オプションのタイルサイズサイクルを追加
  • ウィンドウの装飾テーマの追加: Atlanta、Esco、Gorilla、Motif、Raleigh を追加
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析、非推奨警告の修正
  • コンポジットが使用されていない場合、frame.c で RBGA ビジュアルの使用を修正
  • CSD クライアントと連携するために、ウィンドウのエッジへの移動を修正
  • meson ビルドシステムのサポートを追加
  • alt+tab を使用して最大列数の設定可能にし、ウィンドウラベル幅を考慮
  • 非表示の枠線を追加
  • テーマ: 最大化された状態で並べて表示する時のウィンドウ状態を修正
  • constraints: meta_window_constrain() でのメモリリークを修正
  • alt+tab ポップアップ: 作り直し
  • Alt + Tab ポップアップで上下矢印キーを使用可能に
  • 複数のメモリリークを修正
  • i18n: intltools から gettext への移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点は次のとおりです https://github.com/mate-desktop/marco/commits/master/

mate-applets

  • gcc10 を使用する準備が整っています
  • デフォルトの D-Bus 設定ディレクトリとして ${datadir}/dbus-1/system.d を使用
  • dbus ディレクトリを設定可能に
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析、非推奨警告の修正
  • cpufreq ビルドをカーネルヘッダのバージョンから独立
  • geyes: メモリリークの回避
  • multiload: NVMe ドライブのサポート
  • コマンドアプレットがコマンドを同期実行させる
  • 「情報」ダイアログで翻訳可能な文書作成を可能に
  • 「情報」ダイアログで著作権情報の翻訳を作成可能に
  • 「情報」ダイアログのタイトルが正確に翻訳されていることを確認
  • i18n: intltools から gettext への移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-applets/commits/master/

mate-backgrounds

  • meson ビルドシステムのサポートを有効化
  • i18n: intltools から gettext への移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-backgrounds/commits/master/

mate-calc

  • 複素数の科学的表記を修正
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析、非推奨警告の修正
  • mp-equation: 物理定数の値を更新して、数値ボタンのツールチップの値と一致
  • 単位ツールチップを物理定数へ追加
  • クリックにフォーカスしない
  • mp-equation: 事前定義された物理定数を追加
  • UI ファイルに gresources を使用
  • mp: 計算結果 ln(e^(i*π)) を修正
  • 科学的表記で小数を表示
  • mate-calc: メモリリークを修正
  • 「π」に加えて「pi」のサポートを追加
  • i18n: intltools から gettext への移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-calc/commits/master/

mate-common

  • MATE_CXX_WARNINGS マクロの更新
  • コンパイラデバッグフラグを MATE_DEBUG_CHECK に設定
  • AX_APPEND_FLAG および AX_CHECK_COMPILE_FLAG が使用可能かをチェック
  • mate-compiler-flags マクロの更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-common/commits/master/

mate-control-center

  • システムデータディレクトリ内でシステムのテーマを検索
  • display: ヘルプボタンを有効に
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析、非推奨警告の修正
  • HIDPI 表示用のいくつかのアイコン修正
  • font-viewer: サポートされる MIME タイプに font/collection を追加
  • font-viewer: font/ttf と font/otf の MIME タイプを追加
  • 複数のアプリケーションでのメモリリークを修正
  • mouse: 加速度プロファイルのサポートを追加
  • at-properties: dbus-glib から gdbus へ移行
  • ログイン設定のプログラムとして、lightdm-gtk-greeter-settings をサポート
  • libXxf86 の依存関係を削除
  • gla11y には python3 を使用
  • 複数の Capplet にマウスホイール付きのスクロールタブを追加
  • gla11y を使用して UI ファイルのアクセシビリティをチェックするサポートを追加
  • 新しい time-admin アプリケーションを追加
  • インスタントメッセンジャーのキーバインドを mate-keybinding-properties に追加
  • default-applications: 既定のメッセンジャーアプリケーション用のウィジェット追加
  • capplets: UIファイルに gresources を使用
  • dbus-glib から GDBus へ移行
  • システムデータ・ディレクトリを使用してキーバインディングを確定
  • default-applications: UI のアクセシビリティ向上
  • i18n: intltools から gettext への移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-control-center/commits/master/

mate-desktop

  • mate_desktop_thumbnail_scale_down_pixbuf() の削除
  • サムネイルのサイズを 256 へと増加
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析、非推奨警告の修正
  • 残りの周辺機器スキーマを mate-settings-daemon へ移動
  • schema: マウススキーマを mate-settings-daemon へ移動
  • schemas: 既定メッセンジャのスキーマを定義
  • mate-languages のテストコードを追加
  • meson ビルドシステムのサポートを追加
  • 複数のメモリリークを修正
  • MateHSV の実装 (GtkHSV のフォーク)
  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-desktop/commits/master/

mate-icon-theme

  • モバイルネットワーク接続のステータスアイコンを追加
  • volume-status アイコンの作り直し
  • VPN ネットワークステータスアイコンを追加
  • ネットワークステータスアイコンを追加
  • dropbox-status アイコンを追加
  • mate/256x256/actions/mail-send.png を追加
  • mate/22x22/devices/printer.png の修正
  • 22x22px のアイコンを 24x24px に拡大し、エッジに 1px を追加
  • MATE ロゴのシャドウに放射状グラデーション (ぼかし 13.9%、不透明度 73.4%) を使用
  • 欠落している preferences-system-time アイコンを追加
  • パネル内のボリュームステータスのコントラスト向上
  • paper-sheets.svg からpng MIME タイプアイコンを生成 - Mate theme
  • ソースから preferences-system-time.png を生成
  • ソースから png アイコンを生成 - Mate theme, apps, categories & devices
  • mate theme の端末アイコンを更新
  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-icon-theme/commits/master/

mate-indicator-applet

  • インジケータアイコンのサイズをパネルに合わせて変更
  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-indicator-applet/commits/master/

mate-media

  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • gvc applet: 欠落している翻訳の追加 (i18n)
  • media-key と同様に、ボリュームを設定可能な手順でスクロール
  • マウスホイールを使用するスクロールインタフェースを追加
  • ステータスアイコンまたはパネルアプレットのいずれかを無効可能に
  • 出力のミュートメニュー項目を有効化
  • 新しいリアルな panel-applet を追加
  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-media/commits/master/

mate-menus

  • gir ファイルのインストール時に datadir 変数と libdir 変数を使用
  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-menus/commits/master/

mate-netbook

  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • アプレットのウィンドウタイトルの太字を無効にするオプションを追加
  • show-home-title’ 機能を復活
  • ウィンドウの picker アプレットの設定ラベルを変更し、ツールチップを追加
  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-netbook/commits/master/

mate-notification-daemon

  • mate-notification-properties.ui に gresource を使用
  • mate-notification-properties: do-not-disturb 機能を追加
  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: at https://github.com/mate-desktop/mate-notification-daemon/commits/master/

mate-panel

  • パネルのトップレベルでの a11y の重複説明を回避
  • clock applet: ATK にコールを追加し、現在表示時刻を提供
  • status-notifier: HIDPI サポートの改善
  • fish: おさかな君ワンダに高解像度のイメージを使用
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • panel-toplevel: 拡張時の垂直パネル上のアプレット配置を修正
  • [clock-applet] マウスホイールを使用したスクロールインタフェースタブを追加
  • Wayland サポートをさらに改善
  • システムトレイを X11 専用に
  • panel-struts を X11 専用に
  • panel-multimonitor を Wayland で利用可能に
  • panel-background を Wayland で利用可能に
  • panel-background-monitor を X11 専用に
  • アプレットがサポートするプラットフォームのロードと保存
  • panel-addto がアプレットの無効化をサポート
  • Panel addto の Wayland 対応
  • パネルのリセット後に既定のレイアウトを再ロードする問題を修正
  • パネルリセット時のランダムクラッシュを修正
  • window-list: カーソルを置いたときにウィンドウのプレビューを表示
  • パネルアプレットのキーボードフォーカストラップを修正
  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-panel/commits/master/

mate-polkit

  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • GSimpleAsyncResult から GTask への移行
  • i18n: intltools から gettext への移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-polkit/commits/master/

mate-power-manager

  • icons: 高解像度のアイコンを追加
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • upower-0.99.8 以降が必要
  • up_client_get_devices2() を使用
  • UI ファイルに gresources を使用
  • マウスホイールを使用するスクロールインタフェースタブを追加
  • マウスのパワー低下時の警告を無効にする設定オプションを追加
  • i18n: intltools から gettext への移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-power-manager/commits/master/

mate-screensaver

  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • サスペンド時のロックとリジューム時のロック解除を確実に
  • UI ファイルに gresources を使用
  • libXxf86 の依存関係を削除
  • ELOGIND サポートの追加
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-screensaver/commits/master/

mate-sensors-applet

  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-sensors-applet/commits/master/

mate-session-manager

  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • gnome-keyring 3.34 でタイムアウトする問題を修正
  • GNOME_KEYRING_LIFETIME_FD を削除
  • mate-session-properties の垂直方向のスケーリングを修正
  • test-inhibit: gdbus へ移行
  • hidden checkbox と gsettings flag の表示を追加.
  • 起動時のアプリケーションで NoDisplay Apps を非表示に
  • 複数のメモリリークを修正
  • hardware-compatibility ファイルの追加
  • org.gnome.SessionManager.Renderer プロパティが取得できない問題を修正
  • mate_session_check_accelerated ヘルパーの追加
  • ELOGIND サポートの追加
  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-session-manager/commits/master/

mate-settings-daemon

  • DBUS 1.10.0 以降が必要
  • 既定の DBUS_SYS_DIR を ${datadir}/dbus-1/system.d へ変更
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • xrandr: トレイアプレットのアイコンサイズを大きく
  • 起動時のアプリケーション capplet から MATE 設定デーモンを非表示に
  • 残りの周辺機器スキーマを mate-desktop から追加
  • マウス: 加速度プロファイルを追加
  • gschema で media-keys の音量ステップのデフォルトを 6 から 5 に変更
  • plugins: libXxf86 の依存関係を削除
  • plugins housekeeping: コードの最適化
  • media-keys: スキーマによって定義された既定のインスタントメッセージ・アプリケーションの実行
  • locate-pointer: 位置を確認する時ポインタボタンを使用しない
  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-settings-daemon/commits/master/

mate-system-monitor

  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • GLib 2.56.0 以降が必要
  • HiDPI サポートの改善
  • usage セクションと prefs セクションにディスクの I/O 情報を追加
  • 複数のメモリリークを修正
  • プロセス情報にディスク IO を追加
  • システムタブに GPU 情報を表示
  • 最大 32 個の CPU をサポート
  • ZFS で使用可能なディスク容量を表示
  • システムタブに OpenIndiana のリリースとカーネル情報を表示
  • システムタブに FreeBSD の sysname、release、version を表示
  • openSUSE Tumbleweed ローリングリリースの情報を修正
  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-system-monitor/commits/master/

mate-terminal

  • gcc 10 の使用が可能に
  • 複数のメモリリークを修正
  • terminal-screen: ウィンドウを閉じる時の警告を修正
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • 「マウスポインタ上にあるものを強調表示」を設定可能に
  • タブを閉じる際、開いているタブが複数ある場合に確認ダイアログを表示
  • マニュアルを docbook 5.0 へアップグレード
  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-terminal/commits/master/

mate-user-guide

  • reporting-bugs セクションの更新
  • custom-command-options セクションを削除し、構文のアドレスを指定
  • お気に入りのアプリケーションの項目を更新
  • docbook リンクを xref に置き換え、linkend 属性 (#30) を修正
  • マニュアルを docbook 5.0 へアップグレード
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-user-guide/commits/master/

mate-user-share

  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • HTTPD の設定通知を修正
  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-user-share/commits/master/

mate-utils

  • gcc 10 の使用が可能に
  • UI ファイルに gresources を使用
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • MATE ディスクイメージ・マウンタユーティリティを追加
  • logview: 現在のロケールに任意の日付と時刻形式を使用
  • マウスホイールを使用するスクロールタブを追加
  • inkscape と rsvg-convert をオプションに
  • 複数のメモリリークを修正
  • svg ファイルから png アイコンを再生成
  • about ダイアログの文書を更新
  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/mate-utils/commits/master/

mozo

  • 元に戻す ボタンと やり直し ボタンを追加
  • アイテムのドラッグ&ドロップによるコピー作成の修正および、元に戻す、やり直し、リフレッシュ時のクラッシュを修正
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • meson ビルドシステムのサポートを追加
  • 新しいメニューと項目の作成を修正
  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点は次のとおりです: https://github.com/mate-desktop/mozo/commits/master/

pluma

  • 印刷できない文字 (スペース/タブ/改行) を表示する機能を追加
  • Clang Static Analyzer、Cppcheck、および GCC によって報告されたコード解析や非推奨警告を修正
  • window: GdkWindowState を上書きしない
  • 複数のメモリリークを修正
  • GtkSourceView 3.22 でビルドを修正
  • スペルチェッカー・プラグイン: 欠落している翻訳(i18n)を追加
  • gla11y を使用して UI files のアクセシビリティをチェックするためのサポートを追加
  • コメント/コメント解除を切り替えるスニペットの追加
  • pluma-print-preview: 警告の修正: identical expressions
  • Python3 へ移行
  • マニュアル: メニューから Pluma を開く方法を更新
  • マニュアルを docbook 5.0 へアップグレード
  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な変更点は次のとおりです: https://github.com/mate-desktop/pluma/commits/master/

python-caja

  • gcc 10 の使用が可能に
  • Python 2 のサポートを廃止
  • Python 3.9 を使用したビルドのサポートを追加
  • i18n: intltools から gettext へ移行
  • g10n: 翻訳の更新

完全な changelog は次にあります: https://github.com/mate-desktop/python-caja/commits/master/

MATE 1.22 released

After about a year of development, the MATE Desktop team have finally released MATE 1.22. A big thank you to all contributors who helped to make this happen.

about

What’s new in MATE 1.22

This release contains plenty of critical bug fixes and under-the-hood improvements. Some of the big highlights include:

  • The MATE panel has gotten a crazy amount of rework to make it work with Wayland display backend
    • The display applet got a full revamp, allowing for better monitor control directly from the panel
    • The timer applet now has much better mouse interaction
    • Wanda the Fish now works properly on HiDPI displays (fish image is still pixelated, keeping to its original design)
  • Support for metacity-themes has finally been upgraded to version 3 in the marco window manager
    • We’ve also modernized the window and desktop switchers to make them more visually appealing
  • The session manager now properly terminates all processes on systemd. Also, apps can be auto-started after a user-selected delay
  • We’ve fully ported a number of programs to Python 3, including the eye of MATE and python-caja plugin libraries, as well as the mate-menus library
  • The caja file manager can now optionally display desktop notifications for long-running file operations
  • Eye of MATE has a reworked sidebar and better image metadata support
  • Tabs in pluma now have the ability to be switched with keyboard shortcuts and mouse scrolling
  • Calculator can now support up to 15 characters of accuracy. Copy/paste support was also improved a bit
  • Engrampa has had support added for several new compression formats, as well as a new pause/restart functionality
  • A few new key shortcuts have been added, including support for different types of media keys like Bluetooth, WiFi, touchpads, and global killswitches
  • A bunch of internal housekeeping tasks have been taken care of:
    • Most of our projects have now migrated from dbus-glib to GDBus
    • We’ve improved stability across many of our projects by closing memory leaks and build warnings
    • We’ve removed old deprecated code to keep up with the latest versions of GTK
    • A lot of new and updated documentation was added/corrected
    • All of our projects now use Travis CI to ensure clean builds on some of our major distros

The various components of MATE Desktop 1.22 are available for download here:

Changelog

Here are all the gory details.

atril

  • 9031100 Add update-authors.pl script which helps to update atril.about
  • a67e572 Read authors (updated) from atril.about gresource
  • 9a4748b Enable Travis CI for all branches
  • f68afd7 Initialize Travis CI support
  • 96f9b79 Update Documenters
  • d776f3f Remove generated files
  • 4a7e48f Tx: sync with fixed translations from transifex
  • 9b87168 [ephy-zoom-control] Avoid deprecated g_type_class_add_private
  • d9c803e [ephy-zoom-action] Avoid deprecated g_type_class_add_private
  • ca538e8 Add pixbuf, tiff and xps TypeDescription to POTFILES.in
  • 869cb47 eggsmclient: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • 2a49c6c move appdata to metainfo directory
  • fde24d0 message-area: set a11y object name from actual icon name
  • d43c675 shell: remove duplicate condition check
  • 19c3072 tiff: fix possible NULL pointer dereference
  • 6457c82 pdf: add missing break statement
  • 70ba1fb libdocument: drop useless freeing of NULL pointer
  • 1b95162 comics: fix incorrect mimetype saying to open and thumbnail all RAR files
  • 3c75360 disable deprecation warnings for distcheck
  • eaae975 Use make functions for HELP_LINGUAS
  • 7d9dab7 comics: support application/vnd.rar MIME type
  • 699ce12 shell: Save document to the same path it was opened from
  • a6fc396 Reduce the chattiness of atril daemon
  • c9ea2a3 EvView: Fix cursor movement when logical and visual line order differs
  • bb47386 Update atril_start_window.png
  • c95b319 moveable (older spelling) -> movable
  • 856bf94 Update Catalan screenshot
  • 6e19591 presentation: avoid deprecated ‘gtk_style_context_set_background’
  • 29fc232 fix Linguas
  • 9a9999c sync with transifex
  • 6a9d8eb update atril.pot
  • 03a697c ev-sidebar-bookmarks: use NULL instead of uninitialized variable
  • 05e6aa3 navigation-action-widget: replace deprecated gtk_menu_popup function
  • 510ea85 shell: replace deprecated gtk_menu_popup function
  • 0fd2124 ev-sidebar-links: replace deprecated gtk_menu_popup function
  • be5fadc ev-sidebar-bookmarks: replace deprecated gtk_menu_popup function
  • eac71e1 ev-sidebar: replace deprecated gtk_menu_popup function
  • 95d6f03 editable-toolbar: replace deprecated gtk_menu_popup function
  • 3168191 libview: replace deprecated gdk_flush
  • 135e208 disable StartPresentation action in fullscreen if document has no pages
  • de8c0ae disable ViewPresentation action if document has no pages
  • 28243c0 libdocument: Use gdk_pixbuf_get_from_surface()
  • c1a56c9 thumbnailer: Remove unused code
  • e5c8ce7 view: Fix page background rendering while loading
  • 3349fb9 libdocument: Deprecate misc_get_page_border_size()
  • dc1432d view: Use a rendered frame instead of custom border
  • bc7af60 a11y: Return correct start and end offsets
  • 7c7c7ef a11y: Fix crash with Orca screen reader
  • f3e061c libview: drop deprecated unneeded code
  • d909dd4 ev-loading-message: Remove unused variables
  • 6816696 libview: fix text selection with mouse in annotation window
  • efe29e6 libview: fix build without epub
  • d03d688 shell: Don’t dist generated files
  • 9c08159 Disable view presentation if there is no document.
  • dc77310 Allow changing the page of a presentation
  • b0ea2c7 libview: Fix goto window in presentation mode
  • 0c160a1 libview: avoid deprecated gdk_screen_get_monitor
  • 557d371 EvPresentationView: Render correctly on HiDPI displays
  • 5345f83 libview: Fix g_return condition in set_device_scale_on_surface()
  • 2cae078 EvView: render correctly on HiDPI displays
  • 1d90b70 libview: use css to draw the background of presentations
  • 1b1f2c5 Move custom css to a file compiled as a gresource
  • 11fc5dc shell: Use GResource for data files
  • 5d51dc6 toolbar-editor: Add methods to load from GResource
  • c3fe25e previewer: Use GResource for data files
  • 9668d3f build: Add configure check for glib-compile-resources
  • 3cb3227 update resource for translations
  • 0f605a3 fix distcheck
  • f671e62 libview: Check number of pages when processing button events
  • 8597c1d libview: Add check for pageless documents to ev_view_accessible_focus_changed
  • 9fc7889 libview: Check number of pages on ev_view_document_changed_cb Fix crash on corrupted PDF with no pages.
  • a04ab7f Use GtkOverlay to show the loading message
  • 9ac0d1a shell: Remove unused marshalers
  • cfbab0a thumbnailer: Send error messages to stderr
  • 2f89fcc shell: Use GtkApplication to inhibit the screensaver
  • 15073fb shell: Port to GtkApplication
  • 715e15b shell: Use g_printerr instead of g_warning
  • da9c89f daemon: Port to GApplication
  • 131b29e daemon: Use gdbus-codegen for the org.mate.atril.Daemon interface
  • f44500b shell: Use gdbus-codegen for the org.mate.atril.Window interface
  • 3f48838 shell: Use gdbus-codegen for the org.mate.atril.Application interface
  • e51014b libview: save inverted colors in a document
  • 4bb14f5 Save/restore context when getting colors for a different state
  • 1f6278d epub: allow to save epub documents
  • ea3dfb1 epub: fix loading epub thumbnails
  • e79d266 Check legal boundaries of accessible pages
  • 291facd shell: fix menu-accel for inverted colors
  • 185e7b9 shell: add keypad accels for zoom_reset
  • 580e4fa Add zoom reset
  • 35e1622 add atril.pot for auto-update translations
  • 615a1d0 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 7a91219 avoid deprecated GtkStock
  • bb0203b add travis-CI support
  • f16828c Remove generated files
  • 31b0fe8 Add pixbuf, tiff and xps TypeDescription to POTFILES.in
  • 966e36f move appdata to metainfo directory
  • a440818 disable deprecation warnings for distcheck
  • 8bf0fa7 Use make functions for HELP_LINGUAS
  • 413f6cc comics: support application/vnd.rar MIME type
  • 91d5b0f shell: Save document to the same path it was opened from
  • f4b9c80 Reduce the chattiness of atril daemon
  • a7d0b8d EvView: Fix cursor movement when logical and visual line order differs
  • 2f89c60 Update atril_start_window.png
  • bf74341 moveable (older spelling) -> movable
  • 81934df Update Catalan screenshot
  • a6c6e13 sync with transifex
  • d980c12 update atril.pot
  • b365c22 disable StartPresentation action in fullscreen if document has no pages
  • e710942 disable ViewPresentation action if document has no pages
  • 73ca242 libdocument: Use gdk_pixbuf_get_from_surface()
  • 62ca1c0 thumbnailer: Remove unused code
  • 027a658 view: Fix page background rendering while loading
  • df069ae libdocument: Deprecate misc_get_page_border_size()
  • c09efef view: Use a rendered frame instead of custom border
  • 0d84113 a11y: Return correct start and end offsets
  • e3ce0a4 a11y: Fix crash with Orca screen reader
  • 4065873 libview: drop deprecated unneeded code
  • bb4e4b7 ev-loading-message: Remove unused variables
  • 05b1f12 libview: fix text selection with mouse in annotation window
  • 4ecb058 libview: fix build without epub
  • 6fe6574 shell: Don’t dist generated files
  • c238f51 Disable view presentation if there is no document.
  • 50bdf3f Allow changing the page of a presentation
  • 454ca8b libview: Fix goto window in presentation mode
  • b9dcc2a libview: avoid deprecated gdk_screen_get_monitor
  • c0cf2c6 EvPresentationView: Render correctly on HiDPI displays
  • 14c88f2 libview: Fix g_return condition in set_device_scale_on_surface()
  • 58486bb EvView: render correctly on HiDPI displays
  • 02970c6 libview: use css to draw the background of presentations
  • 1e531cb Move custom css to a file compiled as a gresource
  • c7fcfa1 shell: Use GResource for data files
  • e0f26b9 toolbar-editor: Add methods to load from GResource
  • 6b84d6f previewer: Use GResource for data files
  • 95437d1 build: Add configure check for glib-compile-resources
  • eaee969 update resource for translations
  • c417e7c fix distcheck
  • 3fddbe7 libview: Check number of pages when processing button events
  • 10d764d libview: Add check for pageless documents to ev_view_accessible_focus_changed
  • aa3bcfa libview: Check number of pages on ev_view_document_changed_cb Fix crash on corrupted PDF with no pages.
  • 6346384 Use GtkOverlay to show the loading message
  • 7d0ac84 shell: Remove unused marshalers
  • c99d768 thumbnailer: Send error messages to stderr
  • 21073d4 shell: Use GtkApplication to inhibit the screensaver
  • 674a6b3 shell: Port to GtkApplication
  • b0f83ee shell: Use g_printerr instead of g_warning
  • 0884be6 daemon: Port to GApplication
  • 3728fb7 daemon: Use gdbus-codegen for the org.mate.atril.Daemon interface
  • e2420ea shell: Use gdbus-codegen for the org.mate.atril.Window interface
  • 18a20e8 shell: Use gdbus-codegen for the org.mate.atril.Application interface
  • e4f8fce libview: save inverted colors in a document
  • 6217a89 Save/restore context when getting colors for a different state
  • 56e08ae update pot file for translations
  • 27f459a epub: allow to save epub documents
  • bd799f4 epub: fix loading epub thumbnails
  • 8770730 shell: fix menu-accel for inverted colors
  • 1c2e9ea shell: add keypad accels for zoom_reset
  • 7619dc6 Add zoom reset
  • 58e7446 avoid deprecated GtkStock
  • 005d885 Check legal boundaries of accessible pages
  • 4f0467b add atril.pot for auto-update translations
  • 42e6a5f transifex: set minimum_perc and type in config file

caja

  • 601c853 eel-gdk-pixbuf-extensions: Fix division by zero
  • 6e6c9c6 caja-file: Fix use of memory after it is freed
  • 0bd2d81 caja-icon-container: Fix use of memory after it is freed
  • 1848d37 fm-tree-model: Fix use of memory after it is freed
  • 7c9ae01 caja-information-panel: Fix use of memory after it is freed
  • 7b605dd fm-directory-view: Fix use of memory after it is freed
  • 58312fd caja-tree-view-drag-dest: Fix memory leak
  • 7a26045 [Security] eel-string: Use ‘g_strlcat’ instead of ‘strcat’
  • fede367 [Security] Use ‘g_strlcpy’ instead of ‘strcpy’
  • da3b634 Add update-authors.pl script which helps to update caja.about
  • 5379181 Read authors and documenters from caja.about file
  • f5e08dd Ensure proper translation of the about dialog title
  • 65aaac0 Prepare for docker-build 0.1.1 merge into master
  • 222fcc0 Update authors
  • ba01c8c Update Documenters
  • 852f992 use archlinux/base images
  • 42082f6 Remove the distcheck return value override
  • 86b93da update caja.pot for transifex
  • 9bec3b7 fixed distcheck fail on debian
  • 2d59514 fixed the help string of —disable-self-check
  • 5e5c47f Always return 0 for distcheck
  • 78b7682 update travis to support archlinux and enable distcheck
  • 91f1dc6 Add —disable-self-check for configure
  • 3daa55c Avoid deprecated g_type_class_add_private under src
  • 4e42def Fix incompatible pointer types
  • e99050a Avoid deprecated g_type_class_add_private under src
  • 7920f97 Avoid deprecated g_type_class_add_private under libcaja-private
  • 0b07371 Avoid deprecated g_type_class_add_private under libcaja-private
  • e5129f9 Avoid deprecated g_type_class_add_private under libcaja-private
  • e226dda Enable Travis CI
  • 9cd63d4 Avoid deprecated g_type_class_add_private under libcaja-private
  • 4196136 Avoid deprecated g_type_class_add_private under src
  • 328d820 Fix compile warning
  • dbfd51e Let file size units follow the users preference
  • 0a37810 Fixed the value of 6 month and 1 year.
  • 3a22d4c Support querying files by modification time and size
  • e8f124d Avoid deprecated g_type_class_add_private
  • 331a0e1 Update copyright to 2019
  • d373d6c CajaApplication: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • a9211bd caja-menu: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • 10efec8 [eel][libegg] Use G_DEFINE_TYPE_WITH_PRIVATE macro
  • f0775c8 configure.ac: Add check for PKG_CONFIG being set.
  • 7408146 fix distcheck
  • a35b46f caja-application: Check for smclient before trying to load session
  • 3eb0ff8 [eel] Avoid deprecated g_type_class_add_private
  • 9fc6f1f [libegg] Avoid deprecated g_type_class_add_private
  • 9991fb1 [libcaja-private] Re-check file MIME type before picking an application.
  • e51b16d [file-manager] Fix apparent bug in context menu updating code.
  • cf23b9a Revert “fm-directory-view.c: Decrease minimum update interval.”
  • e7b68e0 Fix: weird item in bookmarks if the folder was removed
  • 1846d75 Minor code-quality enhancements
  • 89db50e Forgot to initialize is_backup field
  • 34d0676 Change show/hide backup files shortcut
  • 2d66485 Remove useless comments, correct description string
  • 06b4f4c Skip hidden files only, not backups
  • 58e9876 Add independent show/hide backup files
  • 040a897 deleting unused nautilus icon
  • 75e89ca caja-progress-info: new behavior with notifications:
  • 08f479a caja-progress-info: show notifications with the gsettings key:
  • d054f14 move appdata to metainfo directory
  • 750c034 disable deprecation warnings for distcheck
  • 116ba41 caja-places-sidebar: replace two other uses of g_drive_poll_for_media_finish
  • 884870c Fix segfault on stopping USB hard drives
  • c12b61b caja-bookmark: Fix memory leak
  • a8de3bb fm-properties-window: Fix memory leaks
  • 09eda67 caja-desktop-link-monitor: Fix memory leak
  • 056832f eel-gtk-extensions: Fix memory leaks
  • 6dbdc90 GSettings should init before use it.
  • 74d2b19 sync with transifex
  • 2676eaf Fix case-insensitive comparison in running_in_mate
  • 0bffad7 monitor: fix crash on unmounting remote filesystems
  • d8d375b CajaFile: fix crash in modify_link_hash_table
  • ae033ba connect-server-dialog: Respect password save setting
  • bc0b2cb properties-window: fix checking inconsistent state
  • 8fff655 monitor: watch for removal of non-native mounts on GVolumeMonitor
  • 09146ca Add ‘Configurable’ interface and add support to caja-file-management-properties
  • adeaed2 caja-application.c: Remove redundant empty lines
  • dba8610 Update caja manpage with info about “—force-desktop” option
  • 6c423bc Caja-icon-info: Optimize icon lookups by GIcon.
  • 021ff2a fm-directory-view.c: Decrease minimum update interval.
  • 336f351 Remove dead code, fix a memory leak
  • 6a31ce6 add option to open multiple URIs in tabs at startup
  • fb9a3cf Revert “add option to open multiple URIs in tabs at startup”
  • 0d7a79d Revert “Memory leak fix”
  • e362fef Revert “Fix indents, update docs to reflect ability to open URIs in tabs”
  • 424cf44 Fix indents, update docs to reflect ability to open URIs in tabs
  • 04f7e80 Memory leak fix
  • fd1f45f add option to open multiple URIs in tabs at startup
  • 3619f72 pathbar: Activate pane when changing location
  • c455418 add the ability to switch tabs using [ctrl+tab] and [ctrl+shift+tab]
  • e740a98 caja-window: Fix: mouse doesn’t work with [ctrl] + [.] or [ctrl] + [;]
  • 5b20286 caja-desktop-directory: stop segfaults in directory_ready_callback
  • a2fa06f caja-directory.c: fix build warning
  • f9bae2f pathbar: increase reference count of path in update_button_types
  • acdb7e2 Fix some issues found by static analysis
  • 191aa39 libcaja-private: remove redundant prefs application to hash table
  • 78d9182 [desktop-bg] Fix memory leak during background change events
  • 2d179e4 caja-location-bar: Fix: change background color based on activity state
  • 970cda6 sync with transifex
  • 76c2a2a eel-gtk-extensions: show icons in right-click menus only if “menus-have-icons” set
  • eafef85 caja-sidebar-title: Fix: images broken in sidebar
  • a797afc caja-progress-info.c: show notifications in begin/end of progress
  • 639c902 caja-progress-info.c: avoid deprecated ‘gtk_status_icon_get_visible’
  • e7942e9 caja-sidebar-title: fix [-Wmaybe-uninitialized] warning
  • df6643a desktop window: Add is-desktop AtkObject attribute
  • 3720401 caja-desktop-window.c: Fix: caja crashes unexpectedly
  • b0899ef avoid deprecated ‘gtk_widget_override_font’
  • 347e1f1 avoid deprecated ‘gtk_window_set_wmclass’
  • cfc9b47 caja-bookmark.c: drop unused variable
  • a3195d0 caja-bookmark.c: Fix icons in bookmarks
  • eb65d22 icon-container: avoid deprecated ‘gtk_style_context_get_border_color’
  • 6841bd7 avoid deprecated ‘gtk_dialog_get_action_area’
  • c31de77 update potfile
  • c0f159d Pathbar button: fix poor response to right-click
  • 9f08546 editable-label: avoid deprecated ‘gtk_im_multicontext_append_menuitems’
  • 9bf65ee zoom-control: use NULL instead of uninitialized variable
  • 13fe58e remove unused function
  • 7cae49a use NULL instead of uninitialized variable
  • 8a31b06 eel-editable-label.c: avoid deprecated ‘gdk_keymap_get_default’
  • 1aff6ea eel-editable-label: avoid deprecated gtk_style_context_set_background
  • c4777b0 eel-gtk-extensions: replace deprecated gtk_menu_popup function
  • 42e5c91 zoom-control: don’t use eel_pop_up_context_menu function
  • ddf6f38 Replace deprecated gtk_menu_popup
  • ded490e libcaja-private: replace deprecated gdk_error_trap functions
  • fc70465 fm-desktop-icon-view: replace deprecated gdk_error_trap_push/pop functions
  • 2392093 replace deprecated gdk_flush
  • 5ed053f libcaja-private: fix -Wlogical-not-parentheses build warning
  • e88c26a avoid deprecated ‘gtk_style_context_get_background_color’
  • f250053 sync with transifex
  • c490029 caja-spatial-window.c: avoid deprecated ‘gtk_vbox_new’
  • 99cf0ca Eliminate accessible children-changed event flood on container repopulation
  • 5e236e9 Eliminate accessible children-changed event flood during update all
  • 3c3f62d Emit accessible-name-change signal for icons only when icons are renamed
  • 9f8d950 libcaja-private/caja-recent.c: gvfs-open is a deprecated tool, switch to “gio open” from libglib2.0-bin.
  • 4d4f750 sidebar popup menu: show “media-eject” icon in the “unmount” items
  • f8e6051 update potfile
  • 01a8519 pathbar: fix random segfaults on opening mounts from Desktop
  • f6a4e9c fm-icon-view: Show size on disk as sort criterion
  • 7a76ce4 sidebar popup menu: show “media-eject” icon
  • 2786f3c update potfile
  • 0585258 Add sort criterion by reversed extension segments
  • 68ace00 set icon names instead stock ids in some places
  • b70d394 caja-spatial-window.c: avoid deprecated GtkImageMenuItem
  • a00bad2 Fix warnings from HiDPI commits
  • 9ea3b71 sidebar: Respect sidebar dimensions on HiDPI
  • 554a036 HiDPI: Convert Pixbufs to Cairo Surfaces
  • 280ef82 general: use gdk_monitor_get_scale_factor
  • e28ff9c list-view: use the cairo surface as a drag icon
  • ef78aa3 Scale screen dimensions
  • cfd5021 icon-info: hash/store icons using scale factor as well as size
  • 47246e2 file: support HiDpi for thumbnails images
  • c0d60fc properties-window: support HiDpi for the properties window icon
  • bc1405c Support HiDpi icons
  • 779e0af canvas-container: listen to scale factor to invalidate icons
  • a864855 canvas-item: use gtk_render_icon_surface for the DnD surface
  • 35eb416 desktop-canvas-view: scale desktop work area
  • 37ebfa8 pre-bump version
  • d20ceac caja-side-pane.c: avoid deprecated GtkImageMenuItem
  • ffb953f caja-navigation-window-pane.c: avoid deprecated GtkImageMenuItem
  • 9b6b0dc caja-navigation-window-menus.c: drop unused variable
  • 72968ab caja-navigation-window-menus.c: avoid deprecated GtkImageMenuItem
  • e9bd5cb caja-bookmark: avoid deprecated GtkImageMenuItem
  • 3403ff7 caja-places-sidebar.c: avoid deprecated GtkImageMenuItem
  • 70ebaf4 caja-emblem-sidebar.c: avoid deprecated GtkImageMenuItem
  • 414fdf7 fm-tree-view.c: drop unused variable
  • 844df9d modify code error: end the statement with a semicolon
  • e031d4f fm-tree-view.c: avoid deprecated GtkImageMenuItem
  • 8bebf06 rename ‘mate_image_menu_item…’ to ‘eel_image_menu_item_new_from_icon’
  • ffc9106 eel-editable-label.c: avoid ‘append_action_signal’ with stock ids
  • 7991810 caja-query-editor.c: add #include <eel/eel-stock-dialogs.h>
  • 7c9b80c avoid ‘gtk_file_chooser_dialog_new’ with stock ids
  • 4fb3590 avoid gtk_dialog_new_with_buttons with stock ids
  • d4711ef add caja.pot for auto-update translations
  • 68fb5e4 avoid gtk_dialog_add_buttons with stock ids
  • dfb6585 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 683e944 caja-file-management-properties.ui: avoid deprecated GtkVBox and GtkHBox
  • d66b717 caja-bookmarks-window.ui: avoid deprecated:
  • ed46e15 rename mate_dialog_add_button to eel_dialog_add_button
  • 4901253 use development version
  • 20fe122 pre-bump version
  • 7763ec9 avoid eel_create_question_dialog with stock ids
  • f0ab0d4 avoid eel_run_simple_dialog with stock ids
  • 9778a3a eel-stock-dialogs: avoid gtk_dialog_add_button with stock ids
  • 5f0ad00 caja-file-operations: avoid gtk_dialog_add_buttons with stock ids
  • 01cec7e remove runtime warning in usage of caja_clipboard_set_up_editable
  • ab30e57 caja-file-conflict-dialog: avoid gtk_dialog_add_buttons with stock id
  • e313685 avoid deprecated GtkButton:use-stock
  • 012d9f8 can selected all the search keywords with Ctrl+a. #918
  • 54a9de1 caja-autorun: avoid gtk_dialog_add_buttons with stock ids
  • ff1b432 eel-editable-label.c: avoid gtk_image_menu_item_new_from_stock
  • cff14d0 caja-file-management-properties.ui: avoid stock properties:
  • f8a7e7a Toolbar: find icon: use icon name instead the stock id
  • 7e8bb46 caja-bookmarks-window.ui: avoid deprecated GtkButton:use-stock
  • dd4c0f7 CAJA_TYPE_NAVIGATION_ACTION: avoid deprecated property “stock_id”
  • bbc0211 fix backgrounds and emblems dialog content rendering
  • bf3da8e avoid deprecated GtkStock
  • 22aad8d use archlinux/base images
  • f2a22d2 Remove the distcheck return value override
  • 7ae4cd8 fixed the help string of —disable-self-check
  • 89a3be2 Add —disable-self-check for configure
  • e6bfa07 add travis-ci config
  • 22d0e28 fixed distcheck fail on debian
  • 017b058 pathbar: fix random segfaults on opening mounts from Desktop
  • 94c2f1c move appdata to metainfo directory
  • ed4730c disable deprecation warnings for distcheck
  • 311ab2b caja-places-sidebar: replace two other uses of g_drive_poll_for_media_finish
  • df49a00 Fix segfault on stopping USB hard drives
  • 157d047 fm-properties-window: Fix memory leaks
  • bd0d998 caja-desktop-link-monitor: Fix memory leak
  • 78607a5 Fix case-insensitive comparison in running_in_mate
  • 5200838 pathbar: Activate pane when changing location
  • f19255f caja-window: Fix: mouse doesn’t work with [ctrl] + [.] or [ctrl] + [;]
  • ba087de desktop window: Add is-desktop AtkObject attribute
  • a58d52a Fix warnings from HiDPI commits
  • ce14bef sidebar: Respect sidebar dimensions on HiDPI
  • dade92d HiDPI: Convert Pixbufs to Cairo Surfaces
  • 556663a general: use gdk_monitor_get_scale_factor
  • 0630180 list-view: use the cairo surface as a drag icon
  • 1a14801 Scale screen dimensions
  • 4c377ba icon-info: hash/store icons using scale factor as well as size
  • 70534c0 file: support HiDpi for thumbnails images
  • 2e0c51f properties-window: support HiDpi for the properties window icon
  • 4bf67ac Support HiDpi icons
  • 35c4dc6 canvas-container: listen to scale factor to invalidate icons
  • 52d44de canvas-item: use gtk_render_icon_surface for the DnD surface
  • 7f22b30 modify code error: end the statement with a semicolon
  • 6082649 remove runtime warning in usage of caja_clipboard_set_up_editable
  • d885694 can selected all the search keywords with Ctrl+a.
  • fcbee7f add caja.pot for auto-update translations
  • 33dc065 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • dabd62d fix backgrounds and emblems dialog content rendering

caja-dropbox

  • 5fdcb17 Use CAJA_EXTENSION_DIR_SYS to save and show system caja extension dir
  • fdc25dc show full path of caja-extension-dir
  • 6d281bc fix distcheck about caja_extension_dir
  • dd70319 Enable Travis CI for all branches
  • 60bbb51 Initialize Travis CI support
  • 05e1e93 Fix distcheck fail
  • 285937d use only Python 3 during the build to complete the migration
  • 3d48c5e migrate from python2 to python3 of rst2man.py
  • 4eab52b remove more -u modifier for dropbox-cli
  • cd91ced Python 3 update for dropbox-cli
  • f3fe4a4 Add Keywords entry to desktop file
  • 7ab9374 Use cross-compilation-safe pkg-config macro.
  • c85aaec Remove deprecated glib2.0 API calls
  • 167bfab Use GIR bindings instead of pygtk
  • 55e4f9b fix UnicodeWarning when exclude command is used with non-latin args
  • 343a3fb Update to redesigned icons
  • 1eb18c6 small caja-dropbox.in fixes
  • 527b9cc Add a new “dropbox update” command
  • 4cb4209 Unlink files that are going to be replaced by the unpack
  • 192451f Validate that Dropbox runs after downloading it
  • 3d511a6 Use python-gpg instead of python-gpgme
  • 68dd75a Explicitly load using python2 interpreter
  • a7da6a7 Refer to .dropbox-dist in only one place
  • a939670 fixed ‘exclude command raise UnicodeDecodeError’
  • 5543711 Avoid reading or writing invalid memory addresses
  • 991a851 Display link url on status
  • d3261c1 Update dropbox.py with shmodel, proxy, and throttle features.
  • a2ccaaf update Copyright year
  • 394578f pre-bump version

caja-extensions

  • 2e1a77b Enable Travis CI for all branches
  • dde037d Initialize Travis CI support
  • 512e1c8 require caja >= 1.21.3
  • 22cb044 configure: fix some typos
  • e04adb3 disable deprecation warnings for distcheck
  • dd67d69 Make caja-open-terminal configurable (Depends on caja GitHub PR caja#1050)
  • 3fecb36 NEWS: use development version
  • 4b1141f pre-bump version
  • 27d49a6 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 84e7fac add Travis-CI support
  • 4f06445 disable deprecation warnings for distcheck
  • d3b8be7 sync with transifex
  • 7db6ed1 transifex: set minimum_perc and type in config file

engrampa

  • 8e1c290 fr-process: Fix memory leak
  • 84db3ea add Travis-CI support
  • 29b4e67 Tx: syn with fixed translations from transifex
  • e61212f rar/unrar: Fix: “overwrite existing files” disabled must work
  • b683362 move appdata to metainfo directory
  • dc0f490 disable deprecation warnings for distcheck
  • 95541ae Use make functions for HELP_LINGUAS
  • cd7f17a Replace -Dokumentationteam
  • dd11160 Replace -Dokumentationsprojekt with Documentation Project
  • 9b4ba7a Manual: Update file format descriptions using shared-mime-info
  • 2c9e615 Fix URL of ulinks to point to mate-user-guide
  • 2c60ca9 UNIX and Linux systems -> Linux and UNIX-like systems
  • 2804b35 update engrampa.pot
  • fa7097c fr-window: fix typo
  • 247093f sync with transifex
  • 1e1a94a update engrampa.pot
  • 6f824fe Add .a (Ar) support
  • 3ee4f6c fix crash on exit after using Open With dialog
  • 08a8eac transifex: set minimum_perc and type in config file
  • c55754a fr-process: Fix memory leak
  • bbca40d Help: Fix version to 1.22 and update pot file
  • d62cff0 help: update copyright
  • 4e0a8da Upgrade the manual to docbook 5.0
  • db21779 Avoid array index out of bounds parsing dpkg-deb —info
  • 333a9e9 warning: Use of memory after it is freed
  • c9eb7cb Read authors (updated) from engrampa.about gresource
  • 5ceee4c Enable Travis CI
  • b0a7135 eggsmclient: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • e929b84 update copyright year to 2019
  • 647645d rar/unrar: Fix: “overwrite existing files” disabled must work
  • 9771782 #225 fix a typo
  • d5ef415 fix fr-command-cfile.c: fr_process_set_working_dir
  • 0577456 fr-command-cfile.c: fix indentation
  • afb8ebd Added test integrity for brotli
  • ab9e18f Added test integrity for the cfile compressors: gzip, bzip2, etc. But since most of them shows the message with file status to STDERR instead of STDOUT whe should show both in Test result window.
  • a699fa2 move appdata to metainfo directory
  • 3b4ae2f fr-window: show the pause button only if the dialog is working
  • 11bbca8 disable deprecation warnings for distcheck
  • 3037620 fr-window: avoid ‘gtk_dialog_add_button’ with stock ids
  • 57b6906 fr-window: hide the progress bar if the process is paused
  • 10fd1e2 fr-window: change the info label if process is paused/resumed
  • d5560ec fr-window: little improvements in the look of pause/resume button
  • 5eea3e1 Adding pause and start functions
  • b1d6ced Fix implementation and use of the alternative package name lookup
  • fa96f93 Added support for brotli (*.tar.br) compressed tar archives
  • f06c216 Add brotli support
  • 8ef808e Use make functions for HELP_LINGUAS
  • ad74b5d Replace -Dokumentationteam
  • d7d22b4 Replace -Dokumentationsprojekt with Documentation Project
  • 6c451b3 Manual: Update file format descriptions using shared-mime-info
  • 3b890f9 UNIX and Linux systems -> Linux and UNIX-like systems
  • 0c6a7a0 update engrampa.pot
  • fc73b13 fr-window: fix typo
  • c587ae1 Add the ability to support ‘unar’ over .zip archives
  • 10e665f Add support for OpenDocument formats
  • 7c0038a UI: on the properties dialog, focus the Close button instead of the Help button by default
  • 7b1a66c sync with transifex
  • c96c85f pre-bump version
  • 499e600 Add .a (Ar) support
  • ef714ac fr-window: Replace deprecated gtk_menu_popup functions
  • a03aa8c fix crash on exit after using Open With dialog
  • 6d56e36 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 2e9c1a1 avoid deprecated GtkStock

eom

  • 905f8b7 Help: Fix version to 1.22 and update pot file
  • bc141be help: update copyright
  • bbcca8d Upgrade the manual to docbook 5.0
  • 9f631a7 Use persistent page setup
  • 68ac123 Add update-authors.pl script which helps to update eom.about
  • eed5511 Read authors (updated) and documenters (updated) from eom.about gresource
  • 17ca341 Enable Travis CI for all branches
  • 2c34542 Initialize Travis CI support
  • 119fd7e Ensure proper translation of the about dialog title
  • 941b0ec Make translatable the copyright in about dialog
  • 9cf9e2e Help - fix gui labels
  • bd1f72d disable deprecation warnings for distcheck
  • e3a9345 Update the appdata XML file
  • 5e245f8 Use make functions for HELP_LINGUAS
  • 0b573f4 Fix url of ulink to point to mate-user-guide
  • 8eca711 Update Catalan screenshots
  • 7af7c3b Fix spelling and grammar mistakes
  • 1e17920 Update eom_start_window.png
  • e148897 Reduce the number of g_file_query_info calls at start-up
  • e3cb374 EomImage: Remove unused constructor
  • f4d798a fix a memory leak
  • c98f5cc docs: remove eom-dialog.xml reference to fix distcheck
  • f4818d9 sync with transifex
  • 18a612e EomMetadataSidebar: Make header include guard actually work
  • b21b983 EomWindow: Switch keyboard shortcuts for sidebar and gallery
  • d066bae Tweak sidebar ui
  • 4185e8c EomPropertiesDialog: Use standard::display-name when showing the parent
  • 0e708c5 EomMetadataSidebar: Use standard::display-name when showing the parent
  • ab96aad Fix GResource dependency calculation for out-of-tree builds
  • adfe0c7 Make sure the libpeas-gtk dependency isn’t optimized away
  • c2fc002 Remove EomDialog helper class
  • 4b4a611 EomPreferencesDialog: Convert to GtkBuilder template
  • b18e263 EomThumbnail: Load thumbnail frame from a GResource
  • b1fb22d Load EomMultipleSaveAsDialog from GResource
  • b5172a3 eom-window: fix deprecated GtkStock usage
  • 22f5b20 Fix build without XMP support
  • 70fd470 Load eom-image-properties-dialog.ui with a gresource
  • 8734d0e properties-dialog: Port to gtk_show_uri_on_window
  • 068315f EomPropertiesDialog: Convert to GtkBuilder template
  • 734ad19 EomPropertiesDialog: Remove unused private members
  • e306d7a Fix metadata sidebar with libexif disabled
  • fd322e8 Fix API docs build without libexif
  • c828347 EomMetadataSidebar: fix —without-libexif build
  • f517d6d EomMetadataSidebar: Clear folder label if no image is set
  • 6aac9e3 EomSidebar: Increase margin at the sides of the sidebar
  • 6319bb3 EomSidebar: Center and reformat page selector
  • ece3c97 EomMetadataSidebar: Fix leaked strings
  • a29a5d1 metadata-sidebar: add the details button again
  • 6b0c2ae EomMetadataSidebar: Try to unclutter and improve the sidebar’s look
  • 3d80a86 GResource: free css_file
  • 6d164b4 Initial GResource migration
  • e12f285 EomExifUtil: Fix build with newer GCC
  • 1e96c9d EomExifUtil: Allow freeform formatting of date strings
  • 9b4890e EomMetadataDetails: Improve fractional GPS coordinates support
  • f965eb2 EomPropertiesDialog: Separate Exif/XMP-specific widgets from generic ones
  • 4e20a6d EomMetadataDetails: Don’t install header file
  • 49c5c97 EomExifDetails: Rename to EomMetadataDetails
  • 9593351 Drop eom_close_confirmation_dialog_set_sensitive
  • 704107b scroll-view: Remove a gdk_window_process_updates call
  • 416dc9b util: Port to gtk_show_uri_on_window
  • 4115f76 EomImage: Make sure to emit size-prepared after applying orientation
  • c3d8c61 EomImage: Fix too early size-prepared emission
  • 5f6f184 EomImage: Slight optimization of private data structure
  • a95925a drop forgotten gtkrc file
  • 1f2aba7 css: drop obsolete old css language
  • 447f5fe EomWindow: silence a introspection warning
  • 94f7f44 Convert to G_DEFINE_TYPE_WITH_PRIVATE part 3
  • fb7c539 Convert to G_DEFINE_TYPE_WITH_PRIVATE part 2
  • 5a5612a Convert to G_DEFINE_TYPE_WITH_PRIVATE part 1
  • a3c97eb EomApplication: Make most members private
  • bb3b0c0 Add new plugin hook for per-application plugins
  • 57506ff Make EomWindow a GtkApplicationWindow
  • 5c58837 sidebar: show complete directory in button tooltip
  • b504d5a properties-dialog: show complete directory in button tooltip
  • a5ba9a2 Make the URI-label in the properties dialog a button showing the folder
  • 14a755c exif-details: make value column selectable
  • b3f9b82 EomExifDetails: Take Exif IFD into account when creating hash keys
  • a3a89e0 Place GPS Exif tags into their own subcategory
  • fe21ccd Reformat Exif tags for GPS position to be better understandable
  • 32f2e6f Make sure GPS Exif tags are named and ordered correctly
  • 017f7e5 Use GdkPixbuf’s “orientation” feature as fallback for autorotation
  • 7eec54c EomScrollView: Implement simple two-pass filtering
  • 7f38bf6 EomScrollView: Use better downscaling filter
  • f607cda Remove unneeded finalize() from EomListStore
  • 9b79e09 Update plugins to use EomWindowActivatable interface
  • 026b114 Add our own activatable interface to EomWindow
  • 17e6cdb Replace gdk_spawn_command_line_on_screen()
  • 7dbd1b8 sidebar: replace deprecated gtk_misc_set_alignment
  • 15a0431 POTFILES.in: add ‘src/eom-metadata-sidebar.c’
  • 78f41c1 EomWindow: Simplify metadata sidebar title
  • 362b507 EomSidebar: Set orientation property via g_object_new
  • 32675ab Replace remaining uses of margin-left and margin-right properties
  • e6cda96 EomMetadataSidebar: Allow filename to be wrapped at char boundaries
  • bcc8082 sidebar: fix a deprecation
  • a46238b EomMetadataSidebar: Fix deprecation warning with newer GTK+
  • d7910a6 MetadataSidebar: Add a tooltip to the folder button
  • de32a70 MetadataSidebar: Change layout of the data values
  • ad13501 Make metadata values in MetadataSidebar selectable
  • d328203 Fix build when not building with libexif and/or exempi
  • 09fea91 Don’t force-enable the sidebar on startup once a page is added
  • b1c0911 Make Exif/XMP summaries available as sidebar
  • 28fbd14 Drop now unneeded TotemScreenSaver
  • 4817ee9 Use GtkApplication to inhibit the screensaver during slideshows
  • 9e687fa Ensure UI action sensitivity is set at least once
  • bc859fd Remove leftover DBus service description file
  • 59ea038 Remove spurious g_object_unref
  • 0c78063 reload: ensure that pending updates to UI are complete
  • 20d704b Port EomApplication to GtkApplication
  • 63a6313 Make the displayed EomImage a property of EomScrollView
  • cfc83b4 EomPropertiesDialog: Make details view expand vertically
  • ed3ef44 Enable more Drag&Drop actions when eom is drag source
  • fb4446d Use new DBus API to show the current image in the file browser
  • 07de875 Add an “Open containing folder” command
  • 9815134 sync with transifex
  • e7df737 pre-bump version
  • 0e624a5 toolbar: add missing popup menu for launching toolbar editor
  • f3bc78d sidebar: replace deprecated gtk_menu_popup
  • 620071b editable-toolbar: replace deprecated gtk_menu_popup
  • 50d0a50 editable-toolbar: replace deprecated gtk_drag_begin
  • 530d7cb svg: Fix offset coordinates when transforming SVG images on HiDPI displays
  • 5da033e require libpeas 1.8.0
  • c94e091 plugins: Use Python 3.x for Python plugins
  • a206e04 replace deprecated gdk_flush
  • 03783b9 fix some -Wincompatible-pointer-types warnings
  • 51fc70f Scale HiDPI images correctly
  • 30940c7 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 29a62cd eom-window.c: avoid deprecated GtkButton:use-stock
  • 98d6a43 avoid deprecated GtkStock
  • 96b1b4d Use persistent page setup
  • db25ddd add Travis-CI support
  • eba5461 Help - fix gui labels
  • 540e33f Update the appdata XML file
  • cfdbd1f disable deprecation warnings for distcheck
  • 98a063e Reduce the number of g_file_query_info calls at start-up
  • 0d1a90a EomImage: Remove unused constructor
  • 49a85ee Use make functions for HELP_LINGUAS
  • d434d35 Fix url of ulink to point to mate-user-guide
  • 9b628a8 Fix spelling and grammar mistakes
  • 9b033ce Update eom_start_window.png
  • 5376650 fix a memory leak
  • dba717d exif-details: make value column selectable
  • 667f5b2 EomExifDetails: Take Exif IFD into account when creating hash keys
  • 0c6a01d Place GPS Exif tags into their own subcategory
  • 87d59bd Reformat Exif tags for GPS position to be better understandable
  • af9cd83 Make sure GPS Exif tags are named and ordered correctly
  • 7e9dc52 EomPropertiesDialog: Make details view expand vertically
  • bbf490b EomScrollView: Use better downscaling filter
  • 433c776 reload: ensure that pending updates to UI are complete
  • 16f5b2c fix some -Wincompatible-pointer-types warnings
  • 1523539 sync with transifex
  • 2f04a37 svg: Fix offset coordinates when transforming SVG images on HiDPI displays
  • bca6a64 Scale HiDPI images correctly
  • ae3e2a4 transifex: set minimum_perc and type in config file

libmatekbd

  • 7e730f0 Enable Travis CI for all branches
  • e6e0234 Initialize Travis CI support
  • dc04e96 rename g_strv_equal to matekbd_strv_equal
  • c3a62d4 sync with transifex
  • b11e6ca pre-bump version
  • a95a4f4 correct scaling on HiDPI displays
  • 81034cf transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 05c064e Use gdk screen resolution for font in keyboard status notification icon, to get correct scaling on HiPDI displays.
  • 3fa26b6 add Travis-CI support
  • c36d3ec sync with transifex
  • 8740018 fix po files
  • e6cd5be transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 90dba6e Use gdk screen resolution for font in keyboard status notification icon, to get correct scaling on HiPDI displays.

libmatemixer

  • 4d4520c Enable Travis CI for all branches
  • 8653076 Initialize Travis CI support
  • ae50369 add missing po file
  • af5d296 sync with transifex
  • 3c87f89 pre-bump version
  • d6a79fd require PulseAudio 5.0 and drop some old code
  • e6a5518 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 2fb29e6 add Travis-CI support
  • f60062b sync with transifex
  • 8afb1b3 transifex: set minimum_perc and type in config file

libmateweather

  • 33a4dd5 Enable Travis CI for all branches
  • 78e3339 Initialize Travis CI support
  • c0e6a9b disable deprecation warnings for distcheck
  • ada5129 locations: Clean up municipalities of Puerto Rico
  • 6a444b4 sync with transifex
  • 503f0b5 pre-bump version
  • 8d8508b locations: Add Feira de Santana, Brazil
  • 9c3dc44 test_sun_moon.c: remove unused variable
  • 113668f weather-moon: fix weird thing in comments
  • 6197477 metar: fix searching for string to parse
  • 2cb7572 metar: fix indent somewhat
  • 92346b7 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 2054a03 add Travis-CI support
  • 74edb1c disable deprecation warnings for distcheck
  • cecbcbb locations: Clean up municipalities of Puerto Rico
  • af00b18 sync with transifex
  • 6ea8e08 locations: Add Feira de Santana, Brazil
  • 70e80da weather-moon: fix weird thing in comments
  • 4f556e0 metar: fix searching for string to parse
  • e059ca3 metar: fix indent somewhat
  • 11cd30b transifex: set minimum_perc and type in config file

marco

  • 369338f Do not judge whether the window is decorated or not
  • 230f96c screen: Fix use of memory after it is freed
  • 76a5cff [Security] Use ‘g_strlcpy’ instead of ‘strcpy’
  • fc162df compositor-xrender: Fix memory leak
  • 7dd304a Prepare for docker-build 0.1.1 merge into master
  • 9523142 Show build status icon
  • 7f48454 Now to use docker-build on the master branch
  • faed5d8 change to use archlinux/base image
  • becec7e Initialize travis support
  • fad23c9 screen: Remove get_current_monitor in favor of get_current_xinerama
  • 8abba9a Increase icon size on tab and workspace popups
  • a931b08 screen: avoid ‘NULL’ in ‘meta_error_trap…’ functions
  • c0be5a7 prefs: avoid deprecated ‘g_settings_list_keys’
  • 683d5cf add git.mk to autogenerate .gitignore files
  • c3cad38 enable silent output when building
  • 4940310 ‘meta_error_trap_push’ instead ‘meta_error_trap_push_with_return’
  • b4dcd38 errors.c: avoid deprecated ‘gdk_error_trap…’ functions:
  • 898e941 frames.c: drop unused variables
  • 7a18fdd compositor-xrender: avoid deprecated ‘gdk_error_trap_push/pop’
  • c5b4162 fix build with ‘as’ language translation
  • fff65b4 sync with transifex
  • a6f9462 theme: revert theme format version 3.6
  • fbae49d doc: add info for 3.5 and 3.6 theme format versions
  • 0b1c160 Revert “libmarco-private: remove ‘-1’ part from include dir name”
  • 522ad73 Convert frame region handling to cairo regions
  • 93b5dd1 theme: add invisible_border to metacity theme
  • c49f361 add support for app-menu button in theme
  • cb9a1be remove option to attach modal dialogs
  • 5418b40 theme: replace mutter/metacity with marco
  • 9b6f737 theme: Replace char array element comparisons with strncmp
  • 48b0b11 tabpopup.c: always show 5px outline border
  • 2ce772a tabpopup.c: improve * Fix missing white border on outline window. * Do not create outline_window if we are not going to use it.
  • ffece2a Don’t show the ws switcher if we only have one Origin: Ubuntu Bug: https://bugzilla.gnome.org/show_bug.cgi Bug-Ubuntu: https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/metacity/+bug/506944 Author: Didier Roche [email protected]com
  • 6203779 theme: Allow disabling fallback colors in gtk:custom()
  • 18bfff3 theme: Allow using custom colors from the GTK+ theme
  • ed5eff6 theme: Add tiled_left/tiled_right frame states
  • 997488f theme: Add background functions for single buttons
  • 33c75c2 theme-parser: Use peek_required_version() for validation
  • c9c3f85 Add frame type for attached modal dialogs
  • 37fecf4 Optionally attach modal dialogs
  • 4f47c5b Add meta_window_get_transient_for() method
  • a47f178 Allow a theme to specify ellipsize width for a title
  • 728f002 Add frame_x_center/frame_y_center variables for themes
  • ed3004d metacity-theme-3.xml: Add a flexible version mechanism
  • 2bea67f libmarco-private: remove ‘-1’ part from include dir name
  • d06b592 theme-parser: Remove unused define
  • 13e6a0d sync with transifex
  • 4d70471 pre-bump version
  • 04e564c Correct resize popup position on HiDPI displays
  • 079c458 Fix frame geometry to avoid stuck resize cursor
  • 81fdb55 Scale cursor size for HiDPI
  • 4d8f163 Use frame window to determine scale
  • f6e3326 Support HiDPI window decorations
  • 5989216 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 03cffa3 Fix mismatched enums in keybinding detection for switch-panels and switch-panels-backward
  • 42410fe window: add _NET_WM_STATE_FOCUSED hint to _NET_WM_STATE
  • 70d82d3 avoid deprecated GtkButton:use-stock
  • 61c81eb avoid deprecated GtkStock
  • 6365649 Fixes move_to_center moving window between monitors
  • efac7b7 Do not judge whether the window is decorated or not
  • cd4c579 Now to use docker-build on the master branch
  • 10a4a9f change to use archlinux/base image
  • c1f7c6c add travis-ci config
  • 8c11faa disable deprecation warnings for distcheck
  • ae307ff sync with transifex
  • 8074c01 Correct resize popup position on HiDPI displays
  • 45d8f75 Fix frame geometry to avoid stuck resize cursor
  • df009f9 Update NEWS.
  • f45d299 Scale cursor size for HiDPI
  • 95f4a7a fix as.po
  • bdc938b fix po files
  • 44b60b0 Use frame window to determine scale
  • b9fd3c1 Support HiDPI window decorations
  • ff52d7b transifex: set minimum_perc and type in config file
  • dc6ea05 Fix mismatched enums in keybinding detection for switch-panels and switch-panels-backward
  • 79f998c Fixes move_to_center moving window between monitors

mate-applets

  • cb5ffc11 add Travis-CI support
  • c6259e49 Issues reported by translators
  • 3b5b33a0 multiload: ignore privileged mount points
  • 3e05a6ff Silent output when building.
  • 39d005b1 disable deprecation warnings for distcheck
  • 43a64acc Use make functions for HELP_LINGUAS
  • 339fb827 Netspeed Manual: clean up
  • eea28bc7 Manual: Linux and UNIX systems -> Linux and other Unix-like systems
  • b233ee48 Use ordered list to describe the steps to add the applet to a panel
  • f211627e Manual: Fix Add to Panel dialog title
  • 41b743ee Eyes Applet: Fix window title and factory name
  • e03b4852 Manual: OK -> Add (Add to Panel dialog)
  • 48602d7f trashapplet manual: Open Trash guimenuitem
  • b452bf3b Add/Update Catalan screenshots
  • eec0d1cd Fix name of Eyes applet
  • 0600dbf6 Refer to the fstab(5) man page for more information…
  • 069a7a72 Remove unused png files
  • 565f521e Fix url of ulink to point to mate-user-guide
  • 4dc452ba Fix spelling and grammar mistakes
  • 1f2d79bd legal.xml
  • 0a00b7cd Cpufreq: Force the frequency label to render if frequencies are not found right away
  • 704fe986 Cpufreq: Refactor to remove more GTK2 leftovers
  • 0e139588 Cpufreq: ensure frequency label always shows up if freq selected
  • 90633bf3 sync with transifex
  • 5ec87867 update mate-applets.pot
  • 549542af accessx: Convert icons from pixbuf to cairo surfaces
  • 3aaeec39 netspeed: Use theme icons instead of embedded
  • 683946ed battstat: Load theme icons instead of pixmaps
  • 311ae4eb Convert applet icons from pixbuf to surfaces
  • e83811d0 solving type mismatch in g_settings_set_value
  • e5ecb8b2 only text formatting to prepare for real change
  • e35e9514 Fix cpufreq applet spacing on HiDPI displays
  • 4ece3d16 multiload: add style class multiload-applet
  • 5426dfb4 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 2b103078 Enable Travis CI for all branches
  • a57ce1e1 Initialize Travis CI support
  • ada156c7 Issues reported by translators
  • 7a8e4de6 disable deprecation warnings for distcheck
  • cefd5e90 Silent output when building.
  • dfad0318 Add git.mk file
  • 70085d23 Support git.mk to generate .gitignore
  • e0793643 sync with transifex
  • 3caf2ace Use make functions for HELP_LINGUAS
  • 867b495e Netspeed Manual: clean up
  • 8d94f956 Manual: Linux and UNIX systems -> Linux and other Unix-like systems
  • 0412e78e Manual: Fix Add to Panel dialog title
  • df8e737e Eyes Applet: Fix window title and factory name
  • 62c6b2bf Manual: OK -> Add (Add to Panel dialog)
  • 4802c6f0 trashapplet manual: Open Trash guimenuitem
  • 030496ac Add/Update Catalan screenshots
  • ca3008f4 transifex: update pot files:
  • 365c147d Fix name of Eyes applet
  • dacfd4dc Refer to the fstab(5) man page for more information…
  • ec3d9f04 Remove unused png files
  • 5f1bb981 Fix url of ulink to point to mate-user-guide
  • 2783047f Fix spelling and grammar mistakes
  • 14a9913b legal.xml
  • 4e15c188 accessx-status: fix another leak
  • 6c34117f Fix memory leak on accessx-status.
  • 246f078f sticky-notes: fix a memory leak
  • ebabac90 timerapplet: Allow resetting timer when inactive
  • 43b16f78 Weather: apply a widget name to the textview
  • 1cd86c77 weather: add cssprovider for widget not for screen
  • a15746b9 mateweather-dialog.c: avoid deprecated ‘gtk_widget_override_font’
  • 881233e8 cpufreq: stop segfault with gtk3.23
  • 6f4843f6 trash applet: avoid deprecated ‘gtk_window_set_wmclass’
  • 0746a55c cpufreq: fix a -Wimplicit-function-declaration
  • 1a11a017 trash: fix a -Wincompatible-pointer-types warning
  • 2c31e385 weather-applet: replace deprecated GtkAlignment
  • f4221bef weather-dialog: replace deprecated GtkAlignment
  • cf4ed850 weather-prefs: replace deprecated gtk_alignment_new
  • 7551de5b stickynotes: replace deprecated gdk_error_trap_push/pop functions
  • 3cd2d150 cpu-freq: replace deprecated gtk_menu_popup
  • d3bf8fd4 sticknotes: replace deprecated gtk_menu_popup
  • dc720b32 drivemount: replace deprecated gtk_menu_popup
  • 6270bb32 charpick: replace deprecated gtk_menu_popup
  • 0453aa6d sync with transifex
  • f0b33d11 Cpufreq: Force the frequency label to render if frequencies are not found right away
  • 618ab266 Cpufreq: Refactor to remove more GTK2 leftovers
  • 8bd11f81 Cpufreq: ensure frequency label always shows up if freq selected
  • a3c1c30f update .pot file
  • 8a5af152 pre-bump version
  • cbc200ff accessx: Convert icons from pixbuf to cairo surfaces
  • 2b9d8bf7 netspeed: Use theme icons instead of embedded
  • a03ead3c battstat: Load theme icons instead of pixmaps
  • 7185a704 Convert applet icons from pixbuf to surfaces
  • 486f9e58 solving type mismatch in g_settings_set_value
  • 23b0803d only text formatting to prepare for real change
  • ea40c35e Fix cpufreq applet spacing on HiDPI displays
  • ba596c20 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 147ca93e multiload: add style class multiload-applet
  • 607d5228 avoid deprecated GtkStock

mate-backgrounds

  • d741473 Enable Travis CI for all branches
  • c3f5eb6 Initialize Travis CI support
  • 556fd12 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 1e960de transifex: set minimum_perc and type in config file

mate-calc

  • 5600c81 Initialize Travis CI support
  • 98f0b9b math-window: update copyright year to 2019
  • bfb8cd7 Tx: update resource for transifex server
  • 4637b01 Increase accuracy range to 15
  • 187a975 math-display: avoid deprecated ‘gtk_widget_modify_bg’
  • bba427d currency-manager: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • 2c4aba1 currency: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • fc0720e math-equation: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • a61f07d unit-manager: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • 25f0f0a unit-category: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • e8ddb38 unit: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • 5ffa9d9 mp-serializer: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • e0e01b8 math-variable-popup: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • 740f9a5 math-preferences: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • 0dd1f73 math-variables: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • b85ea87 math-converter: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • f9e4e7e math-buttons: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • 8c5611d math-window: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • 9ac7540 Remove duplicated assignment
  • 49f81fb Fix typo
  • d0a089f disable deprecation warnings for distcheck
  • f13a023 math-display: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • ab8897e math-window: Fix memory leak
  • 3693bc6 math-display.c: avoid deprecated ‘gtk_widget_ensure_style’ (#66)
  • 1546b67 data: update appdata directory
  • be2b3b8 ui files: add missing icons in titles to dialogs
  • a1cfbbd buttons-programming.ui: Fix buttons
  • 6f31ccc Use make functions for HELP_LINGUAS
  • 5321fc4 Write equation using MathML
  • d416464 Fix application name
  • 0aee226 Fix repeated words
  • 48a9bec Copy equation as ASCII text
  • 897ad51 sync with transifex
  • ea8f6ed pre-bump version
  • 2ffd951 update .pot file
  • 58f106a UI: avoid deprecated GtkButton:use-stock
  • 074773b UI: drop all deprecated elements
  • fceb9a7 math-preferences: add window icon to Preferences dialog
  • e29978c transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 6cd2c4d Init gtk before math_equation_new; fix #44
  • f30835f avoid deprecated gtk_image_menu_item_new_from_stock
  • eaa9ea6 add Travis-CI support
  • 0576c7c disable deprecation warnings for distcheck
  • 38f08a4 data: update appdata directory
  • a279b86 Use make functions for HELP_LINGUAS
  • d7441b1 Write equation using MathML
  • e486468 Fix application name
  • 39590d8 Fix repeated words
  • de4b0c4 Copy equation as ASCII text
  • b0890c3 sync with transifex
  • a148e5b math-preferences: add window icon to Preferences dialog
  • 10e6fdb Init gtk before math_equation_new
  • a64b304 transifex: set minimum_perc and type in config file

mate-common

mate-control-center

  • 378becd yaml use lower boolean strings
  • ed6353d add installation instructions
  • f0ec6cb Travis: use github links for downloading tarballs
  • 21da1ad Prepare for docker-build 0.1.1 merge into master
  • 21d7f2c Typo fix
  • b205683 add archlinux build on travis-ci
  • 81ae219 fixed distcheck fail on debian
  • 8c0de1c enable travis for all branches
  • 43fd38d Add -Werror=format-security and show make distcheck failed with color
  • 5dda92e script keep silent and distcheck always return 0
  • da71960 add missing dependency package git code of mate-menus for debian/ubuntu
  • 76ce83a use the git code of mate-menus
  • 7079813 Initialize travis support
  • 6d1a4aa eggcellrendererkeys: avoid deprecated ‘gtk_widget_modify_bg/fg’
  • bde8d11 Update MCC help
  • a62f043 default-applications: Use more common icon names for Office documents
  • 3047735 mate-display-properties: Migrate from dbus-glib to GDBus
  • c5e048b Fix the runtime warning about gtk_widget_destroy.
  • 383d3da Fixed number of cols error after reload menus.
  • 512b446 Fixed crash when install/remove application.
  • 99b0d3e capplets/mouse: .svg files instead .png in doubleclick artwork
  • 7ebacdb capplets/mouse: New doubleclick artwork with mate logo
  • 8f4dc20 disable deprecation warnings for distcheck
  • 9482529 default-applications: Fix assertion failure on g_icon_to_string
  • 08d1e4e default-applications: Add a widget for a default calculator application
  • a8d6bbb default-applications: Use the selected word processor for RTF as well
  • 3a3f389 require mate-settings-daemon-1.21.2
  • 223c58a keybindings: Add a key binding to toggle the microphone’s mute status
  • 6a6da57 keybindings: Add some key bindings to control volume quietly
  • ee42ad7 require m-s-d 1.21.1 due to new control-center key in schema
  • f8dc9a7 Account for NULL error when we see G_IO_STATUS_EOF
  • c6c1db0 typing-break: replace deprecated gdk_error_trap functions
  • 73a72ba transifex: update mate-control-center.pot
  • 2fcab0c update hint for mouse double-click
  • 8c44ea6 keybindings: double click instead one click to edit keyboard shortcuts
  • ba5a88c mate-keybinding-properties: avoid deprecated ‘gtk_widget_ensure_style’
  • b245b8d added search option for mate-font-viewer
  • dfa0fd1 Load avatar-default as default image
  • a6f0e57 for accounts service support
  • c5649ad keybindings: Add a key binding to launch settings
  • 03ef6ce pre-bump version
  • 99f6f32 Depend on mate-desktop 1.21.2 due to new gschema key
  • 291b050 Fix spelling and grammar mistakes
  • 0a12038 legal.xml
  • 1982f4f Use make functions for HELP_LINGUAS
  • 1034ff7 Add UI to control org.mate.accessibility-keyboard.stickykeys-latch-to-lock
  • be9b514 use fixed size to show user icon
  • 81d7a31 Add new api for EImageChooser
  • 28c5512 get/set user face icon use accounts service
  • 409e0a1 sync with transifex
  • 397a588 require mate-desktop-1.21.1
  • 8c4ebef typing-break: Make images larger and load as surface
  • 19fdb3f Mouse: include a toggle to enable or disable middlemouse paste Defaults to ON so as not to change expected behavior until user changes it.
  • d5c8249 capplets/keybindings: avoid deprecated ‘gdk_keymap_get_default’
  • 657b706 display-capplet.ui: replace deprecations
  • d21cbad libslab: code clean up
  • f6d429e wm-common: replace deprecated gdk_error_trap functions
  • 9edbc59 libslab: replace deprecated gtk_menu_popup
  • 4facc83 msd-input-helper: replace deprecated gdk_error_trap functions
  • e19868d mouse: replace deprecated gdk_error_trap functions
  • 98b1b52 sync with transifex
  • ecb2d6a update mate-control-center.pot
  • 110b5d8 bump required version of mate-menus
  • 7ba869d use new mate-menus api
  • 7137397 use new api
  • ede274e use matemenu_tree_new
  • ea9ec0f appearance: fixed more indents
  • 8a96f64 appearance: fixed indentations
  • 31880fa appearance: add buttons-have-icons switch
  • af21077 update potfile
  • acbde95 mouse: add middle button emulation switch
  • 3d3bb8b display-capplet: add css name for scrollarea
  • 61e2e6e Change cursor-size to 24px
  • 1269bef Scale cursor size for HiDPI when changing themes
  • b198f90 Fix screen geometry to account for rotation when snapping.
  • 48b4fc3 Add auto-detect toggle switch
  • f083448 transifex: set minimum_perc = 1
  • 7eb6245 transifex: add type PO to client config file
  • 08252b1 po: add missing file to POTFILES.in
  • c7697c9 theme-util.c: fix segfault on attempt to delete custom theme
  • 257b236 theme-thumbnail.c: avoid deprecated GtkButton:use-stock
  • 17b2017 avoid deprecated GtkStock
  • 9e312c4 Remove useless parameter in mate_theme_install_real
  • e76a646 theme-installer.c: add tips when reinstall a existed theme
  • 71e0779 add Travis-CI support
  • 2ca7574 fixed distcheck fail on debian
  • d93e910 Update MCC help
  • 22746a3 Fix the runtime warning about gtk_widget_destroy.
  • 56c1867 Fixed number of cols error after reload menus.
  • bc4e90b disable deprecation warnings for distcheck
  • a61bda0 default-applications: Use the selected word processor for RTF as well
  • 9a36755 typing-break: Make images larger and load as surface
  • 87d3627 update hint for mouse double-click
  • e5c3e4f keybindings: double click instead one click to edit keyboard shortcuts
  • 677966d Fix spelling and grammar mistakes
  • 439c26f legal.xml
  • 2d6e71b Use make functions for HELP_LINGUAS
  • 7a3d258 sync with transifex
  • d06a1d3 display-capplet: add css name for scrollarea
  • 954bf58 Change cursor-size to 24px
  • c026529 Scale cursor size for HiDPI when changing themes
  • 6d4493b Add auto-detect toggle switch
  • 4225308 Remove useless parameter in mate_theme_install_real
  • da86482 Fix screen geometry to account for rotation when snapping.
  • 7165e06 theme-util.c: fix segfault on attempt to delete custom theme
  • 8adccf3 theme-installer.c: add tips when reinstall a existed theme
  • 598b187 transifex: set minimum_perc = 1
  • 61cde4b transifex: add type PO to client config file

mate-desktop

  • 137fd47 [Security] Use ‘g_strlcpy’ instead of ‘strcpy’
  • 3233410 [Security] test-ditem: Use ‘g_strlcat’ instead of ‘strcat’
  • b6bcccf Prepare for docker-build 0.1.1 merge into master
  • 009ff2a use archlinux/base image
  • 89c003e Fixed make distcheck fail on debian.
  • 87ff53b mate-colorsel: avoid deprecated ‘gtk_widget_modify_bg’
  • c15a018 Initialize travis support
  • b7dffb4 [mate-rr] Avoid deprecated g_type_class_add_private
  • 627a1d9 Improve indents
  • 46950f4 Avoid deprecated g_type_class_add_private
  • 6d30b65 [mate-colorsel] Avoid deprecated g_type_class_add_private
  • e263ed7 mate-bg: avoid deprecated ‘g_settings_list_keys’
  • 0c8a787 update copyright to 2019
  • 470a488 disable deprecation warnings for distcheck
  • d98dcfc mate-bg: Corrected some comments
  • 6ca78f0 schemas: Define schema for a default calculator
  • f4ecfb3 sync with transifex
  • 49dc665 pre-bump version
  • 98650b6 Add new setting to control XKB modifier latching
  • e9f904e sync with transifex
  • f675d03 pre-bump version
  • 0b76914 interface: add key to enable/disable primary paste from middlemouse
  • f791ef8 mate-desktop-item: replace deprecated gdk_error_trap_push/pop
  • 6ef0247 mate-rr-config: replace deprecated gdk_flush
  • 953da77 mate-rr: replace deprecated Gdk functions
  • c49a780 mate-bg-crossfade: replace deprecated gdk_error_trap_push/pop
  • 5e16dc1 mate-bg: replace deprecated gdk_error_trap_push/pop
  • d21326d fix distcheck
  • ecf2fbd add mate-language apis
  • f7cf0fd sync with transifex
  • 58de8c0 update mate-desktop.pot
  • ddc096e drop ancient and unused acinclude.m4
  • fb4c986 bump version
  • fa7491d Add toggle for synchronizing QT_SCALE_FACTOR to GDK_SCALE_FACTOR
  • d28e063 Change default cursor-size to 24px
  • 6d06e18 Support background fallback on HiDPI
  • 1aa9a47 mate-rr-labeler: fix font-color for dark themes
  • 4ae8d1d transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 41797c0 add Travis-CI support
  • 7304b6d Fixed make distcheck fail on debian.
  • 583659e disable deprecation warnings for distcheck
  • 19ded0f sync with transifex
  • 51ce040 update mate-desktop.pot
  • 6b137cb bump version
  • 202d570 Add toggle for synchronizing QT_SCALE_FACTOR to GDK_SCALE_FACTOR
  • e71d548 Change default cursor-size to 24px
  • b24f151 Support background fallback on HiDPI
  • abaa1e4 mate-rr-labeler: fix font-color for dark themes
  • 2059f58 transifex: set minimum_perc and type in config file

mate-icon-theme

  • eee2a8b Enable Travis CI for all branches
  • 3e72529 Initialize Travis CI support
  • 5823371 pre-bump version
  • 2857b96 symlink input-touchpad.svg icon
  • 0ba194a add a symlink for bluetooth icon
  • 932961d add icons for touchpad
  • b4dd6b1 sync with transifex
  • 9d16e11 pre-bump version
  • 899a3e4 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 8acc799 mate: add audio-volume-off
  • b9236af Add video single and joined display symbolic svg icons
  • fbd4521 symlink input-touchpad.svg icon
  • 08cbd7e sync with transifex
  • d895041 add a symlink for bluetooth icon
  • d1adafc add icons for touchpad
  • 62293d7 mate: add audio-volume-off
  • 98c5e84 sync with transifex
  • d454349 transifex: set minimum_perc and type in config file

mate-indicator-applet

  • b8e45a5 Enable Travis CI for all branches
  • e9b6aee Initialize Travis CI support
  • eeed710 Make translatable the copyright in about dialog
  • 24efcb7 tomboykeybinder: avoid ‘gdk_error_trap_push/pop’ and ‘gdk_flush’
  • 921f460 migrate language list to po/LINGUAS file
  • 36a63e2 disable deprecation warnings for distcheck
  • ee6ac63 tomboykeybinder: avoid deprecated ‘gdk_keymap_get_default’
  • 6a3c896 pre-bump version
  • f918300 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 92472ab add travis-CI support
  • 288c314 migrate language list to po/LINGUAS file
  • 56f4d1b tomboykeybinder: avoid deprecated ‘gdk_keymap_get_default’
  • 45d7501 sync with transifex
  • b51b549 transifex: set minimum_perc and type in config file

mate-media

  • ad1f495 Enable Travis CI for all branches
  • b7d4d16 Initialize Travis CI support
  • f64fbb2 disable deprecation warnings for distcheck
  • 44967fe sync with transifex
  • be1dbeb Ignore PulseAudio “monitor” inputs when displaying mic icon
  • e06fd70 gvc-mixer-dialog.c: avoid deprecated ‘gtk_widget_override_font’
  • a52e89c pre-bump version
  • 3588909 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 778e116 add Travis-CI support
  • 4fec5a8 disable deprecation warnings for distcheck
  • 78bac2f sync with transifex
  • 12539df transifex: set minimum_perc and type in config file

mate-menus

  • 4bca866 Adjust the packages installation location
  • 6226441 enable for all branches
  • 9d1f626 initial travis-ci support
  • dcd67cc Add missing include
  • 8210880 Switch to modern realpath()
  • 96505c4 disable deprecation warnings for distcheck
  • 71e85c1 drop Python support leftovers
  • 1190fa5 fix transifex bullshit
  • 15c1f94 sync with transifex
  • 047e1d2 update version to 1.21.0
  • 6399b84 update examples
  • 524d3e4 backport from gnome-menus
  • b642c7c use G_BEGIN/END_DECLS
  • 9294083 require gio-unix, drop python example
  • edaad52 require gio-unix
  • 2b06561 drop python2 support
  • d5896d5 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 4f2519d add Travis-CI support
  • 1e2cc5d disable deprecation warnings for distcheck
  • d8ba530 sync with transifex
  • df38513 transifex: set minimum_perc and type in config file

mate-netbook

  • 288eaed Enable Travis CI for all branches
  • 7df6fe1 Initialize Travis CI support
  • 92910b6 avoid deprecated ‘gdk_error_trap_push/pop/pop_ignored’ and ‘gdk_flush’
  • 5f26a3b disable deprecation warnings for distcheck
  • c488e7e tomboykeybinder: avoid deprecated ‘gdk_keymap_get_default’
  • 4f78cde pre-bump version
  • d3e0b44 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 37844ff add Travis-CI support
  • 98c5585 disable deprecation warnings for distcheck
  • 1243c95 sync with transifex
  • 6c25a73 transifex: set minimum_perc and type in config file

mate-notification-daemon

  • e143ad5 Prepare for docker-build 0.1.1 merge into master
  • ae121af update to use archlinux/base image
  • fa47df1 Update to use the latest docker-build script.
  • 8e2df08 add debian sid to travis-CI config
  • be2d132 initial travis-CI support
  • cf5a9a1 disable deprecation warnings for distcheck
  • c586fe5 Avoid compile warning for g_type_class_add_private
  • 3f3bc54 sync with transifex
  • 73ad070 update .pot file
  • 106ec3b pre-bump version
  • 8217f2d Drop dbus-glib dependence
  • dccffbc Use GVariant
  • 960df18 Migrate from dbus-glib to GDBus
  • f26d490 Add signals, remove annotation from xml file
  • 4362bc3 Use gdbus generate files
  • 5e688bf Add new file
  • 6fd50ad Fix some gdk deprecations
  • 178eacc src/daemon/daemon.c: Replace deprecated gvfs-open call by “gio open” from libglib2.0-bin.
  • 34baf35 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • b164be0 add Travis-CI support
  • 3af2c3d disable deprecation warnings for distcheck
  • b899400 sync with transifex
  • 23fe34b transifex: set minimum_perc and type in config file

mate-panel

  • 1db7d2a Ensure proper translation of the about dialog title
  • 84c0435 Prepare for docker-build 0.1.1 merge into master
  • e0efbab Make translatable the copyright in about dialog
  • 086ca8b Use docker-build on the master branch
  • 134d947 Fix last menu with gtk_menu_popup and failure to follow panel theme
  • dacbd08 mate-panel-applet.c: replace deprecated gtk_menu_popup
  • a577926 fix make distcheck fail on debian
  • 5b873db use archlinux/base image
  • 4a6c3df Properly align button menu positions on vertical panels
  • 14fce6f Test the new docker-build
  • 15e3a68 initial travis-CI support
  • 371e3d7 fix crash on removing tray
  • c733d20 panel-action-protocol: Error if used when X11 is disabled
  • 4fe2b74 panel-force-quit: Error if used when X11 is disabled
  • db9a60c panel-xutils: Error if used when X11 is disabled
  • 00e26f7 xstuff: include GTK and GDK X11 headers, so including files don’t have to
  • ab19ac4 xstuff: add is_using_x11 ()
  • e3846eb xstuff: Error if X11 not enabled
  • 62237a6 Applets: only compile X11 applets when X11 is enabled
  • d714792 Clock: Wayland support
  • aa4754c wncklet: Error if compiling without X11 support
  • d7edd93 Notification area: error if compiling without X11 support
  • 3630b20 applet.c: Remove unused mate_panel_applet_position_menu ()
  • b57daee libmate-panel-applet: Add comments in headers to explain Wayland behavior
  • d30deb0 libmate-panel-applet: mate-panel-applet.c Wayland support
  • 8c9a517 libmate-panel-applet: Applet factory Wayland support
  • 3e4a50d libmate-panel-applet: Error if panel-plug is built without X11
  • 23e1bda libmate-panel-applet: Stop X11 specific files from building on Wayland
  • 793cc25 eggsmclient: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • ab4812a clock: set horizontal padding for clock-button
  • 3d9cfcf panel-config-global: avoid deprecated ‘g_settings_list_keys’
  • 8d7aad1 Store fish surface size to enable rendering without backend specific code
  • c4b2b33 Remove unused screen variable in fish applet
  • e7ed982 Remove X specific functions from fish applet
  • c979fdf README: don’t mention dbus-glib which is not needed anymore
  • 9935eeb Clock: Fix weather icon size selection for panel height
  • 8d0f753 Clock: ensure weather icon resizes with panel
  • 9484b05 Tray: Fix too-wide icon spacing after mate-polkit has been used w sni
  • 4c23197 clock: force no button vertical padding and margin
  • 422f7e5 disable deprecation warnings for distcheck
  • 77d343b Disallow building without X11 support
  • 0831806 Allow for enabling and disabling a backend without affecting the other
  • c13a54c Remove generated Wayland files on make clean
  • 9b8511a Replace wayland-scanner private-code option with code
  • 3e73d66 clock.c: Force negative margin, not passing on ‘clockbutton’
  • a0d3068 Link with Wayland protocols and libraries
  • b0fb7b5 Include Wayland protocol generating makefile in build system
  • 8dd32e8 Add wayland protocol generating makefile
  • d7074e3 Updated configure.ac for Wayland support
  • dc37f88 Add XDG Shell protocol xml
  • 0ea564a Add Layer Shell protocol xml
  • c50f7b3 Remove legacy X11 package detection
  • 9628efb panel-gtk: Fix memory leaks
  • 76d6eff pre-bump version
  • 22ab0e0 sync from transifex with fixes for newer itstool
  • 4302754 Use make functions for HELP_LINGUAS
  • b9bd3f6 Check if manager->proxy is NULL
  • a34f531 Migrate mate-panel from dbus-glib to gdbus
  • a73abb8 notification-area-preferences-dialog.ui: avoid GtkButton:use-stock
  • 5764886 Fix GdkSeat warning
  • 105f685 Ensure alt-F1 can show the menu even if no menu applet on panel
  • d68268a na-tray: add preferences dialog and applet menu entry
  • 10b9c30 na-tray: wide panels, add GSettings to the applet
  • c7d431d na-tray: wide panels, convert main GtkBox display to GtkGrid
  • 9bdd469 na-tray: wide panels, preliminary batch box to grid rename
  • 3f351d5 button-widget: wide panels, more suitable resize limits on Widgets and arrows
  • e4fc17c README - Add dependency list
  • 423e74c legal.xml
  • 0340a5e Clock applet help: To Adjust the System Date or Time
  • 3fd6d38 Clock applet help: Add Show week numbers in calendar
  • b7a1ac5 Clock applet help: Fix speed unit for meters per second
  • 16e6140 sync with transifex
  • f0f4c5e menu-bar: transfer focus correctly on alt-F1
  • 4c30c52 panel: avoid a critical
  • 2e35407 panel-toplevel: fix memory leak in calculate_minimum_height
  • 31930d0 applets: Guard against GTK scale-factor fixes on GtkSocket
  • 139f183 window-list: Skip setting size hints until WnckTasklist has items to show.
  • f2f4d84 applets: Fix runtime error messages
  • b37f24e mate-panel-applet: setup_x_error_handler for in-process applets too
  • a130fb0 GTK 3.23: fix applet size allocation
  • 7369482 fish: avoid deprecated ‘gtk_window_set_wmclass’
  • 9de3a86 Tray: simplify force-redraw, use code that actually works
  • 17ac8aa panel-actions: replace deprecated gtk_menu_popup
  • 8001d65 applet-context-menu: replace deprecated gtk_menu_popup
  • 81896c0 panel-context-menu: replace deprecated gtk_menu_popup
  • 3820f05 GTK 3.23: don’t cut tray icons too narrow in HiDPI mode
  • 91f9afe na-tray-child: remove na_tray_child_size_allocate
  • 0022441 panel-menu-button: replace deprecated gtk_menu_popup
  • 6bad863 na-tray-child: replace deprecated gdk_error_trap_push/pop functions
  • 7c63f61 libmate-panel-applet: replace deprecated gdk_error_trap functions
  • 20ea38d panel-xutils: replace deprecated gdk_error_trap functions
  • edb3e0d panel-util: replace deprecated gdk_flush
  • 36d1856 main: replace deprecated gdk_flush
  • 5e296c1 panel-widget: replace deprecated gdk_flush
  • c4aedbd panel-toplevel: add position css class
  • 9009c4e panel-force-quit: replace deprecated gdk_device_grab
  • cb34c54 panel-force-quit: replace deprecated gdk_error_trap functions
  • 08076de panel-force-quit: replace deprecated gdk_flush
  • b22dff4 menu.c: Fix: Keep spaces in the left if “menus-have-icons” is off
  • 5ca1fb1 Panel-gtk.c: Show menu icons only when “menus-have-icons” is set
  • 2d3406f workspace-switcher: provide themed fallback color
  • a5df21b po: bring back pt_BR to LINGUAS
  • f8cbb7b sync with transifex
  • 0c93617 update mate-panel.pot
  • 89e8e62 update mate-menus requirement
  • ac2778a panel-menu-button.c: Force use basename for compare
  • 2631577 Support new mate-menus api
  • 10b2021 Convert launcher icons to cairo surfaces
  • f775e89 fix rendering and removal of in-process applets on unexpanded panel
  • 8e196da applet.c: avoid deprecated GtkImageMenuItem
  • 83be983 limit size of panel-hide-button
  • 9893c11 clock: fix weird thing in comments
  • 3b9119b clock: fix actual copy/paste error which caused use-after-free
  • 7099408 clock: fix use-after-free
  • 74ec4df fish: Install fish animations in fish-specific directory
  • f96c4ef fish: drop wanda image from gresource
  • 8135c86 sync with transifex
  • 38dbd34 css: use parsing-error signal to warn on bad css file or image
  • 2170446 css: Convert to GResource
  • fb3abe3 na-tray: Convert to GResource
  • e1db072 wncklet: Convert to GResource
  • 1b7c43a panel: Convert to GResource
  • ee07e90 clock: Use new GdkPixbuf API to load resources
  • cfe0603 clock: Convert to GResource
  • c61d371 fish: Convert to GResource
  • b6372ca libpanel-applet: Add panel_applet_setup_menu_from_resource() API
  • 45b2541 Theme: consistent theming for applet drag handles in all themes
  • b060d2a Revert “panel-toplevel: Remove pointer boundary check in panel_toplevel_queue_auto_hide()”
  • 8670151 panel-context-menu.c: avoid deprecated GtkImageMenuItem
  • 49a3b4a avoid ‘gtk_file_chooser_dialog_new’ with stock ids
  • 8248680 update potfile
  • 15c910f Accessibility: white/black applet handles in GNOME high contrast themes
  • 50b0f8b panel-run-dialog.ui: avoid deprecated:
  • 7ebb494 fish.c: avoid ‘gtk_dialog_new_with_buttons’ with stock id
  • 33e4655 Revert “panel-run-dialog.ui: avoid deprecated:”
  • 67c1cd0 Revert “Revert “panel-test-applets.ui: avoid deprecated:”“
  • f853512 Revert “panel-test-applets.ui: avoid deprecated:”
  • d1aee5a panel-test-applets.ui: avoid deprecated:
  • 4d84a7e panel-run-dialog.ui: avoid deprecated:
  • 4d26d40 window-list.ui: avoid GtkVBox and GtkButton:use-stock
  • d3aacfe workspace-switcher.ui: avoid deprecated GtkButton:use-stock
  • 2e0a74d Theme: show applet handles on non-MATE themes
  • d3d057d panel-properties-dialog.ui: avoid GtkButton:use-stock and GtkImage:stock
  • d7ed6ff fish.ui: avoid deprecated:
  • 55d46b4 clock.ui: avoid deprecated:
  • a518a93 avoid gtk_dialog_add_buttons with stock ids
  • 3975311 fix distcheck
  • fca5e6e workspace-switcher: support i3 WM
  • 6609af3 workspace-switcher: support metacity WM
  • bc66290 Apply fix for workspace-switcher by vkareh
  • fb2abbf Fix rendering of out-of-process window list with hidpi
  • 0b15ea1 hidpi: fix tray icon spacing with window-scaling > 1
  • ff04f33 Fix out-of-process applet sizes for HiDPI
  • fa5cde3 Fix hide buttons make panel bigger
  • 6bbc333 run dialog: force icon size when loading app icon
  • 61ee811 run dialog: fix expand of content on window resize
  • f6224f1 Fix run dialog show-program-list enabling fix
  • 77be765 run-dialog: use F6 to switch between entry field and program list
  • 27e2032 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 73e025b Fix strut sizes for HiDPI multi-monitors
  • a00f2c9 Do not down-scale monitor geometries for GDK monitors
  • 87a3769 Scale monitor geometries down to device pixels to support multiple monitors in HiDPI
  • b08bc13 Drawer cleanup and fix arrow behavior
  • 8d4877d add Travis-CI support
  • 41e8a02 fix make distcheck fail on debian
  • cc33d66 Tray: Fix too-wide icon spacing after mate-polkit has been used w sni
  • bab2d5a na-tray: wide panels, convert main GtkBox display to GtkGrid
  • 5027993 na-tray: wide panels, preliminary batch box to grid rename
  • d491abc button-widget: wide panels, more suitable resize limits on Widgets and arrows
  • 0a10e4b clock: set horizontal padding for clock-button
  • f701bec Clock: Fix weather icon size selection for panel height
  • 9803059 Clock: ensure weather icon resizes with panel
  • b79d153 clock: force no button vertical padding and margin
  • 1d99f02 disable deprecation warnings for distcheck
  • 2c548d1 Tray: simplify force-redraw, use code that actually works
  • a014c7a Use make functions for HELP_LINGUAS
  • cdaf08f menu-bar: transfer focus correctly on alt-F1
  • 5b3cc79 legal.xml
  • e6e3f39 Clock applet help: To Adjust the System Date or Time
  • 01568a6 Clock applet help: Add Show week numbers in calendar
  • b1959f2 Clock applet help: Fix speed unit for meters per second
  • e7eda82 panel: avoid a critical
  • de3e05b panel-toplevel: fix memory leak in calculate_minimum_height
  • 4c8fa18 sync with transifex
  • 4bff213 pre-bump version
  • b179cad applets: Guard against GTK scale-factor fixes on GtkSocket
  • 015cc74 window-list: Skip setting size hints until WnckTasklist has items to show.
  • 19bfc3d applets: Fix runtime error messages
  • ae885fb mate-panel-applet: setup_x_error_handler for in-process applets too
  • a673336 GTK 3.23: fix applet size allocation
  • b8c0dde GTK 3.23: don’t cut tray icons too narrow in HiDPI mode
  • a5a079b na-tray-child: remove na_tray_child_size_allocate
  • 2c8de94 panel-toplevel: add position css class
  • 3e08875 sync with transifex
  • 388ed1d update mate-panel.pot
  • 5c4eb86 Convert launcher icons to cairo surfaces
  • 6e0188b fix rendering and removal of in-process applets on unexpanded panel
  • bc79584 limit size of panel-hide-button
  • 8b287d0 clock: fix weird thing in comments
  • 9ff939b clock: fix copy/paste error which caused use-after-free
  • a7dcec2 fish: Install fish animations in fish-specific directory
  • cd623c5 fish: drop wanda image from gresource
  • f51051b css: use parsing-error signal to warn on bad css file or image
  • 3db6772 css: Convert to GResource
  • 9ee6deb na-tray: Convert to GResource
  • ff613c4 wncklet: Convert to GResource
  • 6b461de panel: Convert to GResource
  • 72982f7 clock: Use new GdkPixbuf API to load resources
  • dcb6025 clock: Convert to GResource
  • 0e8b631 fish: Convert to GResource
  • 0b9863f libpanel-applet: Add panel_applet_setup_menu_from_resource() API
  • cbdb7a5 Revert “panel-toplevel: Remove pointer boundary check in panel_toplevel_queue_auto_hide()”
  • 37ae832 Accessibility: white/black applet handles in GNOME high contrast themes
  • 5f38df2 Theme: show applet handles on non-MATE themes
  • db865a1 fix distcheck
  • dd6f3f7 workspace-switcher: support i3 WM
  • 496ac68 Fix rendering of out-of-process window list with hidpi
  • 72fb2fc workspace-switcher: support metacity WM
  • 88a2442 Apply fix for workspace-switcher by vkareh
  • d02fcc5 hidpi: fix tray icon spacing with window-scaling > 1
  • a32c8da Fix out-of-process applet sizes for HiDPI
  • 976ae5c Fix hide buttons make panel bigger
  • 3ce6c33 run dialog: force icon size when loading app icon
  • 50aa81d run dialog: fix expand of content on window resize
  • dce0491 Fix run dialog show-program-list enabling fix
  • 35205a5 run-dialog: use F6 to switch between entry field and program list
  • 77fdffd Fix strut sizes for HiDPI multi-monitors
  • 06c84c7 Do not down-scale monitor geometries for GDK monitors
  • 3d15308 Scale monitor geometries down to device pixels to support multiple monitors in HiDPI
  • 13940c6 Drawer cleanup and fix arrow behavior
  • 5ea3006 transifex: set minimum_perc and type in config file

mate-polkit

  • 22de40a Enable Travis CI for all branches
  • fbbd4e9 Initialize Travis CI support
  • 5485eeb disable deprecation warnings for distcheck
  • 7469714 pre-bump version
  • 1822c79 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • ee80536 add Travis-CI support
  • e262a95 disable deprecation warnings for distcheck
  • 3ae929e sync with transifex
  • 264fefb transifex: set minimum_perc and type in config file

mate-power-manager

  • fd27849 add require packages for archlinux
  • a763309 Initialize Travis CI support
  • 5dca0aa use libtool generated during build instead of external one
  • 7badcbc disable deprecation warnings for distcheck
  • 1514a0f gpm-control: avoid deprecated ‘g_settings_list_schemas’
  • 79fe889 media-keys: always round the render coordinates for media icons
  • ed4afca media-keys: Tweak the OSD’s bright bar position
  • 2c2f966 osd-window: make the window smaller
  • a7b4e6c media-keys: Make icon smaller in OSD
  • ff8f8d3 media-keys: Use constant for icon size in OSD
  • 1a69d22 Fix spelling and grammar mistakes
  • 4dfae40 Use make functions for HELP_LINGUAS
  • b3c86df gpm-kbd-backlight: replace deprecated GDK_DEVICE_MANAGER
  • 71eb548 gpm-backlight: replace deprecated GDK_DEVICE_MANAGER
  • d5d6e8c gpm-button: replace deprecated Gdk functions
  • c569240 gpm-brightness: replace deprecated Gdk functions
  • 999651b sync with transifex
  • 5f64b12 pre-bump version
  • c4528fd inhibit: always scale icon to match panel size
  • 8e29023 Inhibit Applet: Fix excessive CPU use
  • 27482cc add missing window icon to About dialogs
  • 795df5f transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 9929aea Scale OSD size correctly on HiDPI displays (#246)
  • 8ea1469 Grammar fix
  • 570a3be add Travis-CI support
  • 61f71d4 Fix spelling and grammar mistakes
  • 2dec591 disable deprecation warnings for distcheck
  • 6ff9690 Use make functions for HELP_LINGUAS
  • 8a3e0c1 gpm-button: replace deprecated Gdk functions
  • 1ce6f4e sync with transifex
  • 9530f79 inhibit: always scale icon to match panel size
  • 306b7e2 Inhibit Applet: Fix excessive CPU use
  • 1e3fbac add missing window icon to About dialogs
  • 97163e8 Scale OSD size correctly on HiDPI displays (#246)
  • ecc330b Grammar fix
  • 96eeaff transifex: set minimum_perc and type in config file

mate-screensaver

  • f8bc365 Tx: sync with transifex
  • cd70be5 let distcheck pass on debian
  • feca97f Initialize Travis CI support
  • ee41071 Make translatable the auth-username-label in lock-dialog-default.ui
  • 11fedfe mate-screensaver-command: Support unlocking (—unlock) the screensaver via CLI.
  • 84a14f0 disable deprecation warnings for distcheck
  • 43cfc3b sync with transifex
  • dbd37df fix more GdkScreen related deprecations
  • deb9266 gs-grab-x11: replace deprecated gdk_error_trap_push/pop
  • ba96676 gs-visual-gl: replace deprecated gdk_error_trap_push/pop
  • 1bbadd3 Remove “monitor” pointer from debug information
  • ef8f73d lock-plug: Only scale lock-screen widgets on older versions of GTK
  • 0d51a73 gs-lock-plug: avoid deprecated ‘gdk_keymap_get_default’
  • 8d82e50 sync with transifex
  • bba13cb update mate-screensaver.pot
  • 0ed125f bump required version of mate-menus
  • c3807e7 support new mate-menus api
  • abaa88e Fixed some gdk deprecations
  • ce87b58 fixed gdk_flush warning
  • 675a41c transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 145663b avoid deprecated GtkStock
  • 2497b11 add Travis-CI support
  • faa8507 disable deprecation warnings for distcheck
  • e8d8b36 Remove “monitor” pointer from debug information
  • 1774853 sync with transifex
  • 465734b fix more GdkScreen related deprecations
  • 762ae73 lock-plug: Only scale lock-screen widgets on older versions of GTK
  • 6498272 sync with transifex
  • f94dbce transifex: set minimum_perc and type in config file

mate-sensors-applet

  • 707bf62 Enable Travis CI for all branches
  • 4ea376a Initialize Travis CI support
  • 2628689 Make translatable the copyright in about dialog
  • 4cbcf29 disable deprecation warnings for distcheck
  • 972866e Add NetBSD support.
  • ff7769b Use make functions for HELP_LINGUAS
  • 5bbef92 sync with transifex
  • 98da528 pre-bump version
  • f8ca6f7 Fix copyright for plugin files
  • 915bd41 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 34bc99e Add dummy plugin
  • 78ab99a UDisks2 plugin cleanup
  • 64e3232 sync with transifex
  • 39a1a8c fix save order of sensors v2
  • f876ed2 prefs-dialog: drop unneeded space in general tab
  • 5359056 prefs-dialog: set a min_width for enable_column
  • 3f54c57 prefs-dialog: use hscrollbar-policy GTK_POLICY_NEVER
  • 7e48690 fix GtkStock deprecations
  • e06917d add Travis-CI support
  • 7063811 disable deprecation warnings for distcheck
  • 9af4264 Use make functions for HELP_LINGUAS
  • 8a41f1a sync with transifex
  • 5352e3b transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 047590c sync with transifex
  • 4ebb00d fix save order of sensors v2
  • cba90be prefs-dialog: drop unneeded space in general tab
  • 15b67d2 prefs-dialog: set a min_width for enable_column
  • 34edb53 prefs-dialog: use hscrollbar-policy GTK_POLICY_NEVER

mate-session-manager

  • 7f0a938 Guard against missing systemd
  • 9e97673 Prepare for docker-build 0.1.1 merge into master
  • 2dede6b use archlinux/base image
  • 9471682 add mate-wm.desktop.in into tarball
  • db623bf Fix make distcheck fail on debian.
  • f3eb3e8 initial travis-CI support
  • 9c748b1 manager: restart user bus if last graphical session
  • 37d538e systemd: add api for detecting if this is the last session for a user
  • 409d9fc gsm: Disconnect all dbus clients when dbus is disconnected
  • 0f4afbb manager: don’t wait for all clients to exit before exiting
  • 2daa4af [gsm-autostart-app] Migrate from dbus-glib to gdbus
  • 90346cd gsm-app-dialog: make the seconds translatables in the spinbutton
  • 5c2ea73 disable deprecation warnings for distcheck
  • fbd7aa8 change app startup dalay where it in system path
  • 6f1578f Remove X-GNOME-Autostart-Delay support
  • 0e2eb8a Add a delay setting to Startup Manager
  • 34ef232 gsm-properties-dialog: avoid ‘gtk_dialog_add_buttons’ with stock ids
  • 7cd2ccc avoid ‘gtk_dialog_add_button’ with stock ids
  • 717a8f9 mate-session-save: show icon in error dialog
  • f1427f0 Migrate from dbus-glib to gdbus
  • 413050e Migrate from dbus-glib to gdbus
  • f20dad8 session-properties.ui: avoid deprecated GtkImage:stock
  • ef7100c gsm-inhibit-dialog.ui: avoid deprecated GtkVBox
  • c8cb269 session-properties.ui: avoid deprecated:
  • 7b99ea5 gsm-manager: avoid deprecated ‘g_settings_list_schemas’
  • 6b7875b Avoid compile warning for g_type_class_add_private
  • bdec713 Avoid compile warning for g_type_class_add_private
  • f3e8cce Avoid compile warning for g_type_class_add_private
  • 6934f93 Avoid compile warning for g_type_class_add_private
  • 582bcba Avoid compile warning for g_type_class_add_private
  • 851d9fe Avoid compile warning for g_type_class_add_private
  • 7df5759 Only show application name when run with —version
  • f96eb6b Strip outer single quotes from string value returned by gsettings in mate-wm script.
  • 8f35c04 replace deprecated gdk_error_trap functions
  • a4540f2 Fixed typo in —logout-dialog option
  • 4dd5902 sync with transifex
  • 6883912 pre-bump version
  • e10df32 Fix broken link in man pages
  • 61b1c0b transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 91c840f avoid deprecated GtkStock
  • 9509073 add Travis-CI support
  • 8ceb3a0 add mate-wm.desktop.in into tarball
  • 5a20027 Fix make distcheck fail on debian.
  • b5598ac disable deprecation warnings for distcheck
  • 05bfead Fixed typo in —logout-dialog option
  • 65c9e10 sync with transifex
  • 2b6b543 Fix broken link in man pages
  • 9555a9c transifex: set minimum_perc and type in config file

mate-settings-daemon

  • 8c36ec4 Prepare for docker-build 0.1.1 merge into master
  • 631481c use debian.sh on master branch
  • 5919cb0 fixed make distcheck on debian
  • 5081e8f fix archlinux build on travis
  • 44844fc Initialize travis support
  • 667c390 disable deprecation warnings for distcheck
  • c19fce3 media-keys: Execute default calculator application defined by schema
  • 2830e71 media-keys: Add microphone mute key support
  • 3e77bd1 msd-xrdb-manager: realize the widget
  • b2f3af2 media-keys: Make sound changes quiet with Alt
  • 0fdb1cd msd-xrdb-manager.c: avoid deprecated ‘gtk_widget_ensure_style’
  • 4434365 media-keys: always round the render coordinates for media icons
  • e7222d9 media-keys: Tweak the OSD’s volume bar position
  • f5ae497 osd-window: make the window smaller
  • 8ec1bf0 media-keys: Make icon smaller in OSD
  • bda6d7a media-keys: Use constant for icon size in OSD
  • 4a54f68 media-keys: Add test for display switch OSD icons
  • d8eabb8 media-keys: Add support for display switch OSD
  • 62299ac media-keys: Don’t show a level when muted
  • 5eb0645 fix running distcheck
  • 2c5286d sync with transifex
  • 6b00f4c media-keys: Add test for rfkill OSD icons
  • 3c54357 media-keys: Add label for the touchpad OSD
  • 9e7a567 media-keys: Add labels for the rfkill OSD
  • ea4ab83 media-keys: Remove unuseful show_level argument in msd_media_keys_window_set_action_custom
  • 4971d19 media-keys: Remove test for screen brightness OSD icons
  • 21469f2 media-keys: Add support for Killswitch media keys
  • 2b528ed rfkill: Add RFKill support plugin on Linux systems
  • 765208e Add shortcut to start mate-control-center
  • 11f25cd pre-bump version
  • c33458f media-keys: Add test for touchpad OSD icons
  • 7c5d340 media-keys: Remove touchpad OSD icons and use theme’s instead
  • 45de88e media-keys: Simplify touchpad OSD
  • 193f3fb media-keys: Add support for XF86TouchpadOn/Off
  • b761b23 Add support for org.mate.accessibility-keyboard.stickykeys-latch-to-lock
  • 3c9e5dd Xrandr:remove an unused function
  • e0b7a6b daemon: fix a memory leak
  • 763db9d daemon: Stop using deprecated GSettings API
  • 0d4ec03 require mate-desktop-1.21.1
  • 654d96e xsettings: add setting to enable/disable primary paste from middlemouse
  • 66b5931 xsettings: replace deprecated gdk_error_trap_push/pop
  • 03368ab xrandr-manager: replace deprecated gdk_error_trap_push/pop
  • fb9e750 mouse-manager: replace deprecated gdk_error_trap_push/pop
  • cfe1160 media-keys-manager: replace deprecated GdkDeviceManager
  • d68a31d keyboard-manager: replace deprecated gdk_error_trap_push/pop
  • 68df93b clipboard-manager: replace deprecated gdk_error_trap_push/pop
  • 3431355 background-manager: replace deprecated GDK functions
  • 7d65c47 a11y-keyboard-manager: replace deprecated gdk_error_trap_push/pop
  • 6ae456c msd-input-helper: replace deprecated gdk_error_trap_push/pop
  • 3fe98d7 plugins: avoid deprecated ‘gdk_keymap_get_default’
  • e60080f sync with transifex
  • 842ba62 update m-s-d.pot
  • 6d92e9c xrandr-applet-popup: add an icon for configuration item
  • 3cfc8b5 xrandr-applet-popup: add item to mirror displays
  • 4e412a5 bump m-s-d requirement
  • 74f284c bump version
  • 0034a56 Make setting QT_SCALE_FACTOR optional.
  • 01b8f12 xrandr-applet-popup: dim menuitems for disabled monitor
  • 409c8d8 xrandr-applet-popup: enable turning monitors on an off
  • 05d1d3c xrandr-applet-popup: show icon only if “menus-have-icons” is not turned off
  • 0630644 xrandr-applet-popup: handle Greybird (etc) XFCE themes
  • 2aa4cec Xrandr-applet-popup: Special case the GNOME themes for black text on monitor labels
  • 7bc681f xrandr-applet-popup: remove draw callback
  • 0ca8f6d xrandr:fix indent
  • 6bc54f1 xrandr-applet-popup: allow themes to override monitor label colors
  • c6f5693 xrandr-applet-popup: add a border to colored monitor labels
  • fff8a2f xrandr-applet-popup: use colored bg again in monitor labels
  • 57b6fa4 xrandr applet popup: add monitor icons to monitor label menuitems
  • a386cd6 xrandr-applet: add a style class for menuitems
  • 0f32717 xrandr-applet: drop non-working bg from menu
  • 2674157 xrandr-applet: don’t hard code label colors in menu
  • 2ae546b Support background fallback on HiDPI
  • b60a6c8 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • d036879 Prevent media-keys bindings from swallowing modifier keys
  • 705b5d1 Scale OSD size correctly on HiDPI displays (#212)
  • 3e6987b add Travis-CI support
  • 77eb37d disable deprecation warnings for distcheck
  • 01c346f sync with transifex
  • c54a0a2 bump mate-desktop requirement
  • bbbc909 Make setting QT_SCALE_FACTOR optional.
  • 4efc6a4 Support background fallback on HiDPI
  • a996cd9 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • b5cb3e0 Prevent media-keys bindings from swallowing modifier keys
  • 982a89b Scale OSD size correctly on HiDPI displays (#212)

mate-system-monitor

  • ee025a6 Enable Travis CI for all branches
  • 0523541 Initialize Travis CI support
  • 2eec5c4 Ensure proper translation of the about dialog title
  • acd6123 License text in About dialog
  • 9fa6ae5 Make translatable the copyright in about dialog
  • 0cd2493 Update Catalan screenshot
  • 779f22e Help - Priority preset values, including custom value
  • 12959ae procman: avoid deprecated ‘g_settings_list_keys’
  • b359baf disable deprecation warnings for distcheck
  • b991397 move appdata to metainfo directory
  • 8b1c92d interface: avoid deprecated gtk_menu_popup
  • 7ecf16d Avoid compile warning for g_type_class_add_private
  • ad26a19 Fix grammar mistake & gui label
  • 3575449 Use make functions for HELP_LINGUAS
  • 515a338 sync with transifex
  • d182b1c pre-bump version
  • 5b1f551 fix crash on systems with pid 0
  • f411042 update resource for translations
  • cd4f735 Update interval text in resources tab corrected
  • 7688aa2 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 36bcd30 avoid deprecated GtkStock
  • 386aac5 add Travis-CI support
  • 5a0ab35 Update Catalan screenshot
  • b12ad42 Help - Priority preset values, including custom value
  • 2bf87c9 disable deprecation warnings for distcheck
  • b78db67 move appdata to metainfo directory
  • a0f01c5 Fix grammar mistake & gui label
  • 05fd8e6 Use make functions for HELP_LINGUAS
  • 533eeba sync with transifex
  • 103d530 fix crash on systems with pid 0
  • d8673c6 update resource for translations
  • 9e4476e Update interval text in resources tab corrected
  • 892030f transifex: set minimum_perc and type in config file

mate-terminal

  • 4bd3e7c Enable Travis CI for all branches
  • b3ed723 Initialize Travis CI support
  • d30504d Remove unused files in help dir
  • a15f737 Remove generated files
  • 7fc129f Add update-authors.pl which helps to update terminal.about
  • fb2f2e8 Update authors
  • 7ab20eb Update Documenters
  • 550b622 drop umtp support
  • 69f4814 Help - Window title when MATE Terminal is started for first time
  • d07810d Help - alternative text for tabbed window picture
  • b0c0b20 Help - TERM=xterm-256color
  • f4bb742 eggsmclient: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • 29536a9 src/terminal-screen.c: Set TERM to ‘xterm-256color’ (instead of just ‘xterm’). This provides 256 colors terminal application support.
  • 000df06 move appdata to metainfo directory
  • b226aa4 disable deprecation warnings for distcheck
  • 3a145a7 terminal-profile: Fix memory leaks
  • 3ff3f27 terminal-screen: avoid deprecated ‘g_settings_list_schemas’
  • 2260170 Use make functions for HELP_LINGUAS
  • d6efb07 Replace -Dokumentationsprojekt with Documentation Project
  • 9081ba9 terminal-window: Fix warnings with menu popup
  • 7958d12 terminal-window: replace deprecated gtk_menu_popup
  • 7b6ba04 sync with transifex
  • 078d0b1 term-screen: avoid deprecated ‘gtk_style_context_get_background_color’
  • 7708278 terminal-screen: avoid deprecated ‘vte_terminal_spawn_sync’
  • 82e48ff terminal-window: avoid deprecated ‘vte_terminal_copy_clipboard’
  • a25437c pre-bump version
  • c4cedf7 Revert “fix setting transparency issue when used in GNOME3
  • 54558c5 terminal-window: Fix: Session dbus daemon saturated
  • e1b834a fix setting transparency issue when used in GNOME3
  • dbea928 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 43897cf terminal-app: avoid gtk_dialog_add_buttons with stock ids
  • 90f1e19 avoid deprecated GtkStock
  • 2910ba6 add Travis-CI support
  • a1bab86 Help - Window title when MATE Terminal is started for first time
  • 4c24f9c Help - alternative text for tabbed window picture
  • 8084ec4 Help - TERM=xterm-256color
  • 4f89d21 src/terminal-screen.c: Set TERM to ‘xterm-256color’ (instead of just ‘xterm’). This provides 256 colors terminal application support.
  • 82c02f8 move appdata to metainfo directory
  • acf0c5d disable deprecation warnings for distcheck
  • ac89c5a Use make functions for HELP_LINGUAS
  • ccb0007 Replace -Dokumentationsprojekt with Documentation Project
  • 9edc6bc sync with transifex
  • 02d300b terminal-window: Fix: Session dbus daemon saturated
  • b84724d transifex: set minimum_perc and type in config file

mate-user-guide

  • a1f2703 Fix version to 1.22
  • 25ffe55 help: update copyright
  • ee873c2 Upgrade the manual to docbook 5.0
  • 5377ea8 Enable Travis CI for all branches
  • c5a6aa9 Initialize Travis CI support
  • 8d2d856 translate turkish language again
  • a87c7ca sync with transifex
  • 4a8dbc8 add autogen.sh to Extra_dist
  • 5c87f57 sync with transifex
  • de07670 Use make functions for HELP_LINGUAS
  • 408b7c8 update instructions for editing keyboard shortcuts
  • 5e2b4c3 added keyboard shortcut for showing hidden files
  • fed78ef Systems without dconf profiles
  • 3fcf0e2 dconf settings storage system
  • f744124 transifex: /mate-user-guide/mate-user-guide.pot updated
  • 33fea23 Remove extra char
  • acb4d76 GNOME Media is deprecated: remove gstreamer-properties
  • 1ab5f83 Replace -Dokumentationsprojekt with Documentation Project
  • ac6c437 Virtual filesystem in Unix-like operating systems
  • 4b9848a Remove full stop (period) in title ending
  • 89f3ec6 Remove unused screenshots
  • e4e988b Add Catalan screenshot - caja_restore_saved_search
  • 265982e Add Catalan screenshot - caja_always_use_browser.png
  • 4910cce Fix spelling and grammar mistakes
  • c6b20b5 Remove menu_panel.png
  • a5fa736 Show MATE logo in menu panel
  • f7d047a fix installation
  • 95b316d pre-bump version
  • e877fe8 Resize screenshot
  • ef40ed2 Browser mode is the default in MATE
  • 816f751 Add Catalan screenshots
  • c2d1876 Fix figure title - search bar
  • af75d38 sync with transifex
  • f49bb03 pre-bump version
  • 2646a7c transifex: add mate-user-guide-content
  • baf7c04 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • cdf9782 add Travis-CI support
  • 7cc5593 sync with transifex
  • 27854eb sync with transifex
  • cc43baf add autogen.sh to Extra_dist
  • f90d157 Use make functions for HELP_LINGUAS
  • c2750bb update instructions for editing keyboard shortcuts
  • 225e736 added keyboard shortcut for showing hidden files
  • cd1e5e1 Systems without dconf profiles
  • a7fc8df dconf settings storage system
  • 6a21e17 Remove extra char
  • 4deb4a8 GNOME Media is deprecated: remove gstreamer-properties
  • 1693760 Replace -Dokumentationsprojekt with Documentation Project
  • 67e0411 Virtual filesystem in Unix-like operating systems
  • ca99a5c Remove full stop (period) in title ending
  • f1a6c23 Remove unused screenshots
  • 69f9195 Add Catalan screenshot - caja_restore_saved_search
  • 44b7e77 Add Catalan screenshot - caja_always_use_browser.png
  • 98ade62 Fix spelling and grammar mistakes
  • d886cf5 Remove menu_panel.png
  • b8ddf92 Show MATE logo in menu panel
  • 35012e9 fix installation
  • 8e749aa Resize screenshot
  • e386194 Browser mode is the default in MATE
  • 72b3f44 Add Catalan screenshots
  • db82577 Fix figure title - search bar
  • f2ff3cc fix LINGUAS
  • 787d11a user-guide-content: fix a few xml syntax errors
  • 3b8dd88 sync with transifex
  • 3a78834 transifex: add mate-user-guide-content
  • 446141e transifex: set minimum_perc and type in config file

mate-user-share

  • 626657a Use the same legal.xml file
  • b52e5e5 Initialize Travis CI support
  • 064c2ba caja-share-bar: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • 4602ece drop obsolete configure option from distcheck
  • 9ecc673 Use make functions for HELP_LINGUAS
  • 5545476 disable deprecation warnings for distcheck
  • 8fd39d4 file-share-properties.ui: avoid deprecated:
  • 4e4027f pre-bump version
  • 6506a3b transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 1c7aea8 add Travis-CI support
  • c1ec1ac drop obsolete configure option from distcheck
  • e48d551 Use make functions for HELP_LINGUAS
  • 0d75dab disable deprecation warnings for distcheck
  • fc934b7 sync with transifex
  • 6bfba36 transifex: set minimum_perc and type in config file

mate-utils

  • 0dd612b Initialize Travis CI support
  • f2c1234 Make translatable the copyright in about dialog
  • 879a0cf enable translations for [email protected] again
  • a6a07e7 help - bump docbook 4.5
  • 7f71199 eggsmclient: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • 846b61f move appdata to metainfo directory
  • e57612b search-tool: disable translations for [email protected]
  • 39a73e9 disable deprecation warnings for distcheck
  • 0c174e7 Use make functions for HELP_LINGUAS
  • eeccbf6 Tx: simplify source generation and update them
  • 6f9f947 Replace -Dokumentationsprojekt with Documentation Project
  • 2f8d89d mate-dictionary: Fix memory leak
  • 6333405 Fix spelling and grammar mistakes
  • d58400c search-tool: replace deprecated gtk_menu_popup
  • fec8113 screenshot: replace deprecated gdk_flush
  • 8f7ec5e dictionary: replace deprecated gdk_flush
  • 3a9e118 dictionary: replace deprecated gtk_menu_popup
  • c0800ef dictionary: Replace deprecated GtkFontButton accessors
  • 1a5e0dd disk-usage-analyzer: replace deprecated gtk_menu_popup
  • 360512a Update Catalan screenshots of mate-dictionary
  • ecb6203 Add Catalan screenshots
  • 9d98cf2 Baobab help: Terminal command updated to ‘mate-disk-usage-analyzer’
  • 8f04ddd baobab-chart: avoid deprecated ‘gtk_style_context_set_background’
  • 5fbfca9 gsearchtool: avoid deprecated ‘gtk_window_set_wmclass’
  • 3c72131 sync with transifex
  • a613d00 pre-bump version
  • 5cfaaf3 Add support for non-interactive screenshot directly to clipboard
  • 7f98287 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 70a6011 avoid deprecated GtkStock
  • 1e9dbc5 add Travis-CI support
  • 473550f enable translations for [email protected] again
  • 4b6a269 help - bump docbook 4.5
  • a183245 move appdata to metainfo directory
  • 98499a0 search-tool: disable translations for [email protected]
  • 106f3e7 disable deprecation warnings for distcheck
  • 8c38ae6 Use make functions for HELP_LINGUAS
  • c4dc6a6 Replace -Dokumentationsprojekt with Documentation Project
  • 443e6fa Fix spelling and grammar mistakes
  • 78cd274 Add Catalan screenshots
  • c4875f6 sync with transifex
  • 9a7733d transifex: set minimum_perc and type in config file

mozo

  • ffe5e71 Fix creating new menus and items
  • 30caedb Fix moving a menu corrupting the menu
  • ae480e9 Fix menu entry can not move
  • ae538cd Enable Travis CI for all branches
  • d8590dc Initialize Travis CI support
  • 2bb36d0 disable deprecation warnings for distcheck
  • 2512b76 sync with transifex
  • 04cfe51 update mozo.pot
  • a9fb1f7 drop acinclude.m4 which is not needed anymore
  • af19983 Support new mate-menus api
  • 80873ff just reindent python code
  • eb798b5 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • cc744aa Fix drag & drop of menus
  • 7c03832 add Travis-CI support
  • 10f3924 disable deprecation warnings for distcheck
  • 4737e00 sync with transifex
  • dbae4a6 transifex: set minimum_perc and type in config file

pluma

  • cfe2c64 help: update copyright
  • 396fe5a Use ITS in docbook article info, validate with dbits schemas
  • 82638e2 Upgrade the manual to docbook 5.0
  • fddace2 Add update-authors.pl script which helps to update pluma.about
  • a56d506 Read authors (updated) from pluma.about file
  • e27a451 show enchant version when configure
  • 73e0a82 Replace the deprecated enchant_dict_add_to_pwl with enchant_dict_add.
  • 87df43f Fix build fail on Archlinux
  • 1d86958 Make translatable the documenters in the about dialog
  • 861db5e Ensure proper translation of the about dialog title
  • e4f88d7 initial travis support
  • 068a1b7 Add License button in About Pluma dialog
  • 6cdce0a Make translatable the copyright in about dialog
  • 7c519e1 Update Documenters
  • 8e08ede remove type & url attr of ulink in translation
  • f64c037 remove deprecated help section: Opening a File from a URI
  • 68fc438 eggsmclient: avoid deprecated ‘g_type_class_add_private’
  • 2b00f65 addresses #391 - gets snippet window size before destroying it
  • 71daf90 simple bug fix of misplaced underscore
  • 94b3061 disable deprecation warnings for distcheck
  • eb0cc59 move appdata to metainfo directory
  • f8a009b pluma-utils: Fix memory leak
  • e8cbd69 pluma-window: Fix memory leaks
  • b29b045 sync with transifex
  • effba35 Use the same legal.xml file
  • 81b480b Use make functions for HELP_LINGUAS
  • 4ba0265 Refer to the strftime(3) man page for more information…
  • c4cec0e Refer to the pluma(1) man page for more information…
  • 2cd75f9 Remove unused screenshots
  • 50c3b34 Fix spelling and grammar mistakes
  • 559328b help: fix help links
  • 763cc8c Use actual pluma screenshot for Catalan
  • b6220de Use actual pluma screenshot
  • ed8910b Fix spelling and grammar mistakes
  • 7e110fa prefs-manager: silent some build warnings
  • 18eb46c fix a few introspection and doc warnings
  • 239f0d3 Fix search backwards with regex
  • 813e1ff pluma-document: fix possible memory leak
  • 4d26225 pluma-view: Fix: Don’t lose the PRIMARY clipboard
  • 4a74dc6 pluma-document: Fix: don’t crash using files with ‘bom’
  • bc64980 make the ‘close confirmation dialog’ bigger with multiple files
  • b52da1a pluma-view: Fix: unexpectedly switch between tabs
  • 320a44d close-confirmation-dialog: Fix: don’t resize the dialog unexpectedly
  • 957fc58 pluma-sort-plugin: avoid extra empty line
  • ca00615 pluma-view: Fix bold and italic fonts in menus
  • eb7a39b spell plugin: Autocheck spelling with [control + F7]
  • 03238f8 add the option to hide the first tab if there is only one tab
  • 323d3a3 notebook: drop unused ‘pluma_notebook_set_always_show_tabs’
  • 06d6e5d pluma-view: Fix possible memory leak
  • d3757df pluma-view: use static variables for cssprovider and settings
  • b2ca8c4 pluma-view: sync the font in context-menu with gsettings key
  • f952be3 pluma-window: make sure some resources are freed
  • 98edfd3 add the ability to switch tabs using [ctrl+tab] and [ctrl+shift+tab]
  • 9fa3649 pluma-view: Fix font in context menu
  • e451bfe pluma-view: pluma_override_font: add the provider only one time
  • 8f3b1d6 pluma-view: Fix: Bold and Italic fonts don’t work
  • c2dec6d sync with transifex
  • be05278 pluma-utils.c: avoid deprecated ‘gdk_error_trap_push/pop’
  • 924beb5 pluma-notebook: avoid new file with double click in vertical scrollbar
  • 3742ba4 pluma-notebook: avoid new file with double click in forward arrow button
  • f6f9fdc pluma-notebook: Fix: unexpected behavior with dnd selected text
  • 12e55b6 pluma-view: Fix: unexpected behavior with dnd under line numbers
  • 72edb5d pluma-notebook: pass event to gdk_seat_grab
  • 28de7bc pluma-window: use gtk_menu_popup_at_widget for GtkNotebook
  • 8b793f4 pluma-utils: remove unused ‘pluma_utils_menu_position_under_tree_view’
  • 49f8520 avoid deprecated ‘gtk_menu_popup’
  • 4d80780 pluma-print-preview: Fix weird behavior with mouse buttons
  • cced651 Fix: Pluma crashes with mouse wheel over a tab
  • d6d1cdb pluma-notebook.c: avoid deprecated ‘gdk_pointer_ …’ functions
  • 7b7cd3f pluma-notebook.c: avoid deprecated ‘gdk_window_at_pointer’
  • 0bc141e avoid deprecated ‘gtk_dialog_get_action_area’
  • 310bfc2 pluma-view.c: avoid deprecated ‘gtk_widget_override_font’
  • a3dfb66 avoid deprecated ‘gtk_font_button_set/get_font_name’
  • a28da51 pluma-view.c: Fix: GtkCheckMenuItem “Display line numbers” improved
  • 7c692bd pluma-file-browser-widget.c: avoid deprecated GtkImageMenuItem
  • 6ab8350 error-message-area: avoid ‘gtk_info_bar_new_with_buttons’ with stock id
  • 1eb3e78 avoid ‘gtk_info_bar_add_button’ with stock ids
  • 4c0af0c update potfile
  • 4de5f87 avoid ‘pluma_file_chooser_dialog_new’ with stock ids
  • ac1a336 avoid ‘gtk_file_chooser_dialog_new’ with stock id
  • 766c5b5 pluma-time-plugin.c: avoid ‘gtk_dialog_new_with_buttons’ with stock id
  • 15f06ce avoid ‘gtk_dialog_add_buttons’ with stock ids
  • 3061bc9 spell-checker.ui plugin: avoid deprecated:
  • ff705d7 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • 92b4a13 sort.ui plugin: avoid deprecated:
  • ea3be53 pluma-time-setup-dialog.ui plugin: avoid deprecated:
  • 6b9d287 pluma-time-dialog.ui plugin: avoid deprecated:
  • d82591f Fix make distcheck
  • 3858a43 some adjustments for pluma-spell-setup-dialog.ui
  • f248f85 pluma-spell-setup-dialog.ui plugin: avoid GtkRadioButton:xalign
  • e461fc8 pluma-search-dialog.ui: avoid deprecated GtkButton:use-stock
  • 904baaa pluma-preferences-dialog.ui: avoid GtkButton:use-stock / GtkImage:stock
  • a29f740 pluma-encodings-dialog.ui: avoid GtkButton:use-stock
  • 2b86db3 externaltools plugin: outputpanel.ui: avoid GtkHBox and GtkVButtonBox
  • 028fb44 spell plugin: languages-dialog.ui: avoid deprecated:
  • b23add8 docinfo.ui plugin: avoid GtkVBox, GtkHBox, GtkLabel:xpad/ypad & GtkTable
  • c43e5ef plugins: docinfo.ui: avoid GtkButton:use-stock and GtkImage:stock
  • 6d7a076 spell plugin: pluma-spell-setup-dialog.ui: avoid deprecated:
  • a674f90 python console: config.ui: avoid GtkButton:use-stock
  • ed34d92 Make notebook tabs scrollable
  • 1d82cc7 avoid deprecated GtkButton:use-stock
  • 12e54c4 Fix warning with external tools plugin
  • 2217a02 avoid deprecated GtkStock
  • 3309e0f add Travis-CI support
  • edae22f show enchant version when configure
  • 433317a Replace the deprecated enchant_dict_add_to_pwl with enchant_dict_add.
  • 50a3efc Fix build fail on Archlinux
  • e7c0390 remove type & url attr of ulink in translation
  • 1e66176 remove deprecated help section: Opening a File from a URI
  • deda824 disable deprecation warnings for distcheck
  • 57d0d30 move appdata to metainfo directory
  • 4b6ee7f Use the same legal.xml file
  • ce2921c Use make functions for HELP_LINGUAS
  • 9d4d394 Refer to the strftime(3) man page for more information…
  • c6c1cc5 Refer to the pluma(1) man page for more information…
  • fe12f7e Remove unused screenshots
  • f974363 Fix spelling and grammar mistakes
  • 4bb323b help: fix help links
  • 7339842 Use actual pluma screenshot for Catalan
  • 1823043 Use actual pluma screenshot
  • a8ac68d Fix spelling and grammar mistakes
  • efc1b02 pluma-view: Fix: unexpectedly switch between tabs
  • 315ab11 close-confirmation-dialog: Fix: don’t resize the dialog unexpectedly
  • 9cb7cae pluma-sort-plugin: avoid extra empty line
  • 7a65b67 sync with transifex
  • 79f71d7 pluma-notebook: avoid new file with double click in vertical scrollbar
  • ea60fd3 pluma-notebook: avoid new file with double click in forward arrow button
  • 651a268 pluma-view: Fix: unexpected behavior with dnd under line numbers
  • 841ad2d pluma-print-preview: Fix weird behavior with mouse buttons
  • ffd69ab Fix: Pluma crashes with mouse wheel over a tab
  • d7a6b50 pluma-view.c: Fix: GtkCheckMenuItem “Display line numbers” improved
  • 4212ffa Make notebook tabs scrollable
  • 5b67394 transifex: set minimum_perc and type in config file

python-caja

  • 00f7530 fix distcheck when use python3
  • 25a6c2a use PYTHON=python3 environment variable for building
  • fd8e389 Enable Travis CI for all branches
  • a5aeb40 Initialize Travis CI support
  • 7842b86 Examples: remove use of Python 2/3 incompatible urllib/urlparse.
  • 05c5dd5 Report effective Python version and library location at the end of configure
  • 98f55b6 docs: fix remaining incompatibility with Python 3
  • d349766 Fix Python 2 INT_ASLONG function.
  • 7c4ff1a Include Python 3 ABI flags in shared library name.
  • 855e612 Make Python statements compatible with version 2 and 3.
  • 047c35b Implement Python 3 C API compatibility using conditional and macros.
  • 1eeb215 Allow to “make dist” without building the docs.
  • ef861e9 Fail to build if some referenced symbol cannot be resolved at link time.
  • 6447d7c Modernize examples
  • fc99cc4 disable deprecation warnings for distcheck
  • 8b82241 pre-bump version
  • ba72b87 transifex: set minimum_perc and type in config file
  • acb28d1 add Travis-CI support
  • deed071 Run fixxref.py with python2
  • a9c2545 disable deprecation warnings for distcheck
  • 7ff7438 sync with transifex
  • 27019fc transifex: set minimum_perc and type in config file

MATE 1.20 を公開しました

11 ヶ月の開発期間を経て、MATE デスクトップチームは MATE デスクトップ 1.20 のリリースを公表しました。このリリースを可能にしていただいた全ての MATE 貢献者の方々に感謝します。

about

MATE 1.20 で新しくなったこと

このリリースの課題は、廃止されたコードを置き換え、コードベースの大部分を近代化することによって、MATE デスクトップを安定させることでした。また、ウィンドウマネージャ (Marco) を改善し、HiDPI のサポートを追加しました。その過程で、何百もの不具合を修正しました。

MATE デスクトップ 1.20 の主な変更点は次のとおりです。

  • MATE デスクトップ 1.20 は、動的な検出とスケーリングによる HiDPI ディスプレイをサポートします。
    • Qt アプリケーションのための HiDPI ヒントも、クロスツールキット統合を改善するために環境へプッシュされます。
    • HiDPI モードを切り替えると、動的なサイズ変更とスケールが生じるので、ログアウトやログインは必要ありません。
  • Marco は現在、もし利用可能であれば DRI3 と XPresent をサポートします。
    • Marco 使用中のゲームのフレームレートが大幅に向上しています。
  • Marcoは、quadrant ドラッグウィンドウのタイリングをサポートするようになりました。カーソルキーを使用して Alt + Tab スイッチャが操作可能になり、キーボードショートカットを使用してウィンドウを別のモニタへ移動できるようになりました。
  • グローバルメニューのサポート vala-panel-appmenu などのプロバイダが追加されました。
  • MATE パネルは Status Notifier Items (SNI) のサポートを大幅に改善しました。
  • ブックマークが GTK3+ ロケーションをサポートするようになりました
  • MATE 端末は、背景画像をサポートし、Solarized テーマとキーバインディングを切り替えタブに追加しました。
  • 文書ビューアの Atril は、大規模なオーバーホールを受けたので、あらゆる点で改善されています。すべてが良くなりました。
    • 特に、視覚障害のあるユーザに対する操作支援サポートが大幅に改善されました。
    • キャレットナビゲーションを追加しました。
  • MATE アプレットから Invest アプレットが削除されました
    • Yahoo が提供するこの API は廃止されましたが、評判の良い代替品がありません。
  • パネルアプレットのサイズが、表示されている単位に基づいて正しく設定されるようになりました。また、多くのグラフが動的にスケールされます。
  • MATE のテーマは大幅に改善されたので、GTK 3.22 で公開されたすべてのスタイルクラスを完全に実装します。
  • Engrampa 書庫マネージャは、暗号化された 7z アーカイブのサポートを向上しました。
  • MATE センサーアプレットが (ようやく) udisks2 をサポートします。
  • OpenBSD 認証は MATE スクリーンセーバでサポートされていて、Atril の minizip はより多くの BSD バリアントをサポートしています。
  • 翻訳が更新されました。翻訳者のチームに感謝します!
  • また、ディストリビューションのメンテナーの方々にとっては、GTK3+ と GLib の最低要件に行き当たりました。
    • MATE デスクトップ 1.20 をビルドするためには、GTK3.22 と GLib2.50 またはそれ以降が必要です。
  • Wayland ログには Wayland への言及がいくつかあるかもしれませんが、あまり興奮しないでください。それはあなたが考えているようなことではありません :-)

MATE デスクトップ 1.20 の各種コンポーネントは、次の場所からダウンロードできます。

Changelog 変更点

変更点の詳細は以下のとおりです。

mate-desktop 1.20.0

  • ウィンドウのスケーリングファクターに gsettings を追加
  • 最小 GLib バージョンの追加チェックを削除
  • < gtk+-3.22 ビットを削除し、必要な gtk+ バージョンを引き上げ
  • schema: can-change-accels キーを削除。GTK+3 では動作しません。
  • WidthOfScreen と HeightOfScreen の実装
  • MateAboutDialog の削除
  • mate-about: libunique 参照の残りを削除
  • mate-about: GtkAboutDialog への切り替え
  • gtk3.22: 非推奨の gdk_screen_get_monitor 機能を回避:
  • 非推奨の gdk_screen_get_width/height を回避
  • mate-desktop-item: mate-about: 非推奨の gtk_show_uri を回避
  • mate-about: 非推奨の gtk_show_uri を回避
  • 非推奨の gdk_screen_get_n_monitors を回避
  • 非推奨の gdk_screen_make_display_name を回避
  • 非推奨の gdk_screen_get_number を回避
  • man mate-about のわずかな不正確さを修正
  • mate-colorsel.c 内の壊れたフォールバックカーソルを修正
  • mate-colorsel: 非推奨の GTK_STOCK_COLOR_PICKER を使用中止
  • グローバルメニューのサポートを追加
  • 翻訳の更新

mate-user-guide 1.20.0

  • 翻訳の更新

libmatekbd 1.20.0

  • < gtk+-3.22 ビットを削除し、必要な gtk+ を引き上げ
  • WidthOfScreen と HeightOfScreen の実装
  • matekbd-status: ステータスバーアイコン作成時の Gdk-CRITICAL 警告を修正
  • gtk 3.22: 非推奨の gdk_screen_get_monitor 関数を回避
  • 非推奨の gdk_screen_get_width/height を回避
  • 非推奨の gdk_screen_get_number を回避
  • matekbd-indicator: 拡張しない
  • matekbd-indicator: 非推奨のgdk_cairo_createを使用しない
  • GtkIconInfo の奇妙な振る舞いを修正
  • matekbd-indicator: 非推奨の GtkAlignment を使用中止
  • keyboard-drawing: css の名前を matekbd-keyboard-drawing に設定
  • キーラベルのフォントサイズを少し拡大
  • matekbd-keyboard-drawing: ダブルバッファリングを設定を解除しない
  • matekbd-keyboard-drawing: XkbGetKeyboard() 失敗時に対処
  • matekbd-keyboard-drawing: gtk+keynav がフォーカスを奪うのを防止
  • イントロスペクションの警告を修正
  • show-layout.ui: 非推奨のウィジェットの使用中止
  • UI: kbdraw を垂直方向に拡張
  • 翻訳の更新

libmateweather 1.20.0

  • 場所: ポーランド共和国ラドム市を追加
  • 場所: ジュコフスキー空港を追加 (ロシア共和国モスクワ市) を追加
  • 場所: シェレメチェボ空港の名前を修正 (ロシア共和国モスクワ市)
  • タイムアウトを追加し、weather_info_abort でセッションを無効化
  • weather_info_equal() 関数の最初の部分を作成することで、WeatherInfo スパムの削減を開始します。この関数は、アプリケーションが2つの天気予報インスタンスが通知を無視できるほど 「同じ」 かどうかを判断するのに役立ちます。    
  • 実際に値をテストして、未使用 bsun の警告を削除します。
  • soup_session_async_new() の非推奨警告を修正
  • ポーランドで見落としがあった、空港のある都市を追加
  • Novosibirsk の時間帯を修正
  • プエルトリコに Ceiba を追加
  • doc : 古い MateConf の参考文献やその他の資料を削除
  • カザフスタンの都市を更新
  • 実際に $GIO_REQUIRED 変数の値をチェック
  • 翻訳の更新

mate-icon-theme 1.20.0

  • 同じように壊れたフラグを置き換え
  • 翻訳の更新

caja 1.20.0

  • GTK+ 3.14 用の CSS を廃止
  • 新しいタブを開いた時にタスクリストアイコンが変わるのを修正
  • <> の代わりに “” を使用してローカルファイルを含めます。
  • 検索の終了後に search_dispose および search_finilize を実行することはできません。
  • 拡張機能の About ダイアログに不足していたウィンドウアイコンを追加
  • libegg を一番上の srcdir へ移動し、残りの部分を削除
  • WidthOfScreen と HeightOfScreen の実装
  • caja-places-sidebar: サイドバーが広い場合のマウント解除拒否を修正
  • caja-places-sidebar: オーバーレイのスクロールバーを無効
  • 修正: リストビューでファイル名を変更する際の Enterキ ーの誤動作を修正
  • 新規ウィンドウでファイルを開く: ctrl + shift + w
  • zoom-control: マウスホイールのスクロールボタンでズームできるように変更
  • 表示 -> 表示列: ダイアログ内容の垂直方向の展開を修正
  • ディスクサイズの列の説明を少し書き換え
  • 修正: ファイル名の変更を行う際の誤った Shift + Del 動作
  • icon-dnd: ハードコードの強調されたを削除
  • 修正: 背景画像の読み込み中に CPU 使用率が高く不具合を修正
  • リストビュー: 拡大時に発生するアイコンの大きな余白を修正
  • デスクトップの壁紙の拡大/縮小がすべてのモニタで機能することを確認
  • ソースファイルから不正な +x 属性を削除
  • gtk 3.22: 非推奨の gdk_screen_get_monitor 関数を回避
  • 列のサイズを自動的に設定する機能を追加
  • 拡大率の変更時にすべての行を更新
  • ズーム時にウィジェットのを再描画を強制
  • pathbar: GTK+2 と同様にマウスホイールのスクロールを有効化
  • libcaja-private: 内部の README からの間違ったリンクを削除
  • private: 信頼できるシンボリックリンクから .desktop ファイルが起動可能なことを確認
  • 修正: デスクトップの壁紙が拡大/縮小できない問題
  • open-with-dialog: ラベルの max-char-width を設定
  • 「開く」ダイアログにおける「開く」ボタンのテキスト位置のずれを修正
  • 推奨されない gdk_screen_width/height を回避
  • 非推奨の gdk_screen_get_width/height を回避
  • 非推奨の gdk_screen_make_display_name を回避
  • libegg: 廃止された gtk_drag_begin の入れ替え
  • eggsmclient: -Wcomment によるビルド時の警告を修正
  • 非推奨の gtk_show_uri を使用しません
  • 非推奨の gdk_screen_get_number を回避
  • 挿入時におけるメディアの閲覧/自動実行を修正
  • fm_icon_view_scroll_event() での垂直方向にスクロールするコンパクト表示を修正
  • property-browser: scrolledwindows にスタイルクラスフレームを追加
  • caja-pathbar.c における off-by-one エラーを修正
  • 機能の追加: ファイルのサイズを表示する時、ディスク上のサイズを表示
  • DBus インターフェースの初期化を復元
  • CSS: GTK 3.14 で別の caja-desktop.css を読み込み
  • gtk+-3 のブックマークの場所を使用
  • ダイアログで開く: アイコンのサイズを強制
  • file: caja_file_get_gicon がカスタムアイコンも返すようにしました。
  • グリッド幅をキャンバスにまで拡張
  • atk_component_get_extentsatk_component_get_position の代わりに使用
  • 隠しファイルを手動で解析しないでください - 2.36 以降は GIO が実行します。
  • 存在しない MATE22_USER_DIR 環境変数をチェックしません。
  • 存在しない ~/.mate2 ディレクトリをチェックしません。
  • eel-accessibility: 使用されていないコードと古いコメントを削除
  • 選択後に正しい右クリックメニューを表示
  • eel: 要素の表示属性が変わると、キャンバス上でのキューサイズを変更
  • IconContainer に size_request を追加し、不要なリレーアウトを回避
  • IconCanvasItem: カーソルを合わせた時、ファイル名が重複するのを修正
  • eel: 不要な #include を条件付きで削除
  • eel: 未使用のコードを eel-gdk-pixbuf-extensions から削除
  • build 時の警告を修正 (そこでは const は必要ありません)
  • gcc 4.9.2 でのビルドを修正 (既定では c89 モードになっているようです)
  • 検索: タグサポート (xattr::xdg.tags) を追加
  • ファイル名のセル選択時に、リストビューの名前変更できない問題を修正
  • property-browser: scrolledwindows にスタイルクラスフレームを追加
  • caja-application.c: 初期化されない変数を修正
  • 翻訳の更新

mate-polkit 1.20.0

  • polkitgtkmate ライブラリとその文書を削除
  • ステータス通知でのアイコンの再表示/非表示を修正
  • status-icon: ストックアイコンを使用しません。
  • polkitmateauthenticationdialog: 非推奨の GtkAlignment を回避
  • polkitmateauthenticationdialog: 非推奨の GTK_STOCK を置き換え
  • 翻訳の更新

marco 1.20.0

  • build: 不要な pangoxft の要件を削除
  • move_to_X キーバインドの小さなバグを修正
  • サイズの異なるモニタでのバグを修正
  • モニタのキーバインド再構築と save_rect の調整
  • ウィンドウを別のモニタに移動するために簡単なショートカットを実装
  • schema: タイピングミスの修正
  • コンポジタ: 表示不能なウィンドウを描画しません。
  • フレームのないウィンドウでの meta_window_titlebar_is_onscreen() の誤った結果を修正
  • gtk3 の _GTK_SHOW_WINDOW_MENU イベントのサポートを追加
  • 新しいワークスペースへの移動キーバインドを処理するため、より洗練された方法を採用
  • トップのタイリングを無効にする設定を実装
  • ウィンドウを別のワークスペースに移動する際、タブのポップアップを実装
  • keybindings.c: ビルド時の警告を修正
  • 全画面表示のとき、tile_resized を false にリセット
  • ウィンドウを最大化しない時、save_rect にならない問題を修正
  • コーナーを並べて表示するとき、水平方向と垂直方向のサイズ変更を可能に
  • コーナーを並べないとき、ウィンドウが saved_rect にリセットされる問題を修正
  • コーナーに並べる場合のキーバインドを追加
  • マウスのドラッグによる簡単なコーナーへのタイリングを実装
  • WidthOfScreen と HeightOfScreen の実装
  • XFIXS 領域が paint_windows の実行中にリークします。
  • XPresent サポートなしで実行するために、より厳密なロジックを追加
  • XPresent のオプション化
  • xfwm4 からの一部変更を算入
  • エラー発生時に present_pending のフラグを解除
  • XPresent の拡張機能をサポート
  • ユーザーがタイル表示からサイズ変更した時、ウィンドウフラグを保存
  • 並べて表示したウィンドウが水平方向にサイズ変更可能に
  • gtk 3.22: 非推奨の gdk_screen_get_monitor 関数を回避
  • 推奨されていない gdk_screen_width/height を回避
  • 非推奨の gdk_screen_get_width を回避
  • display: 廃止された GDK_DEVICE_MANAGER を使用しません。
  • tools: marco-mag と marco-grayscaletools を削除
  • 合成 keybinding/button-grab ウィンドウを修正
  • 既定またはユーザ設定のスケールを使用する代わりに、ウィンドウマネージャのウィンドウスケールをを強制的に 1 に設定します。
  • 非推奨の gdk_display_get_screen を回避
  • 非推奨の gdk_screen_get_number を回避
  • Alt/tab - 矢印キーコード + テンキーの矢印を定義
  • Alt + Tab ポップアップ中に矢印の使用が可能になりました。
  • ui: フレーム内の無効なオブジェクト構築を修正
  • README: GSettings キーの名前を修正
  • キーバインド: 「現在のワークスペース」から大文字を削除
  • 現在のワークスペース名を変更するホットキーを追加
  • 非推奨のコードを修正
  • 翻訳の更新

mate-settings-daemon 1.20.0

  • HiDPI: 初期化段階で xsettings を読み込みます。
  • XSettings に HiDPI の設定を追加
  • HiDPI ディスプレイへの対応を追加
  • プラグイン: _GNUC_UNUSED は未使用ですが必要な変数です。
  • xsettings: GTK+3 で動作しない CanChangeAccels を削除
  • msd-datetime-mechanism.c: ビルド時の警告を削除
  • msd-mpris-manager.c: ビルド時の警告を削除
  • configure.ac: GLIB_VERSION_MAX_ALLOWED を削除
  • 翻訳の更新

mate-session-manager 1.20.0

  • gsm-manager.c: ビルド時の警告を削除
  • ログアウトまたはシャットダウン時のダイアログ表示で、フォーカスを失わないようにしました。
  • スタイルクラス logout-dialog を追加
  • 非推奨の gdk_screen_make_display_name を回避
  • 非推奨の gtk_show_uri を回避
  • 非推奨の gdk_screen_get_number を回避
  • セッション開始時にすべてのユーザー定義環境を取得するには、systemd user-session を更新する必要があります。
  • セッション開始時にすべてのユーザー定義環境を取得するには、dbus を更新する必要があります。
  • 翻訳の更新

mate-menus 1.20.0

  • gio のバージョンを 2.50.0 に上げました。
  • mate-applications-merged をシンボリックリンクに
  • 翻訳の更新

mate-panel 1.20.0

  • HiDPI ディスプレイでのパネルの自動スケールに対応
  • 必要最低限の libwnck バージョンを 3.4.6 へ上げました。
  • status-notifier: ツールチップのタイプが違ってもクラッシュしないように
  • status-notifier: メニューレイアウトが正しくなくてもクラッシュしないように
  • ステータス通知のラジオボタンの描画を修正
  • panel-run-dialog: プログラムリストが有効な場合に不具合を修正
  • 「壊れたアプレット」ダイアログを表示する時はフォーカスを取得
  • ワークスペース切替プロパティのダイアログを更新
  • コードの一部を単純化
  • 背景の変更操作を取り消すプロセスを作り直し
  • status-notifier: アイテムの NULL ケースを適切に処理
  • status-notifier: パスによって呼び出された間違ったサイズのアイコンの処理
  • status-notifier: パスで指定されたアイコンを読み込む
  • アプリケーションがアイコン名ではなくパスを要求した場合、アイコンを読み込めない問題を修正
  • ビルド時の警告を修正: toplevel_configure_event defined but not used
  • ビルド時の警告を修正: GLIB_VERSION_MIN_REQUIRED redefined
  • status-notifier: アイコンが見つからない場合の表示を修正
  • WidthOfScreen と HeightOfScreen の実装
  • panel-toplevel: panel_toplevel_queue_auto_hide() でのポインタ境界チェックを削除
  • 以前から存在する gnome-panel の残りを削除
  • 解像度を大きく変更しても、右側のアイコン表示位置を維持
  • wncklet: 破壊時のデータによる信号の切断
  • clock: 破棄時にもう 1 つのシグナルハンドラを切断
  • panel-applet-frame-dbus-c: 新規未使用の変数をコメントアウト
  • Clock: <0 に対して <0 になり得ない変数はチェックしません。
  • panel-applet-frame-dbus.c: 使用されていないコードブロックをコメントアウト
  • panel-toplevel: 重複した break 文を削除
  • status-notifier: cppcheck によって検出された重複チェックを削除
  • status-notifier: パッシブな場合は mate-polkit アイコンを非表示
  • ポップアップの位置修正を GTK 3.20 以前に適用
  • GTK 3.22 ステータス通知: サイズ変更時にメニューを再配置
  • GTK 3.22/status-notifer: 前回の表示以降にサイズが変更された場合、メニューの位置を修正
  • 特定のプロセス外のアプレットを追加した時、パネルが壊れないようにしました。
  • ファイル/フォルダのランチャーが再び動作するようにしました。
  • panel-context-menu: パネルリセットオプションに確認ダイアログを追加
  • パネルのコンテキストメニューに「パネルのリセット」を追加
  • clock: 壊れた時にシグナルハンドラを切断
  • GLib 2.53.4 以降を使用してアプレットを移動/削除するとクラッシュする問題を修正
  • gtk 3.22: 非推奨の gdk_screen_get_monitor 関数を回避
  • SNI サポートを有効/無効にするための gsettings キーを追加
  • wncklet: セグメンテーションの不具合、インプロセススイッチャとメニューリストの削除に関する警告を停止
  • fish: 削除後に元に戻る問題を修正
  • Fish: ビルドのプロセス中における削除に係るすべての警告を停止
  • Clock: 処理中のアプレットが削除された時の削除警告を修正
  • clock: ビルド実行中にアプレットを削除する時、セグメンテーション違反となるのを停止
  • libmate-panel-applet: タイプミスの修正 in id->factory_id
  • libmate-panel-applet: 必要な場合のみ、_panel_applet_shlib_factory() を宣言
  • libmate-panel-applet: dbus オブジェクトの登録解除中のエラーを修正
  • libmate-panel-applet: ビルド時の警告を修正
  • libmate-panel-applet: イントロスペクションの修正
  • libmate-panel-applet: 不明なバス名を修正し、dbus オブジェクトの登録解除
  • libmate-panel-applet GTK 3.14/3.16: custom bg w alpha の修正
  • libmate-panel-applet: 特定アプレットのファクトリにダミー変数を含めます。
  • libmate-panel-applet: プロセス中アプレットの背景描画を修正
  • libpanel-applet/panel-applet.h: ファクトリの ID を factory_id へ変更
  • libmate-panel-applet: panel-applet-private.h の追加
  • 実行中のアプレットに GtkPlug/GtkSocket を使用しません。
  • アプレットのウィジェットを取得できるようにしました。
  • libpanel-applet: panel_applet_factory_get_applet_widget の追加
  • libpanel-applet: プロセスの種類とアプレットの UID を返します。
  • libpanel-applet: ハッシュテーブルにファクトリを保存
  • libpanel-applet: GtkPlug の作成を遅延
  • libpanel-applet: プロセスの種類をプライベートデータへ追加
  • libpanel-applet: panel_applet_factory_main() から out_process を削除
  • 非推奨の gdk_screen_get_width/height を回避
  • 非推奨の gdk_screen_get_n_monitors を回避
  • fish: ビルド実行中にアプレットが細いラインで開くのを修正
  • 既定またはユーザ設定のスケールを使用する代わりに、パネルのウィンドウスケールをを強制的に 1 に設定します。
  • 非推奨の gdk_screen_make_display_name を回避
  • 非推奨の gdk_display_get_screen を回避
  • 非推奨の gtk_show_uri を回避
  • 非推奨の gdk_screen_get_number を回避
  • 透過性の user-set パネル背景でアプレットがクラッシュする問題を修正
  • システムトレイ: 画像/透過色の背景上の非表示アイコンを修正
  • 垂直パネル上における、GTK テーマの画像背景サポートを修正
  • GTK テーマでのパネル画像の背景が再び機能します。
  • clock: 時間帯の文字上にカーソルを置くとパネルが画面の制限を超えて拡大する問題を修正
  • GTK 3.18+: 既定の透過性パネルの背景を修正
  • menu: メニュー項目を外にドラッグ&ドロップした後でフォーカスを回復
  • menu: メニュー項目のポップアップメニューを閉じた後にフォーカスを回復
  • 修正: メニューバー/メニューボタンで mozo が起動しない問題
  • menu: メニュー項目のポップアップメニューから誤ったコードを削除
  • ステータス通知: パネルの他の部分と同じメニューテーマに追従
  • パネル間でのアプレットの移動を修正
  • menu: 一部の .desktop ファイルに空のアイコンフィールドがある場合にクラッシュする問題を修正
  • clock: 編集ボタンの視認性を適正に処理
  • clock: 非推奨の gtk_size_group_set_ignore_hidden を削除
  • clock: GtkButton を別の水平な GtkBox の元へ移動
  • clock.c: 非推奨の gtk_size_group_set_ignore_hidden を削除
  • アプリケーションの名前と説明をローカライズ
  • menu-button: アプレットが削除された時は GSettings から切断
  • action-button: アプレットが削除された時は GSettings から切断
  • 不必要な glib のチェックを削除
  • ステータス通知: 不明なシグナル名でのクラッシュを修正
  • 場所メニューに GTK+3 のブックマークの位置を使用
  • doc: 存在しないものへの参照を一部削除
  • gcc 4.9.2 でのビルドを修正 (既定では c89 モードになっているようです)
  • 実行ダイアログ: 履歴表示を反転させるオプションを追加
  • 実行ダイアログ: 最大サイズ 1 の不正な履歴の長さを修正
  • 実行ダイアログ: 履歴サイズの変更を許可
  • doc: 古い MateConf の参考文献を削除
  • 実行ダイアログ: 誤った履歴順序の修正
  • ステータス通知: パッシブ項目を表示
  • パネルメニューバー: ビルド警告と一部のスペースを修正
  • 展開したパネルをより小さな画面サイズに適合
  • システムトレイ: 方向の変更を適切に伝達
  • 通知エリア: アイテムの向きを修正
  • ワークスペース切替: GDK_SCROLL_SMOOTH の処理とビルド警告の修正
  • ワークスペース切替のラッピングを再度有効化
  • プレバンプバージョン
  • スタイルの通知: icon-padding スタイルのプロパティを修正
  • WM でのパネル切り替え時に表示されるパネルの説明を簡略化
  • ステータス通知: メモリリークを防止
  • 使用されていない sys/timeb.h ヘッダを削除
  • status-notifier-watcher: 登録済みアイテムの再登録を許可
  • カスタムアイコンの設定
  • ステータス通知: メモリリークの防止
  • 通知エリア: メモリリークの分類項目を修正
  • 翻訳の更新

mate-backgrounds 1.20.0

  • 以前から存在する gnome-panel の残りを削除
  • 翻訳の更新

mate-themes 3.22.8 から 3.22.15 へ

  • サブマリンテーマ: engrampa のツールバーで box-shadow を削除
  • サブマリンテーマ: caja-sidebar ツリービューからパディングを削除
  • all themes caja: スクロールウィンドウの枠から右側の境界線を削除
  • Menta metacity テーマ: 最大化時にウィンドウの左/右境界線を削除
  • ブラック MATE: スクロールバーの谷に境界線を書き込みます。
  • すべてのテーマ: スクロールウィンドウの枠から右側の境界線を削除
  • サブマリンテーマ: ヘッダバーの button.suggested-action の前景色を修正
  • ブラック MATE: Yelp/Lireoffice/Firefox でのスクロールバーの問題を回避
  • 「Gtk+-3.20 all themes: Yelpでの再描画の問題修正」を元に戻しました。
  • TOK/TG: スライダ: 元のサイズを維持
  • Gtk+-3.20 サブマリン: サイドバーの treeview.selected/hover で境界の半径を小さくしました。
  • Gtk+-3.20 サブマリン: スピンボタンエントリのフォント色を設定
  • Gtk+-3.20 サブマリンテーマ: gitg のヘッダバーでのジャンプボタンを修正
  • Gtk+-3.20 サブマリンテーマ: caja-icon-view で dnd を設定
  • Gtk+-3.20 T. テーマ: mate-volume-control notebook における二重枠の修正
  • Gtk+-3.20 サブマリンテーマ: pluma-statusbar-button のフォーカス状態を修正
  • Gtk+-3.20 の多くのテーマ: メニュー項目のアクセラレータホバーをデザイン
  • すべてのテーマ: mate-1.20 用のパネルグリッドのイメージをロードするため、シンタックスを変更
  • Gtk+-3.20 サブマリンテーマ: トップの borderradius を .titlebar > headerbar へ設定
  • Gtk+-3.20 の多くのテーマ: GtkEntry のプライマリ/セカンダリイメージでのパディングを修正
  • Gtk+-3.20 TRAD テーマ: メニューの grey-out arrows の色を修正
  • TOK/TG: radio mixed というメニュー項目を追加
  • TOK/TG メニュー項目: checkboxes とラジオボタンを再度デザイン
  • Gtk+-3.20 の多くのテーマ: スライダが範囲外の場合に GtkScale スライダのマウス選択を修正
  • Gtk+-3.20 すべてのテーマ: yelp での再描画の問題を修正
  • Gtk+-3.20 グリーンラグナ: 一部のメニューを修正
  • Gtk+-3.20 Menta テーマ: メニューの矢印にトランジション効果を追加
  • Gtk+-3.20 Menta テーマ: Firefox メニューの設定を削除
  • Gtk+-3.20 サブマリンテーマ: ラベルからトランジション効果を削除
  • gtk+ ハイコントラストテーマ用の index.theme ファイルを追加
  • Gtk+-3.20 の多数のテーマ: 時計アプレットの clockmap 境界を設定
  • Gtk+-3.20 サブマリンテーマ: 時計アプレットの一部を修正
  • Gtk+-3.20 BlackMate: 一部のパネルクロック修正
  • TOK/TG: caja: ノートブックのヘッダーの境界を単色で表示
  • Gtk+-3.20 Menta テーマ: ツールヒントにハードコードされた背景色を使用
  • BlackMATE: CSD アプリケーションを合成されていないヘッダーバーを四角形のウィンドウ枠に一致
  • BlackMATE: 多数の CSD アプリケーション修正
  • BlackMATE: CSD アプリケーションの修正
  • Gtk+-3.20 Menta テーマ: パネルアプレットのボタン色を変更
  • Gtk+-3.20 Menta テーマ: メニューバーのメニュー項目の移行時間を変更
  • Gtk+-3.20 Menta テーマ: パネルに通常のメニューバーのメニュー項目スタイルを使用
  • Gtk+-3.20 Menta テーマ: メニュー項目からトランジション効果を削除
  • TOK/TG: mate-terminal:: ノートブックのヘッダーの境界を単色で表示
  • Gtk+-3.20 BlackMATE: Google Chrome における URL バーのフォント色を修正
  • Gtk+-3.20 BlackMATE: メニュー項目でのアクセラレータのフォント色を変更
  • TOK/TG: xfce4-terminal: ノートブックのヘッダー境界を単色に
  • TOK/TG: ノートブックのヘッダーからグラデーションを削除
  • カーソル: ファイル作成にカラーピッカーを追加
  • Gtk+-3.20 サブマリンテーマ: pluma のサイドバーを改善
  • Gtk+-3.20 サブマリンテーマ: pluma のエラーダイアログにおける前景色を修正
  • ブラックMATE: 完全なノンコンポジット m-s-d OSD をデザイン
  • ブラックMATE: 非コンポジット OSD ケースにて、新しい msd-osd-window-solid スタイルクラスをサポート
  • ブラックMATE: Caja のラベル名変更を読みやすくしました。
  • ハイコントラストの反転: テーマが実際に適用された時の Caja のリネームラベルを修正
  • カーソル: カラーピッカーのカーソル画像を追加
  • GTK+-3.20 サブマリンテーマ: mate- と mintmenu の改善
  • Gtk+-3.20 menta テーマ: mate- と mint-menu の改善
  • Gtk+-3.20 伝統的テーマ: 一部のダイアログウィンドウを改善
  • 伝統的テーマ: MATE インジケータアプレットの背景を描画しません。
  • Gtk+-3.20 の多数テーマ: caja の非表示ペインのリストビューで背景色を修正
  • Gtk+-3.20 すべてのテーマ: 新しい css 名 matekbd-keyboard-drawing を追加
  • metacity サブマリンテーマ: metacity または compiz WMが使用されている場合は、内枠を修正
  • TOK/TG: xfce4-terminal: ノートブックのヘッダー境界を階調色に
  • TOK/TG: ノートブックのタブの余白を 2 ピクセル大きくします
  • menta: “{{” typo で gtk-widgets.css ファイルが壊れる問題を修正
  • すべてのテーマ: 印刷ダイアログの用紙の描写が正しく表示されない問題を修正
  • Gtk+-3.20 Menta テーマ: バックドロップと通常の状態を区別しない
  • Gtk+-3.20 多数のテーマ: Mate-Panel の非表示ボタンを修正
  • TOK/TG: caja ではノートブックのヘッダー境界に階調色を設定
  • Gtk+-3.20 サブマリンテーマ: Mate-Panel の非表示ボタンを修正
  • TOK/TG: xfce4-terminal のタブと多分他のアプリケーションについても境界を修正
  • Gtk+-3.20 すべてのテーマ: mate-menu の改善
  • Gtk+-3.20 すべてのテーマ: キーボードレイアウトのデザインを改善
  • TOK/TG: mate-terminal: ノートブックのヘッダー境界を階調色に設定
  • Gtk+-3.20 トラディショナル: mate-terminal でノートブックのヘッダー境界に色を設定
  • Gtk+-3.20 Menta テーマ: mate-applications.css の分類
  • Menta テーマ: ノートブックのヘッダーの境界に色を設定
  • TOK/TG: パネルグリッドに新しい色を採用
  • Gtk+-3.20 すべてのテーマ: mate-keyboard-layout-viewer のデザイン
  • 伝統的テーマ - Menta のアプレットハンドルを使用
  • TOK/TG: mate-terminal: ノートブックの代わりにヘッダータブの枠線を使用
  • Gtk+-3.20 ハイコントラストの反転: 不足しているアセットを追加して実行時警告を回避
  • Menta テーマ: ロック画面における不適切な枠線の色を削除
  • Gtk+-3.20 サブマリン: ロック画面における不適切な枠線の色を削除
  • グリーンラグナ: MATE 端末のノートブックタブ境界を修正
  • サブマリンテーマ: MATE 端末のノートブックタブ境界を修正
  • Gtk+-3.20 Menta テーマ: MATE 端末のノートブックタブ境界を修正
  • 伝統的テーマ: MATE 端末の見かけ向上のために一部の行を削除
  • Gtk+-3.20 多数のテーマ: ノートブックの端末には境界線を使いません。
  • 伝統的テーマ: 印刷ダイアログの改善
  • 伝統的テーマ: pavu-control 用にノートブックの境界を設定 (適切に修正)
  • 伝統的テーマ: pavu-control 用にノートブックの境界を設定
  • Gtk+-3.20 グリーンラグナ: スクロールバーの接合部をデザイン
  • Gtk+-3.20: Firefox 用の煩わしいワイルドカードを追加
  • Gtk+-3.20 グリーンラグナ: caja サイドバーの一部の境界を修正
  • Gtk+-3.20 グリーンラグナ: GtkSwitch のボーダーの色を変更
  • Gtk+-3.20 グリーンラグナ: スクロールバーのボーダーの色を変更
  • GTK+-3.20 グリーンラグナ: insensitive_bg_color の変更
  • Gtk+-3.20 グリーンラグナ: ネットブックの改善
  • 伝統的テーマ: ノートブック内の不要な 2 行を削除
  • Gtk+-3.20 グリーンラグナ: フレームの境界部分の書き直しとその他の改善
  • グリーンラグナ metacity: ボーダーサイズの拡大
  • サブマリン metacity: ボーダーサイズの拡大
  • Gtk+-3.20 Submarine: リストの行の dim-labels に色を設定
  • 伝統的なテーマ: チェックマークが付いたノートブックのタブで、より多くの境界線の色を設定
  • Gtk+-3.20 サブマリンテーマ: ステータスバーにパディングを設定
  • Gtk+-3.20: mate-font-viewer ツールバーのジャンプボタンを修正
  • GTK+-3.20 サブマリンテーマ: ヘッダーバーとポップオーバーメニューの改善
  • Gtk+-3.20 サブマリンテーマ: gedit ステータスバーのパディングを設定
  • Gtk+-3.20 Menta テーマ: button.fat に不足していた border-image を追加。filezilla と atril で確認済み
  • Gtk+-3.20 Menta テーマ: ノートブックの一部改善
  • Firefox の検索候補に表示される URL の色を修正
  • Gtk+-3.20 Menta テーマ: フレームの境界部分の書き直しとその他の改善 (mega commit)
  • 伝統的なテーマ: ノートブックのタブのパディングを小さく
  • Gtk+-3.20 サブマリンテーマ: 複数の改善
  • Gtk+-3.22 サブマリンテーマ: ノートブックの一部改善
  • Gtk+-3.22 サブマリンテーマ: フレームのボーダーを再作成
  • Gtk+-3.20 サブマリンテーマ: rubberband の前回のコミットを修正
  • Gtk+-3.20 サブマリンテーマ: mate-screenshot の rubberband を修正
  • Gtk+-3.20 サブマリンテーマ: ツールバーのラベルカラーを修正
  • 伝統的なテーマ: アクティブなタブで階調色を使用
  • Gtk+-2.0 グリーンラグナ: gtkrc でハードコードされた 16 進数の色を使用
  • Gtk+-2.0 の多くのテーマ: gtkrc で色定義に oneliner を使用
  • 伝統的なテーマ: 一部のアプレットに border-image を追加
  • Gtk+-3.20 伝統的なテーマ: GtkInfobar 全体に境界を使用
  • Gtk+-3.20 伝統的なテーマ: Firefox で一部の境界を修正する回避策
  • Gtk+-3.20 伝統的なテーマ: コンボボックスボタンのジャンプを修正
  • Gtk+-3.20 多くのテーマ: GtkAssistant のサイドバーを修正
  • Gtk+-3.20 サブマリンテーマ: GtkAssistant のサイドバーを修正
  • Gtk+-3 すべてのテーマ: NaTrayApplet-icon-size を設定しません

mate-notification-daemon 1.20.0

  • WidthOfScreen と HeightOfScreen の実装
  • gtk 3.22: 非推奨の gdk_screen_get_monitor 関数を回避
  • 非推奨の gdk_screen_get_width/height を回避
  • 非推奨の gdk_screen_get_n_monitors を回避
  • タイムアウトが大きい場合に CPU 使用率が高くなるのを修正
  • アイコンファイルの URI-encode パスをアンエスケープ
  • 翻訳の更新

mate-control-center 1.20.0

  • HiDPI ディスプレイ用にフォントの DPI を拡大
  • HiDPI ディスプレイへの対応を追加
  • theme-installer.c: mate_theme_install_realg_object_unref がありません
  • theme-util.c: 削除したテーマの再インストールで失敗する問題を修正
  • XZ 形式をインストールするためのテーマ圧縮パッケージをサポート
  • 使用しない変数を削除
  • eggcellrendererkeys.c: ビルド時の警告を削除
  • MacOS のサポートに関連した一部の残骸を削除
  • theme-thumbnail.c: writepipe でのビルド時の警告を修正
  • libslab: 検索エントリウィジェットを GtkEntry として格納
  • libslab: 検索アイコンの位置ずれを修正
  • 翻訳の更新

mate-screensaver 1.20.0

  • ロック画面の HiDPI サポートを追加
  • gs-lock-plug.c: ビルド時の警告を修正
  • WidthOfScreen と HeightOfScreen の実装
  • mate-screensaver-command の正しい manpage を復元
  • 初期設定のループを修正
  • 修正: すべての言語でアイドルスライダを表示
  • glib が最大バージョンを要求するのを削除
  • 非推奨の gdk_screen_get_width/height を回避
  • 非推奨の gtk_show_uri を回避
  • bsd_auth(3) を使って OpenBSD 認証を実装しました。
  • バグ修正: g_get_real_name は決して NULL ポインタを返しません
  • lock-dialog UI: 非推奨のウィジェットを回避
  • バグ修正: モニタジオメトリがオーバーラップした構成で、スクリーンセーバとロック画面が正しく表示されない問題
  • [GTK+3.20] GdkSeat へ切り替え
  • パスワード入力ウィジェットに入力目的を設定
  • コピーテーマダイアログ: 変数タイプの誤りに関するビルド警告を修正
  • 翻訳の更新

mate-media 1.20.0

  • gvc-applet: NULLオブジェクトの refcount を増やしません
  • gvc-combo-box: シグナルの引数を修正
  • アプレット: 「サウンド設定」メニューのアイコンを復元
  • 非推奨の gdk_screen_get_height を回避
  • アプレット: GTK+ >= 3.20 で GdkSeat を使用
  • アプレット: ポップアップでキーボードが機能します
  • gtk 3.22: 非推奨の gdk_screen_get_monitor 関数を回避
  • アイコンテーマの変更時にトレイアイコンを更新
  • ミキサダイアログ: scrolledwindow よりスタイルクラスフレームを削除
  • 音量調節ダイアログ: 非推奨の GtkAlignment を回避
  • アプレット: 音量をミュートしてもポップアップで表示
  • アプレット: 音量の増加量を改善
  • 非推奨警告を既定で有効化
  • 翻訳の更新

mate-power-manager 1.20.0

  • 非推奨の GtkStock を回避
  • inhibit: 先のコミットにおけるスパムログのエラーを修正
  • inhibit applet: アイコンの描画を修正
  • WidthOfScreen と HeightOfScreen の実装
  • さらに指摘のあったタイプミスを修正
  • 綴りの間違いを訂正しました。
  • gtk 3.22: 非推奨の gdk_screen_get_monitor 関数を回避
  • 不明な DBus シグナル名では中断しません
  • 非推奨の gdk_screen_get_width/height を回避
  • 非推奨の gdk_display_get_screen を回避
  • 非推奨の gtk_show_uri を回避
  • アイコンテーマの変更時にトレイアイコンを更新
  • 実際に $XPROTO_REQUIRED 変数の値をチェック
  • statistics UI: スタイルクラス mpm-statistics の追加
  • 翻訳の更新

mate-system-monitor 1.20.0

  • procman.cpp: ビルド警告の引数 1 が null で、non-null が期待される部分を修正
  • sysinfo.cpp: 次のビルド時警告を修正: this ‘if’ clause does not guard…
  • proctable.cpp: 次のビルド時警告を修正: this ‘else’ clause does not guard…
  • システムロゴの位置を修正
  • WidthOfScreen と HeightOfScreen の実装
  • プロセステーブル: 大文字と小文字を区別をしないで検索
  • sysinfo: すべてのラベルでフォーカスを無効化
  • 非推奨の gdk_screen_width/height を回避
  • sysinfo: 非推奨の GtkAlignment を回避
  • 翻訳の更新

atril 1.20.0

  • build: GTK+3 以前のオプションを削除
  • epub: minizip がより多くの BSD バージョンに対応
  • previewer: スタイルクラス atril-previewer-window を追加
  • WidthOfScreen と HeightOfScreen の実装
  • シェル: メニューにキャレットナビゲーションを表示
  • ev-link-accessible: 開始と終了のインデックスを取得する方法の効率を改善
  • フォームフィールドをそのページの AtkObject の子として表示
  • 画像をページの AtkObject の子として公開
  • リンクをページの AtkObject の子として公開
  • ev-view-accessible: 特定の文書の矩形が表示されているかどうかの判別方法を追加
  • ev-page-cache: 指定したページがキャッシュされているかチェックする方法を追加
  • libview: 検索結果にジャンプする時、キャレットカーソルを更新
  • libview: 表示されるページ範囲が変更されたとき、ATK_STATE_SHOWING を更新
  • libview: ページに AtkComponent を実装
  • libview: Shift+クリックによるテキスト選択を修正
  • a11y: EvPageAccessible を要求したときはテキストがキャッシュされます
  • a11y: EvPageAccessible で atk の状態を管理
  • a11y: EvPageAccessible に ATK_RELATION_FLOWS_TO/FROM を適用する場合は追加
  • a11y: AtkHyperText の実装を EvViewAccessible から EvPageAccessible へ移動
  • a11y: AtkText の実装を EvViewAccessible から EvPageAccessible へ移動
  • a11y: EvPageAccessible を EvViewAccessible の子として公開
  • a11y: 新しい EvPageAccessible
  • libview: EvViewAccessible テキストサポートの一部の壊れた部分を修正
  • libview: AtkHyperlink インデックスを取得する際、キャレットナビゲーションを考慮
  • a11y: atk_text_get_caret_offset の実装を整理
  • a11y: atk_text_get_caret_offset の実装を修正
  • view: set_caret_cursor_position が適用された場合に “cursor-moved” と表示
  • 非推奨の atk_text_get_text_{before,after}_offset() への対応を削除
  • a11y: EvViewAccessible に AtkDocument を実装
  • a11y: キャレットナビゲーションが有効な場合、操作支援の現在のページはカーソルページになります。
  • ev-view-accessible: モデル設定時に document_changed_cb を呼び出します。
  • キャレットメッセージ領域の一部のテキストを修正
  • ev-view-accessible: ev_view_accessible_get_link でのクラッシュを修正
  • ev-view-accessible: 現在のページでキャッシュされたデータをクリア
  • shell: view_actions_focus_out_cb を削除
  • shell: ev_window_set_view_accels_sensitivity を削除
  • shell: フォーカスのあるウィジェットに順方向に加速
  • view accel アクションにグローバル配列を使用
  • djvu 文書内のテキストを選択した時クラッシュする問題を修正
  • shell: メッセージ領域のストックアイテムを修正
  • docs: libview: type builtins セクションの再追加
  • キャレットナビゲーション付きの epub 文書でのクラッシュを修正
  • キャレットカーソルの位置を文書のメタデータに保存
  • libview: ev_view_set_caret_cursor_position の追加
  • libview: スクロールで場所を検索しているあいだでも、現在のページを更新
  • libview: キャレットナビゲーションを有効/無効にした時、再描画のスケジュールを設定しません
  • libview: カーソルが表示されているページにない時にはキャレットカーソルの点滅を停止
  • shell: F7 キーを押すとキャレットナビゲーションが有効/無効化
  • libview: ev_view_supports_caret_navigation() の追加
  • ev-link-accesible: リンク内の最後の文字の後のインデックス/オフセットを返します
  • help: 除去された選択モードへの参照を削除
  • libview: ページ余白での開始/終了を修正
  • libview: 選択の際にスキャンするページを減らしました
  • libview: 使用しない矩形選択モードを削除
  • libview: ev_view_accessible_get_selection の作り直し
  • libview: キャレットカーソルが移動する時はビュー全体を再描画しません
  • libview: 行間移動時には、カーソルを配置した後でカーソル領域を更新
  • ev-view-accessible: ev_view_accesssible_get_n_selections の修正
  • ev-view-accessibl: キャレットナビゲーションが有効な時の get_caret_offset を修正
  • libview: 行間の移動が失敗した時は、エラーベルを使用してすぐ戻ります
  • libview: ensure_rectangle_is_visible でサイズ変更を予定しません
  • libview: 選択肢がある時はカーソルの点滅を停止
  • libview: ev_view_scroll を廃止して g_signal_emit_by_name を採用
  • ev-window: ev_view_scroll の代わりに g_signal_emit_by という名前を使用
  • previewer: スクロールアクセラレータを削除
  • ev-window: スクロールアクセラレータを削除
  • libview: スクロールキーのバインドを EvView へ追加
  • libview: h、j、k、l バインディングに対して、スクロールシグナルの第2パラメータのタイプを修正
  • libview: NULL を渡す merge_selection_region を使って選択を消去
  • ev-pixbuf-cache: ジョブ選択をクリアするときにも選択領域をクリア
  • ev-pixbuf-cache: 新しい選択が必要なときの条件を修正
  • ev-view-accessible: get_run_attributes を書き直して、文書のテキスト属性を返すようにしました
  • pdf: ev_document_text_get_text_attrs() の実装
  • libview: バックエンドからテキスト属性を取得し、ページキャッシュへ保存
  • libdocument: ev_document_text_get_text_attrs() の追加
  • libview: AtkText text-caret-moved および text-selection-changed シグナルを出力
  • libview: カーソルを移動したときは選択を解除
  • libview: アクティブな選択がある場合、キャレットカーソルを非表示
  • libview: pixbuf キャッシュから空の領域の代わりに NULL を返します
  • libview: ビューがフォーカスされていない時はキャレットカーソルを描画しない
  • libview: 列が複数ある文書内におけるキャレットカーソルの行間移動を修正
  • libview: 現在のページ範囲に複数の前後ページをプレキャッシュします。
  • ev-pixbuf-cache: スクロール方向に応じて、前または次のジョブを最初にスケジュールします
  • ev-pixbuf-cache: 前のページを逆の順序で描画するようにジョブをスケジュール
  • libview: キャレットカーソルが移動したことを通知する cursor-moved シグナルを追加しました。
  • libview: テキストを選択する時、不要な領域のコピーを回避
  • libview: より大きなダメージ領域を使用して選択を再描画
  • libview: 破損領域が変更されていない場合は再描画をキューに入れません
  • libview: 新旧選択の統合を無効化
  • libview: 選択範囲の外側をクリックした時はキャレットカーソルを移動
  • libview: 未使用の in_selection メンバを SelectionInfo 構造から削除
  • libview: 行間でキャレットを移動する場合は、オフセットを行の内側に保持
  • libview: 行の冒頭/末尾にキャレットカーソルを配置
  • libview: すべてのテキスト選択時は再描画のスケジュールを非設定
  • libview: 選択リストの作成には、append の代わりに prepend + reverse を使用
  • libview: GSslice を使用して EvViewSelection を割当て
  • libview: キャレットカーソルを使用してテキストを選択します。
  • libview: マウスでテキストを選択した後はキャレットカーソルを更新
  • libview: 選択を計算するとき、ページ境界線を考慮
  • libview: 複数のページを選択した時クラッシュする問題を修正
  • libview: カーソルをクリックして移動後、カーソルが点滅するようにしました
  • libview: get_caret_cursor_rect_from_offsetget_caret_cursor_area を統合
  • libview: エラーのベル音にて、キャレットナビゲーションのエラーを通知
  • libview: カーソル位置が変更されていない場合は、クリック後に再描画しません
  • libview: カレットナビゲーションに GtkBindings を使用
  • libview: EvView::binding-activated シグナルを EvView::scroll へ名前変更
  • libview: クリックすることでキャレットカーソルを配置
  • libview: EvPixbufCache を使用して選択領域を検索
  • libview: ev_pixbuf_cache_get_selection_surface を 2 つの関数に分割
  • libview: 領域から選択したハイライトを描画
  • libview: キャレットカーソルの再描画に使用される損傷領域を修正
  • libview: 別のページから対象を移動した時、実際にページを更新
  • libview: キャレットカーソルが更新されていない場合、現在のページを更新せず、カーソル位置までスクロール
  • libview: キャレットカーソルを点滅させます
  • libview: テキストレイアウトのかわりに論理属性を使用して、キャレットカーソルを移動
  • libview: ページキャッシュからテキスト論理属性を取得する方法を追加
  • libview: キャレットナビゲーションを初めて実装
  • libview: 描画ページと選択面のコードをリファクタリング
  • shell: epub のメニューで ViewDualOddLeft を無効化
  • libview: 高さ要求に関連するページキャッシュにのみアクセス
  • デュアルレイアウトと連続レイアウトのショートカットキーを有効化
  • ev-view: キーイベントをフォーカスされたフォームフィールドに転送
  • ページに合わせる、幅に合わせる、というオプションのショートカットキーを追加
  • shell: 既定では 1 ページだけの PDF をデュアルモードで開きません
  • libview: current_page を負の数値に更新しません
  • libview: ページレイアウトのモード化
  • libview: 可読性を最適化するために新しいズームモードを追加
  • Fit Page Width を Fit Width へ名前変更
  • Best Fit mode を Fit Page へ名前変更
  • 表示メニューに奇数ページを残してデュアルページを移動
  • libview: 非推奨となった gtk_container_set_resize_mode の使用を削除
  • shell: キャストする前に文書が注釈のインタフェースを実装しているかチェック
  • 削除時には注釈のサイドバーを更新
  • libdocument: ev_mapping_list_remove の無効化
  • page-cache: ev_page_cache_mark_dirty() へ flags パラメータを追加
  • pdf: 注釈がなくなった時は、注釈マッピングをリセット
  • ビューポップアップメニューに注釈を削除するオプションを追加
  • libview: ev_view_remove_annotation の追加
  • pdf: remove_annotation 仮想機能を実装
  • libdocument: ev_mapping_list_remove の追加
  • libdocument: remove_annotation を DocumentAnnotations へ追加
  • pdf: 注釈の名前を一意に
  • pdf: 他のタイプの注釈を追加するためのサポートを追加
  • libview: ev_view_set_focused_element と make it public internally の名前変更
  • 注釈ウィンドウの透過度を変更
  • 注釈ウィンドウの色を変更
  • libview: マウスボタンを押した時、フォームフィールドとリンクのフォーカスを取得
  • libdocument: ev_mapping_list_get の追加
  • pdf: アクティベーションリンクを持っているフィールドには、アクティベーションリンクを追加
  • libview: フォームフィールドのアクティブ化リンクが存在する場合には処理
  • libdocument: activation_link を EvFormField 構造に追加
  • ev-properties-licence: 非推奨となった GtkAlignment の使用回避
  • libview: : 非推奨の gtk_adjustment_changed を回避
  • ev-job-find: 2 つのメソッドをスキップとしてマーク
  • ev-jobs: ev_job_failed_from_error のシャドウを ev_job_failed
  • libview: 不足している転送注釈と要素タイプ注釈を追加
  • ev-mapping-list: ボックス型にしました
  • libdocument: 不足している転送注釈と要素タイプ注釈を追加
  • gtk 3.22: 非推奨の gdk_screen_get_monitor… 関数を回避
  • gdk_screen_get_primary_monitor/gdk_screen_get_monitor_scale_factor を回避
  • ev-document-misc.c: 非推奨の gdk_screen_get_width/height_mm を回避
  • dvi: ファイル名を引用することで、コマンド・インジェクション攻撃を軽減
  • mdvi-lib: コンパイル時の警告 (const-correctness) を修正
  • libmisc: ページラベルの文字幅を設定
  • libview: 非連続モードで小さなページをスクロール
  • libview: ビューで GDK_SMOOTH_SCROLL イベントを有効化
  • libview: Ctrl+マウスホイールズームは、ウィンドウ中心ではなくポインタ中心に
  • ev-view: ページ切り替えにパンジェスチャを追加
  • ev-view: GtkScrolledWindow を親ウィジェットとして明示的に要求
  • ev-view: ピンチ/ズームジェスチャを追加して文書の拡大縮小を処理
  • sidebar-thumbnails: 全画面表示後に起きる不要な移動の開始を修正
  • sidebar-thumbnails: スクロール時に表示範囲を1つ余分にプリロード
  • sidebar-thumbnails: 描画済みのサムネイルを保持
  • sidebar-thumbnails: スクロールの不自然さを修正
  • annotations-sidebar: デザインの見直し
  • ev-annotation-window: ウィンドウ枠の色の設定を修正
  • libview: 作成後に注釈ウィンドウのフォーカスが変わるのを修正
  • libview: ev_annotation_window のフォーカスを修正
  • libview: 注釈ウィンドウのフォント色を変更しない
  • shell: 注釈に GdkRGBA を使用
  • libdocument: GdkRGBA を使用して EvAnnotation API を追加
  • libdocument: 新しい非推奨マクロの使用
  • 非推奨のマクロを追加
  • 以前の HDPI コミットによって発生するランタイム警告を修正
  • モニターの拡大率を考慮してズームを計算する。
  • メインビューに hi-dpi サポートを追加
  • shell: gimpcellrenderertoggle を廃止
  • sidebar-layers: 実際に使用可能にし、実行時の警告を修正
  • libview: 注釈ウィンドウのアイコンサイズを設定
  • libview: 変更をドロップダウンに埋め込み形式で保存
  • libdocument: アクティブページと非アクティブページのシャドウの描画を調整
  • 非推奨の gdk_screen_make_display_name を回避
  • ev-window: 非推奨の GtkToolbar-shadow-type を削除
  • annotation-properties-dialog: ヘッダバーを使用しない
  • 非推奨の gdk_display_get_screengdk_display_get_n_screens を回避
  • ev-window: 非推奨の gtk_show_uri を回避
  • 非推奨の gdk_screen_get_number を回避
  • build: 生成された .caja-extension ファイルを適切に消去
  • build: cairo >=1.10.0 が必要で、古いコードをいくつかを削除
  • shell: utils から使用されていないコードを削除
  • ev-view: 非推奨の gtk_drag_begin を回避
  • egg-editable-toolbar: 非推奨の gtk_drag_begin を回避
  • message-area: 一部の GtkStock の非推奨を置き換え
  • ev-sidebar: 非推奨の GTK_STOCK_CLOSE アイコンを回避
  • password-view: 一部の非推奨 GtkStock を置き換え
  • password-view: 非推奨の GtkAlignment を使用中止
  • toolbar-editor: 非推奨の GtkAlignment を使用中止
  • 翻訳の更新

caja-extensions 1.20.0

  • xattr-tags: 拡張機能の説明で適切な英語を使用
  • po: xattrs 拡張からの翻訳可能な文字列を追加
  • xattr-tags: 拡張機能の説明を修正
  • open-terminal: 文字列の重複を過度に使用しない
  • 非推奨の gdk_screen_make_display_name を回避
  • sendto burn: 非推奨の gtk_show_uri を回避
  • xattr-tags: 今では不要となったため、hack を削除。
  • xattr-tags: 未定義の参照を引き起こすタイプミスを修正
  • libcaja_gksu_la_LDFLAGS 変数の宣言を修正
  • xattr-tags: 起動メッセージに不足していた新しい行を追加
  • xattr-tags: 保存された属性をエスケープしない。
  • 翻訳の更新

engrampa 1.20.0

  • build: PKG_CONFIG を使用してクロスビルドを修正
  • About ダイアログと Caja 拡張機能に著作権表示を追加
  • 7z: Fix: リストが暗号化されていないパスワードでファイル名変更
  • 7z: Fix: 暗号化されたリストを使用したファイル/フォルダの削除/名前変更
  • 非推奨の gdk_screen_make_display_name を回避
  • 非推奨の gtk_show_uri を回避
  • もっと一般的な gtk+ 関数を使用
  • 非推奨の gdk_screen_get_number を回避
  • 進捗ダイアログに「Show the Files and Quit」ボタンを追加
  • Fix: 「最大」圧縮レベルで zip ファイルを作成
  • 履歴を正しくブラウズしない問題を修正
  • 「すべてのファイルを表示」でフォルダを非表示
  • ファイルの置換ダイアログボックスにおける、スキップボタンの不正な動作を修正
  • UI files: 非推奨の回避
  • gtk-utils: GTK_STOCK の非推奨事項を削除
  • gtk-utils: 非推奨の gtk_icon_size_lookup_for_settings を回避
  • fr-window: GTK_STOCK の一部の非推奨事項を削除
  • スタイルクラスフレームを scrolledwindows へ追加
  • fr-window: 非推奨の GtkMiscGtkAlignment を回避
  • dlg-add-folder: 非推奨の gtk_alignment_new() を回避
  • build: クリーニング時に、ハードコードされたファイル名の代わりに変数を使用
  • 翻訳の更新

eom 1.20.0

  • GTK+ 3.18 用の CSS を廃止
  • egg-editable-toolbar.c/egg-toolbars-model.c: 未使用の変数を削除
  • print-preview: カスタムコードを GDK 関数の呼び出しと置き換え
  • gtk 3.22: 非推奨の gdk_screen_get_monitor 関数を回避
  • 非推奨の gtk_show_uri を回避
  • 非推奨の gdk_screen_get_number を回避
  • 複数の eom ウィンドウがある空ウィンドウを閉じる時、その警告を修正
  • EomThumbView: 廃止された gtk_menu_popup 関数を置き換え
  • multiple-save-as-dialog.ui: 廃止されたウィジェットを回避
  • error-message: GtkStock を置き換え
  • 多数の instrospection 警告を修正
  • EomScrollView: 廃止された override_background の呼び出しを修正
  • EomPropertiesDialog: 非推奨の警告を修正
  • EomThumbNav: 廃止された関数という警告の修正
  • EomScrollView: 廃止された gtk_menu_popup 関数を置き換え
  • EomScrollView: GtkDeviceManager から GdkSeat へ切り替え
  • 関数の注釈でのタイプミスを修正
  • < gtk+=3.20 には異なる css ファイルを使用
  • EomWindow: 親ウィンドウのファイルを開くダイアログを一時的に設定
  • settings: RGB カラー定義をデフォルトとして使用
  • UI: 廃止されたウィジェットの使用を回避
  • EomCloseConfirmationDialog: プライマリラベルの最大幅文字を設定
  • EomCloseConfirmationDialog: 画像一覧のサイズを修正
  • 印刷用紙の向きは、既定でイメージ寸法に基づき設定
  • 印刷時に JPEG ファイルを PNG として再圧縮しない
  • EomFileChooser: 画像プレビューの生成に MateThumbnailFactory を使用
  • EomPropertiesDialog: 透過の背景色に RGBA を許可
  • preferences-ui: MateColorButton の使用を廃止
  • EomScrollView: 背景色と透過色を GdkRGBA へと切り替え
  • EomPrintPreview: 不要な色解析を回避
  • GtkStock の一部の非推奨事項を修正
  • EomCloseConfirmationDialog: 廃止された GTK_STOCK_DIALOG_WARNING の置き換え
  • toolbar-editor: 廃止された GtkAlignment を回避
  • eom-image.c の SVG 処理を最新にして、svgz ファイルタイプを正しく認識
  • eom_uri_converter: GList のリークを修正
  • 翻訳の更新

mate-applets 1.20.0

  • multiload: ユーザ定義のしきい値を使用してネットワークグラフをスケーリング
  • multiload: タブとスペースが多くの場所で混在するのを修正
  • multiload: 一部の場所での空白を修正
  • multiload: 不要な空白の一部を削除
  • weather: 設定ダイアログを開いたといき発生する可能性のあるクラッシュを修正
  • 壊れた invest-applet とすべての Python 依存関係を削除
  • fgets の戻り値を無視するようにビルド警告を修正
  • command: 間隔の範囲を解除
  • WidthOfScreen と HeightOfScreen の実装
  • build: gtksourceview が見つからない時は、このパッケージ名を表示
  • Cpufreq: ツールチップを最新の値で更新
  • Cpufreq: ビルド時の警告を修正
  • Cpufreq: 数字がユニットラベルで移動するのを中止
  • 描画の丸め方でのエラーを修正
  • cpufreq: 周波数/単位/パーセントのラベル最大幅の計算を修正
  • stickynotes: テキストの選択を修正
  • cpufreq: スタイル変更時にアプレットサイズ(フォントサイズなど)を更新
  • GSettings の変更を動的に認識
  • GSettings: マウントされたボリュームに表示されるチェックマークの色
  • cpufreq: アプレットがランダムで見えなくなる問題を修正
  • マウントされたドライブは、少し異なるアイコンで表示
  • gtk 3.22: 非推奨の gdk_screen_get_monitor 関数を回避
  • ビルド時の misleading_indentation and maybe-uninitialized という警告を修正
  • 非推奨の gdk_screen_width/height を回避
  • 非推奨の gdk_screen_get_width/height を回避
  • すべてのアプレットは、非推奨の gtk_show_uri を使用しない
  • 新しいデジタルテーマを追加
  • drivemount: ビルド時の警告を修正
  • cpufreq-prefs: 非推奨の gtk_show_uri を使用しない
  • bump libmateweather は 1.19.1 が必要
  • weather: 場所が変更された場合、気象情報の更新を中止
  • weather: (weather_info_equal() によって決定されたように)、weather 更新が以前の更新と同じ場合に、通知を送信しないロジックを追加
  • 非推奨の gdk_screen_get_number を回避
  • drivemount: リストが空の場合、media-floppy アイコンを表示
  • stickynotes: 以前のコミットを少々書き直し、dir name をリークしない。
  • stickynotes: stickynotes-applet.xml の親ディレクトリが無い場合はそれを作成
  • 荷重グラフは平均荷重に従って自動的にスケール
  • trashapplet: 未使用のコードを削除
  • cpufreq: すべてのコアで周波数を設定
  • GError のメモリリークを修正
  • コマンドアプレットで crasher を修正
  • 翻訳の更新

mate-calc 1.20.0

  • 設定ダイアログの閉じるボタンに、アイコン画像を追加
  • 非推奨の GtkStock を回避
  • About ダイアログに不足していたウィンドウアイコンを追加
  • math-window: 非推奨の gtk_show_uri を回避
  • 翻訳の更新

mate-icon-theme-faenza 1.20.0

  • 元のプロジェクトに従い、ライセンスを GPL3 へ変更
  • ダークテーマに MATE ロゴを使用するよう修正

mate-indicator-applet 1.20.0

  • Ayatana Indicators とUbuntu Indicators のどちらに対しても、ビルドをサポート
  • 翻訳の更新

mate-netbook 1.20.0

  • WidthOfScreen と HeightOfScreen の実装
  • window picker: disconnect シグナルハンドラは、dispose 関数を指定
  • window picker: 設定ダイアログにアイコンを追加
  • window picker: 設定ダイアログボタンの垂直方向の拡張を無効に
  • window picker: タスクバーのアイコンを About ダイアログへ追加
  • maximus: 無効なウィンドウ ID でクラッシュしない
  • 翻訳の更新

mate-sensors-applet 1.20.0

  • build: udisk2 プラグインを再び有効化
  • 廃止された udisks プラグインを削除
  • udisks plugin: GValue 変数のメモリ管理を修正
  • 非推奨の eee プラグインを削除
  • 取り外した HDD のポップアップシャワーを修正
  • ibm-acpi.c: ビルド時の警告を修正
  • eee-plugin.c: ビルド時の警告を修正
  • active-sensor.c: ビルド時の警告を修正
  • sensors-applet.c: ビルド時の警告を修正
  • インデントを修正
  • project クリーンアップの修正
  • 数字の変化に対応してアプレットの移動をを停止
  • センサーの保存順序を修正
  • 温度単位の非表示を更新
  • コードの重複を削除
  • sensor-applet.c: 廃止された GtkMisc を置き換え
  • sensor-applet.c: 非推奨の GTK_STOCK_MISSING_IMAGE を回避
  • sensor-config-dialog: 非推奨の GtkAlignment を回避
  • sensor-config-dialog: 非推奨の GtkColorButton を使用しない
  • prefs-dialog: スタイルクラスフレームを scrolledwindow へ追加
  • prefs-dialog: 非推奨の GtkAlignment を回避
  • prefs-dialog: 非推奨の GTK_VBUTTON_BOX, GTK_TYPE_{H,V}BOX を回避
  • sensor_applet グリッドに GTK_ALIGN_CENTER を使用
  • 翻訳の更新

mate-terminal 1.20.0

  • VTE 0.46 が必要
  • screen: TERM および COLORTERM 環境変数の設定を無くす
  • schema: 一部のキーの要約と説明を修正
  • キーボードのショートカットより “…” を削除
  • profile-editor: 最初のパレットカラーを適切に初期化
  • terminal-screen.c: 未使用の変数を削除
  • chdir の戻り値を無視するようにビルド警告を修正
  • タブの中クリックで、gsettings キーが追加されて機能が有効化
  • インデントをいくつかのファイルでより統一
  • DBus メソッドの呼び出し処理時のクラッシュを修正
  • Spelling: 空白の削除, in the terminal, Ctrl
  • gnome-terminal より solarized テーマを追加
  • WidthOfScreen と HeightOfScreen の実装
  • ctrl + tabctrl + shift + tab を使用して、タブの切り替えを実現
  • 「検索」キーボードショートカットの再マッピングを許可
  • VTE3 で背景の画像ををサポート
  • find-dialog.ui: キーボードの選択を修正
  • 非推奨の vte_terminal_search_get_gregex を回避
  • 「すべて選択」キーボードショートカットを追加: control + shift + A
  • gtk 3.22: 非推奨の gdk_screen_get_monitor 関数を回避
  • 非推奨の gdk_screen_get_width/height を回避
  • 非推奨の gdk_screen_make_display_name を回避
  • terminal-util: 非推奨の gtk_show_uri を回避
  • 非推奨の gdk_display_get_screen を回避
  • 非推奨の gdk_screen_get_number を回避
  • 右ボタンのダブルクリックで Xorg がクラッシュする問題を修正
  • 翻訳の更新

mate-user-share 1.20.0

  • build: 正しいマクロを使用してクロスビルドを修正
  • 非推奨の gtk_show_uri を使用しない
  • 翻訳の更新

mate-utils 1.20.0

  • HiDPI ディスプレイのスクリーンショットのサポート追加
  • mate-screenshot: 新しいボタンを追加
  • screenshot-save.c: pipe write および read でのビルド警告を修正
  • スタイルクラス logview-window を追加
  • 翻訳の更新
  • WidthOfScreen と HeightOfScreen の実装
  • baobab: グラフ上でマウスホイールを使用してズーム
  • screenshot: 未使用のコードを削除
  • screenshot: ウィンドウタイトルは、後で使用されないので取得しない
  • baobab/logview/dictionary: 著作権表示を About ダイアログへ追加
  • baobab: リモート接続ダイアログに一時的な親を設定
  • baobab: ui ファイルで設定ダイアログを非表示
  • baobab: About ダイアログの親ウィンドウを設定
  • 非推奨の gdk_screen_get_active_window を回避
  • gtk 3.22: 非推奨の gdk_screen_get_monitor 関数を回避
  • 非推奨の gdk_screen_width/height を回避
  • 非推奨の gdk_screen_get_width/height を回避
  • screenshot: 非推奨の GdkDevice オブジェクトを回避
  • dictionary: 非推奨の GdkDevice オブジェクトを回避
  • 非推奨の gdk_screen_get_n_monitors を回避
  • 非推奨の gdk_screen_make_display_name を回避
  • gdict-applet: 非推奨の gtk_show_uri を使用しない
  • 非推奨の gtk_show_uri を使用しない
  • 非推奨の gdk_screen_get_number を回避
  • searchtool & logview: 廃止された GtkAlignment を回避
  • mate-screenshot: スクリーンショットの領域保存時における、ビジーカーソルの表示を修正
  • screenshot: ファイル名のタイムスタンプを変換しない
  • mate-dictionary: FTBFS を時々修正するために、正しいヘッダを含める
  • 翻訳の更新

mozo 1.20.0

  • 翻訳の更新

pluma 1.20.0

  • peas_engine_enable_loader を正しい場所に配置
  • 最近使用したファイル一覧が再び有効になるように修正
  • 使用しない変数を削除
  • pluma-spell-checker-language.c: ビルド時の警告を修正
  • pluma.c: ビルド時の警告を削除
  • pluma-document.c: ビルド時の警告を修正
  • pluma-window: GtkRecentData を割り当てる代わりにスタックさせる
  • WidthOfScreen と HeightOfScreen の実装
  • バックリファレンスによる正規表現置換を修正 ( 例: "\0" )
  • pluma-view.c: 同じジョブを実行するために、2つのの静的変数の代わりに1つの静的変数を使用
  • 同じワークスペースのウィンドウで Pluma が開いていることを確認する
  • Pluma が、[右 + 中クリック] ctrl + + / ctrl + テンキーの - を押すと、予期せずにタブが閉じる問題を修正
  • gsettings キーの追加: ファイルが変更された場合には保存の確認を表示
  • [中 + 右] ボタンを押しながら ctrl + + / ctrl + - をクリックしてフォントサイズを増減した際の不正な動作を修正
  • 変更が無い場合には文書の保存を要求しない
  • gsettings キーを追加して、サイドペインでタブを表示/非表示 (デフォルト) に
  • サイドバー使用時にはタブを表示しない
  • gtk 3.22: 非推奨の gdk_screen_get_monitor 関数を回避
  • 非推奨の gdk_screen_get_width/height を回避
  • 非推奨の gdk_screen_make_display_name を回避
  • pluma-help: deprecated gtk_show_uri を使用しない
  • filebrowser: deprecated gtk_show_uri を使用しない
  • 非推奨の gdk_display_get_screengdk_screen_get_number を回避
  • もし外部で文書が変更された場合には、それを保存可能にする
  • もし文書に変更がない場合には、それを保存可能とはしない
  • print-preferences UI: 一部の基本的な非推奨事項を修正
  • encoding-dialog UI: 一部の基本的な非推奨事項を修正
  • preferences-dialog UI: 一部の基本的な非推奨事項を修正
  • pluma-panel: 廃止された GtkImage タイプを削除
  • plumal-panel: 一部の非推奨 GtkStock を削除
  • search-dialogs: -Wpointer-compare 警告を削除
  • tag-list-plugin: 非推奨の GtkStock を回避
  • file-browser-widget: 一個の非推奨ストックを修正
  • configure: GLIB_VERSION_MAX_ALLOWED を廃止
  • File browser: GIOScheduler を使用しない(廃止のため)
  • file-browser-view: 一部のビルド警告を非表示
  • pluma-view: 非推奨の GtkStock を回避
  • pluma-tab: 一部の GtkStock アイコンを置き換え
  • pluma-notebook: 非推奨の gdk_cursor_new を使用しない
  • progress-message-area: GtkStock の1個の非推奨を修正
  • io-error-message-dialog: 一部の GtkStock 非推奨警告を修正
  • Pluma の中ボタンをクリックすると、突然タブが終了する問題を修正
  • pluma-notebook.c: ビルド時の警告を削除
  • 直前に開いたタブの右側をダブルクリックして、新しいタブを開く
  • gtk ブックマークファイルの新しい場所をサポート
  • docs: オプションメニューではなく、エンコード・コンボボックスを用意
  • PlumaStatus への参照を削除
  • docs: 存在しないアイテムへの参照を削除
  • filebrowser: 隠しファイルを解析しない - 2.36 以降は GIO が実行します。
  • close confirm dialog: すべてのラベルで選択を有効にし、フォーカスを無効に
  • close confirm dialog: ラベルの最大幅を設定
  • コードコメントのタイプミスを修正
  • Wayland 上での起動を修正
  • modelines: 複数の Pluma ウィンドウのうちの1つを閉じた時、ランダムクラッシュする問題を修正
  • 翻訳の更新

python-caja 1.20.0

  • 翻訳の更新

MATE 1.18 を公開しました

6 ヶ月の開発期間を経て、MATE デスクトップチームは MATE デスクトップ 1.18 のリリースを公表できたことをうれしく思います。このリリースを可能にしていただいた全ての MATE 貢献者の方々に感謝します。

about

MATE 1.18 で新しくなったこと

このリリースは、MATE デスクトップ 1.16 が今だに依存している、一部の非推奨コンポーネントを置き換えるために、GTK3+ への移行を完成し新技術を採用することに焦点を当てています。

MATE デスクトップ 1.18 の主な変更項目は次のとおりです。

  • MATE デスクトップ一式に含まれるアプリケーションとコンポーネントは、GTK3+ のみとなりました。
    • GTK+ >= 3.14 以上が必要です。
    • --with-gtk ビルドオプションを含め、すべての GTK2+ コードが削除されました。
  • libunique から GtkApplication への移行が完了しました。
  • マウスとタッチパッドの libinput サポートを追加しました。
    • 利き手 (左利き/右利き) と動作加速度/しきい値を個別に設定します。
  • 操作支援サポート (特に視覚障害者向け) が大幅に改善されました。
    • Hypra.fr にいる私たちの友人の貢献に感謝します!
  • Caja に複数の新機能が追加されました それは以下のとおりです。
    • コピーキューとコピーの一時停止が追加されました。
    • ファイルをゴミ箱に移動する前に確認します。
    • ディレクトリ移動でマウスの前後ボタンをサポート。
    • ドライブ取り出し時に安全に取り外し可能であることを通知します。
  • 画面ロック時には、ユーザーが選択した背景をロードできます。システム定義のデフォルトに替えて使用します。
  • MATEパネルには、次のとおり複数の改善を加えました。
    • 追加の起動オプションに対して、デスクトップアクション のサポートを追加しました
    • StatusNotifier のサポートを追加。
    • Menulibre メニューエディタのサポートが追加されました。もしこれがインストールされている場合は、Mozo よりも優先されます。
  • 書庫マネージャ Engrampa には以下の改善が含まれています。
    • サポートされる形式一覧に earwar を追加しました。
    • 正しい日付が表示されているかどうか、rar/unrar のバージョンをチェック
    • rar と 7z を圧縮するとボリュームに分割する問題を修正。
  • 通知は、アクションアイコンのサポートを実装するようになりました。例えば、メディアプレーヤーで使用される再生コントロールのアイコンなどです。
  • フォントビューアを作り直して、フォントブラウズモードや TTC フォントのサポートを追加し、標準でメニューに表示しました。
  • 廃止予定の upower サスペンド/ハイバネート機能を ConsoleKit2 相当の機能へと置き換えました
  • MATE 端末に、マウスの中ボタンでタブを閉じる機能を追加しました。
  • Atril 文書ビューアでは、ページ読み込み時間が大幅に改善され、一部のコミックで使用される unarchiver サポートが追加されました。
  • 多数の非推奨 GTK+ メソッドが置き換えられ、多くの不具合が修正されました。
  • Eye of MATE と Pluma にあるプラグインシステムとすべての C と Python のプラグインは libpeas へ移植されました。
  • 翻訳が更新されました。翻訳チームのみなさんに感謝します!
  • 多数のメモリリークがふさがれました
  • そして最も注目すべきことは…MATE 電卓が復活して GTK3+ へと移植されました :-D

MATE デスクトップ 1.18 の各種コンポーネントは、次の場所からダウンロードできます。

Changelog 変更点

変更点の詳細は以下のとおりです。

mate-common 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  

mate-desktop 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • GTK+3への移動(GTK+>=3.14が必要)、GTK+2 のコードと —with-gtk オプションを削除  
  • mpaste ツールの削除 (Web サイトなしでは機能しません)
  • 背景: 最近の GTK+ バージョンでのクロスフェード問題を修正
  • 背景: Caja がディレクトリウィンドウに背景を使用可能にするため、グラフィックスの問題をさらに修正  
  • 背景: メモリリークとその他の問題を修正
  • 色選択: GTK+3 の一部の非推奨事項を修正
  • スキーマ: 一部の修正とクリーンアップ
  • mate-about: 著作権の年度更新
  • mate-about: URL のセンタリングを修正
  • 翻訳の更新

mate-user-guide 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • 翻訳の更新

libmatekbd 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • GTK+3への移動(GTK+>=3.14が必要)、GTK+2 のコードと —with-gtk オプションを削除  
  • 翻訳の更新

libmatemixer 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • 翻訳の更新

libmateweather 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • GTK+3への移動(GTK+>=3.14が必要)、GTK+2 のコードと —with-gtk オプションを削除  
  • Python バインディングと —enable-python build オプションを削除 (GTK+3 では動作しません)  
  • 場所: ニュージーランドのダニーデンを追加
  • 場所: インドネシアのジョグジャカルタを追加
  • 場所: インドネシアをアジア地域へ移動
  • 場所: インドのプネの時間帯を訂正
  • 翻訳の更新

mate-icon-theme 1.18.0

  • 翻訳の更新

caja 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • Build: libmate-desktop >= 1.17.3 以上が必要
  • GTK+3 への移動 (GTK+>=3.14 が必要)、GTK+2 のコードと —with-gtk ビルオプションを削除  
  • libunique を GtkApplication へ移植
  • コピーキューと一時停止の実装
  • ファイルをごみ箱に移動する前に確認を要求するオプションを追加
  • ディレクトリ移動でマウスによる前後ボタンのサポートを追加
  • イジェクトされたドライブを安全に取り外すことができる場合には、通知を追加 (ビルド時に libnotify が必要)  
  • Caja が常に管理できるようにするため、—force-desktop コマンドラインオプションを追加 デスクトップ
  • 追加のアイコンが選択/選択解除されたとき、Orca からフィードバックを取得する機能を追加  
  • メタデータ変換ツールを削除
  • 最近の GTK+ バージョンでのクロスフェード問題を修正
  • Caja がディレクトリウィンドウに背景を使用可能にするため、グラフィックスの問題をさらに修正 windows
  • GTK+ の非推奨事項と実行時の警告を一部修正
  • スキーマ: 一部の修正とクリーンアップ
  • 翻訳の更新

mate-polkit 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • GTK+ の一部の非推奨事項を修正
  • 翻訳の更新

marco 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • GTK+3 への移動 (GTK+>=3.14 が必要)、GTK+2 のコードと —with-gtk オプションを削除  
  • テーマビューア: GTK+3 のビルドを修正し、一部の GTK+ 非推奨を修正
  • alt + tab キーで事前に選択されたウィンドウ枠の表示をしない機能を追加
  • show-desktop が起動された時にアプリケーションを無視する機能を追加
  • スキーマ: コンポジットを既定に設定
  • ワークスペース: `classic’ と ‘toroidal’ のラッピング動作モードの切り替え (何らかの事情で逆になっていたため)  
  • 翻訳の更新

mate-settings-daemon 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • ビルド: XInput が無条件に必要
  • ビルド: libmatemixer >= 1.10、 libxklavier >= 5.2、 dconf >= 0.13 が必要
  • ビルド: libmatekbd と libmate-desktop >= 1.17 が必要
  • GTK+3 への移動 (GTK+>=3.14 が必要)、GTK+2 のコードと —with-gtk ビルオプションを削除  
  • マウスとタッチパッドの libinput サポートを追加
  • タッチパッド: 利き手 (左利き/右利き) と動作加速度/しきい値に個別の設定を追加  
  • 背景: Caja が GTK+ 3.22 で背景を描画できるようにする復元オプション
  • その他の修正とクリーンアップ
  • 翻訳の更新

mate-session-manager 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • 廃止予定の upower サスペンド/ハイバネート機能を ConsoleKit2 相当の機能へと置き換え (—enable-upower ビルドオプションを削除)  
  • 翻訳の更新

mate-menus 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • 翻訳の更新

mate-panel 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • ビルド: libmate-menu >= 1.10 と dconf >= 0.13.4 が必要
  • ビルド: libmateweather と libmate-desktop >= 1.17 が必要
  • GTK+3への移動(GTK+>=3.14が必要)、GTK+2 のコードと —with-gtk オプションを削除  
  • ランチャ: 追加の起動オプションに対するデスクトップアクションのサポートを追加  
  • メニューアプレット: Menulibre メニューエディタのサポートを追加します。もし両方がインストールされている場合は、Mozo を優先します。  
  • 通知エリア: StatusNotifier のサポートを追加
  • 多数の GTK+ 非推奨事項と、実行時の警告を修正
  • 翻訳されたときにアクセス可能な名前変更をスパムにしない
  • 一部のコードをクリーンアップ
  • 翻訳の更新

mate-backgrounds 1.18.0

  • 翻訳の更新

mate-notification-daemon 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • アクションアイコンのサポートを実装 (メディアプレーヤーで使用される再生コントロールアイコンなど)  
  • テーマ:一部のパイカウントダウンの問題を修正
  • 翻訳の更新

mate-control-center 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • ビルド: libmatekbd、libmate-desktop、marco, m-s-d >= 1.17 が必要
  • ビルド: XCursor と XInput が無条件に必要
  • GTK+3 への移動 (GTK+>=3.14 が必要)、GTK+2 のコードと —with-gtk ビルオプションを削除  
  • libunique を GtkApplication へ移植
  • フォントビューアの作り直し: フォントブラウズモードの追加、TTC フォントのサポートと、フォントビューアがメニューに表示されるようにしました。  
  • マウスとタッチパッドの libinput サポートを追加
  • マウス: タッチパッドのタブに個別の動作設定を追加
  • マウス: タブのラベルを「一般」から「マウス」へ変更
  • マウス: 自然なスクロールのニーモニックを「a」から「n」へ変更
  • 多数の GTK+ 依存関係を修正
  • その他の修正とクリーンアップ
  • 翻訳の更新

mate-screensaver 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • ビルド: require libmate-menu >= 1.10 以上が必要
  • ビルド: libmatekbd と libmate-desktop >= 1.17 以上が必要
  • GTK+3 への移動 (GTK+>=3.14 が必要)、GTK+2 のコードと —with-gtk ビルオプションを削除  
  • ロック画面: システムの背景ではなくてユーザーの背景を読み込む
  • 設定: GTK+ の一部の非推奨事項を修正
  • 翻訳の更新

mate-media 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • ビルド: libmatemixer >= 1.10 以上と libmate-desktop >= 1.17 以上が必要
  • GTK+3 への移動 (GTK+>=3.14 が必要)、GTK+2 のコードと —with-gtk ビルオプションを削除  
  • libunique を GApplication と GtkApplication へ移植
  • 一部のクリーンアップ
  • 翻訳の更新

mate-power-manager 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • ビルド: xproto >= 7.0.15 以上が必要
  • ビルド: mate-panel >= 1.17 以上が必要
  • GTK+3への移動(GTK+>=3.14が必要)、GTK+2 のコードと —with-gtk オプションを削除  
  • 廃止予定の upower サスペンド/ハイバネート機能を ConsoleKit2 相当の機能へと置き換え  
  • sgml から man ページを生成する代わりに、そのまま man ページを使用します (ビルドに docbook2man は必要ありません)。  
  • その他の修正とクリーンアップ
  • 翻訳の更新

mate-system-monitor 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • 他のユーザに対して、killrenice を使うために pkexec のサポートを追加したので、 gksu を試す前にそれを使ってみてください。
  • GTK+ の一部の非推奨事項を修正
  • 翻訳の更新

atril 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • ビルド: caja >= 1.17.1 以上が必要
  • GTK+3 への移動 (GTK+>=3.14 が必要)、GTK+2 のコードと —with-gtk ビルオプションを削除  
  • [comics] unarchiver (unar および lsar) のサポートを追加
  • [libview] ページのキャッシュサイズを増やして、ページのリロード回数を減少
  • メタデータ移行コードの削除
  • X11 バックエンドの強制
  • 多数の GTK+ 依存関係を修正
  • a11y の問題を修正
  • その他の修正とクリーンアップ
  • 翻訳の更新

caja-dropbox 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • ビルド: libcaja-extension 1.17.1 と GLib 2.36 が必要

caja-extensions 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • ビルド: caja >= 1.17.1 以上と libmate-desktop >= 1.17.0 以上が必要
  • GTK+3 への移動 (GTK+>=3.14 が必要)、GTK+2 のコードと —with-gtk ビルオプションを削除  
  • xattr-tags 拡張機能を追加して、新しいカラムに xattr タグを表示
  • 翻訳の更新

engrampa 1.18.0

  • rar/unrar バージョンをチェックして、すべてのバージョンで新しい日付スタイルを使用できるようにしました。
  • 修正: rar ファイルリストには、最新のバイナリで正しい日付が表示されます。
  • 修正: 圧縮後に 7z の最初の分割ボリュームを展開
  • NEWS のタイプミスを修正: engramp の代わりに engrampa
  • rar を圧縮すると複数のボリュームへ分割する問題を修正。
  • 7z を圧縮すると複数のボリュームへ分割する問題を修正。
  • ビルド: 非推奨なものを無効にするオプションを削除
  • zip: サポートされる種類の一覧に ear と war を追加
  • Engrampa のニュースを更新して、一貫性のあるプロジェクト全体のマークダウンのような書式を使用するようにします  
  • ビルド: GTK+3 バージョンの libcaja-extension に対してビルドするには、Caja>=1.17.1 が必要  
  • tar: .tar.xz ファイルに対する pixz のサポートを追加
  • tar: .tar.bz2 ファイルでの lbzip2 のサポートを追加
  • lha: Amiga ファイルのサポートを追加
  • GSettings スキーマの一部を修正
  • 翻訳の更新

eom 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • Build: libmate-desktop >= 1.17. 以上が必要
  • GTK+3への移動(GTK+>=3.14が必要)、GTK+2 のコードと —with-gtk オプションを削除  
  • Python バインディングと —enable-python build オプションを削除
  • プラグインシステムとプラグインを libpeas へ移植
  • 一部のコードと docs をクリーンアップ
  • 翻訳の更新

mate-applets 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • Build: libmateweather と mate-panel >= 1.17 以上が必要
  • GTK+3への移動(GTK+>=3.14が必要)、GTK+2 のコードと —with-gtk オプションを削除  
  • お天気アプレット: 気温のラベル配置を修正
  • お天気アプリ: 設定ダイアログの各タブに、適切なヘルプ項目を表示
  • GTK+ の非推奨事項と実行時の警告を一部修正
  • 一部のコードをクリーンアップ
  • 翻訳の更新

mate-calc 1.18.0

  • AppData の追加

mate-icon-theme-faenza 1.18.0

  • Bump バージョン

mate-indicator-applet 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • Build: 概要に新しいスタイルインジケータのサポートステータスを表示
  • ビルド: mate-panel >= 1.17 以上が必要
  • GTK+3への移動(GTK+>=3.14が必要)、GTK+2 のコードと —with-gtk オプションを削除  
  • 翻訳の更新

mate-netbook 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • ビルド: mate-panel >= 1.17 以上が必要
  • GTK+3への移動(GTK+>=3.14が必要)、GTK+2 のコードと —with-gtk オプションを削除  
  • 翻訳の更新

mate-sensors-applet 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • ビルド: mate-panel >= 1.17 以上が必要
  • GTK+3への移動(GTK+>=3.14が必要)、GTK+2 のコードと —with-gtk オプションを削除  
  • GTK+ の一部の非推奨事項を修正
  • その他の修正とクリーンアップ
  • 翻訳の更新

mate-terminal 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • マウスの中ボタンでタブを閉じる機能を追加
  • 翻訳の更新

mate-user-share 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • ビルド: caja >= 1.17.1 以上が必要
  • GTK+3 への移動 (GTK+>=3.14 が必要)、GTK+2 のコードと —with-gtk ビルオプションを削除  

mate-utils 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • ビルド: mate-panel >= 1.17 以上が必要
  • GTK+3への移動(GTK+>=3.14が必要)、GTK+2 のコードと —with-gtk オプションを削除  
  • 偶発的な distcheck の破損を修正
  • 一部のコードをクリーンアップ
  • 翻訳の更新

mozo 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • 翻訳の更新

pluma 1.18.0

  • ニュース: リリース情報の生成を容易にするため、一貫性があってプロジェクト全体で共通する、マークダウンのような書式を使用します。  
  • GTK+3への移動(GTK+>=3.14が必要)、GTK+2 のコードと —with-gtk オプションを削除  
  • Build: 実際に GObject イントロスペクション・データをビルドします。
  • Build: —enable-deprecations オプションを実際に削除 非推奨となったものすべてを無効に
  • 正規表現を使用してテキストを検索/置換する機能を追加
  • Python バインディングと —enable-python build オプションを削除
  • プラグインシステムと、C プラグインと Python プラグインを libpeas へ移植
  • Snippet プラグイン: Pluma メッセージバス上の関数の公開を停止 (GObject イントロスペクションでは動作しません)  
  • Snippet プラグイン: Ctrl-Z の後にスニペット部分が残る問題を修正
  • 行番号の列で中でクリックすると、最初のタブが予期せず閉じる問題を修正  
  • プラグインで一部のランタイム警告を修正
  • コードと文書類について、さらに修正とクリーンアップ
  • 翻訳の更新

python-caja 1.18.0

  • 翻訳の更新
  • GTK+3 だけのサポート: Caja 1.17.1 と pygobject-3.0 が必要
  • Python 2.5 の古いチェックを削除。これは最近では不要なため。

サーバの障害

このウェブサイトを実行しているサーバは、昨日予告なしにオフラインになりました。理由は不明ですが、サーバホストからの連絡はありませんでした。バックアップは完了しており、データは少しも失われていません。 サービスの復帰を開始しました。未解決のサービスは、休暇期間中の時間が許す限り復旧される予定です。

サービスがオンラインに戻ったら、このページを更新します。

どのような影響がありますか?

このサービスは現在停止中です。復旧の際は優先度の高い順に表示されます。

  • ml.mate-desktop.org - これはほとんど使用されないメーリングリストです。
  • forums.mate-desktop.org - フォーラムは、私たちが今年初めに閉鎖を開始して、ロックされています。

何が復旧したのですか?

更新

12月21日

  • BytemarkMATE デスクトップのホストスポンサーになるとの申出を受けたので、以前のプロバイダによるサーバ停止から復旧するのに役立ちました。
  • www.mate-desktop.orgpub.mate-desktop.org が復旧。

12月22日

  • wiki.mate-desktop.org 復旧。
  • git.mate-desktop.org 復旧。

12月23日

  • planet.mate-desktop.org 復旧。

1月2日

  • mail.mate-desktop.org 復旧。

この度はご迷惑をお掛けして申しわけありません。

MATE 1.16 リリース

6 ヶ月の開発期間を経て、MATE デスクトップチームは MATE デスクトップ 1.16 のリリースを公表できたことをうれしく思います。このリリースを可能にしていただいた全ての MATE 貢献者の方々に感謝します。

about

MATE 1.16 での主な変更点:

今回のリリースでは、GTK3+ の互換性の向上、新しいライブラリへのコンポーネントの移行、バグの修正、コードのクリーン化に重点が置かれています。MATE デスクトップ 1.16 の主要項目の変更点は次の通りです。

  • MATE デスクトップ全体で GTK+3 のサポートが向上。
  • アプリケーションとテーマの GTK+ 3.22 サポート。
  • 多くのアプリケーションが GTK+3 のみのビルドに対応
    • Engrampa 書庫マネージャ
    • MATE 通知デーモン
    • MATE PolKit
    • MATE セッションマネージャ
    • MATE 端末
  • 一部のアプリケーションは libmate-desktop から切り離されました。
    • Engrampa 書庫マネージャ
    • MATE アプレット
    • MATE ネットブック
    • MATE 電源管理
    • MATE 端末
    • Pluma テキストエディタ
  • アプリケーションを GApplication または GtkApplication に移植する作業を開始しました。
    • Engrampa 書庫マネージャ
    • MATE アプレット
    • MATE ネットブック
    • MATE ユーザー共有
  • 多数のバグと非推奨事項が修正されています。
  • 翻訳が更新されました。翻訳者のチームに感謝します!

MATE デスクトップ 1.16 の各種コンポーネントは、次の場所からダウンロードできます。

Changelog 変更点

変更点の詳細は以下のとおりです。

mate-common

  • mate-autogen では、autoconfautomake のように autoreconf だけをチェック libtoolgettextautoreconf ですでにチェックされています。

mate-desktop

  • mate-bg: 不要な ignore-pending-change プロパティを削除 (Caja 1.14 でのフォント色修正によって不要)
  • GTK+3: 各種の非推奨事項を修正
  • distcheck: 現在選択されている GTK+ バージョンを明示的に使用
  • わずかなクリーンアップ
  • 翻訳の更新

libmatekbd

  • libxklavier5.2 を要求し、そのイントロスペクションを使用
  • GTK+3: 一部の非推奨事項を修正
  • distcheck: 現在選択されている GTK+ バージョンを明示的に使用
  • 翻訳の更新

libmatemixer

  • 翻訳の更新

libmateweather お天気 MATE

  • 場所: エクアドル、キトーの ICAO コードを更新
  • 場所: ミンスク空港 (コード UMMS) の正しい時間帯に訂正
  • 翻訳の更新

mate-icon-theme

  • 翻訳の更新

Caja ファイルマネージャ

  • MateAboutDialog() の代わりに GtkAboutDialog() を使用
  • Pathbar: 常に右矢印ボタンを表示
  • アイコンの異なるタブ間で切り替えた時、タスクバーアイコンが変わる問題を修正
  • libcaja-extension の文書ビルド時での多くの警告を修正
  • GTK+3: pathbar の要素にスタイルクラスを追加
  • GTK+3: fix 描画とデスクトップ背景の変更 >=3.21
  • GTK+3: 多量の非推奨事項を修正
  • その他の改善
  • 翻訳の更新

mate-polkit

  • GTK+3 への移動 (GTK+ >= 3.14 が必要)、GTK+2 のコードと --with-gtk ビルオプションを削除
  • 翻訳の更新

Marco ウィンドウマネージャ

  • 翻訳の更新
  • distcheck は現在選択されている GTK+ バージョンを使用

mate-settings-daemon

  • 既定のヒントスタイルを hintslight へ変更
  • 既定では ‘rgba’ (LCD サブピクセル) アンチエイリアスを使用
  • GTK+3: ハードコードされた色を使用する代わりに、OSD (MsdOsdWindow) に css のテーマを追加
  • GTK+3: fix 描画とデスクトップ背景の変更 >=3.21
  • GTK+3: 複数の非推奨事項を修正
  • 一部のビルド警告を修正
  • 翻訳の更新

MATE セッションマネージャ

  • GTK+3 への移動 (GTK+ >= 3.14 が必要)、GTK+2 のコードと --with-gtk ビルオプションを削除
  • 翻訳の更新

MATE メニュー

  • 翻訳の更新

MATE パネル

  • MateAboutDialog() の代わりに GtkAboutDialog() を使用
  • GTK+3: プロパティダイアログで GtkColorButton/GtkColorChooser を使用
  • GTK+3: 多数の非推奨事項を修正
  • その他の修正とクリーンアップ
  • 翻訳の更新

mate-backgrounds 背景

  • 翻訳の更新

MATE テーマ

  • GTK+3.20 および 3.22 の包括的なサポート

MATE 通知デーモン

  • Build: 他のプロジェクトと同様に、m4 マクロには macros ではなく m4 ディレクトリを使用
  • GTK+3 への移動 (GTK+ >= 3.14 が必要)、GTK+2 のコードと --with-gtk ビルオプションを削除
  • GNotification のサポートを追加
  • 特殊文字のエスケープを修正
  • GTK+ のさまざまな非推奨事項を修正
  • 翻訳の更新

mate-control-center コントロールセンタ

  • Build: dconf 0.10 との互換性を削除
  • 外観: 既定のヒントスタイルを slight に変更し、そのスタイルを使用してアンチエイリアスサンプルをレンダリング
  • 外観: RGBAアンチエイリアスを使用してヒントサンプルをレンダリング
  • 外観: GTK+2 のときと一致するように、テーマ名を GTK+3 ビルドのテーマプレビューの下に配置
  • 外観: GTK+2 のときと一致するように、テーマ名を GTK+3 ビルドで中央に配置
  • 外観: GTK+3 ビルドではカスタマイズのテーマダイアログで色タブを非表示にします。テーマ色の変更は GTK+3 では機能しません。
  • GTK+3: appindicator サポートを有効にしてビルドを修正
  • GTK+3: glib2.49.6 でディスプレイのプロパティにモニタを表示するよう修正
  • GTK+3: 各種の非推奨事項を修正
  • 一部のコードをクリーンアップ
  • 翻訳の更新

mate-screensaver スクリーンセーバ

  • スクリーンセーバーが既にアクティブになっているときのロックを修正
  • GTK+3: マルチモニタ設定で背景とロックを修正
  • GTK+3: 複数の非推奨事項を修正
  • その他の修正とクリーンアップ
  • 翻訳の更新
  • distcheck は現在選択されている GTK+ バージョンを使用

mate-media

  • 翻訳の更新

mate-power-manager MATE 電源管理

  • MateAboutDialog() の代わりに GtkAboutDialog() を使用
  • libmate-desktop への依存関係を削除
  • プライマリデバイスの残り時間をコンテキストメニューの最初のエントリとして表示
  • ノートパソコンのバッテリが空の場合は、コンソールに警告を非表示
  • GTK+3: libunique を GtkApplication へ移植
  • GTK+3: OSD (MsdOsdWindow) 用の css テーマを追加
  • GTK+3: システムにバッテリがない場合の、トレイの空きスペースを修正
  • GTK+3: 多数の非推奨事項を修正
  • その他の修正とクリーンアップ
  • 翻訳の更新
  • distcheck は現在選択されている GTK+ バージョンを使用

MATE システムモニタ

  • 翻訳の更新

Atril 文書ビューア

  • Build: Poppler 0.18.0 が必要
  • MateAboutDialog() の代わりに GtkAboutDialog() を使用
  • libmate-desktop--without-matedesktop ビルドオプションへの依存関係を削除
  • libegg から toolbar-editor を更新
  • synctex を 1.18 へ更新
  • デュアルモードオプションを、左側に奇数ページと偶数ページのデュアルモードに分割して表示
  • 前後の検索結果に Ctrl+Up/Down キーバインドを追加
  • caja-sendto サポートを追加して、現在の文書を電子メールでリムーバブルデバイスなどに送信可能にしました。
  • --named-dest コマンドライン引数と dbus サポートで、名前付き宛先のサポートを改善
  • [dvi] t1フォントのマッピングファイルを使用
  • GTK+3: スタイルクラスを view へ追加
  • GTK+3: イントロスペクション有効時にビルドがクラッシュする問題を修正
  • GTK+3: 多数の非推奨事項を修正
  • その他の修正とクリーンアップ
  • 翻訳の更新

Caja 拡張機能

  • open-terminal:
    • 名前に一重または二重引用符を使用して、リモートフォルダの端末を開く際の問題を修正
    • 一部のコードをクリーンアップ
  • 翻訳の更新

Engrampa 書庫マネージャ

  • GTK+3 への移動 (GTK+ >= 3.14 が必要)、GTK+2 のコードと --with-gtk ビルオプションを削除
  • GtkApplication へ移植
  • ファイル名の並び替え時には自然な順序を使用
  • カスタムコードの代わりに GTK+ の App Chooser ダイアログを使用して “Open With” コマンドを実行
  • パスワードが指定されていない場合、”encrypt header” オプションを区別しません。
  • RAR アーカイブを処理する時、p7zip よりも unrar を優先
  • 7z: p7zip-rar >=15.14 のサポートを追加
  • 7z: ‘@’ の接頭辞が付いたファイルに関する問題を修正
  • GTK+ の一部の非推奨事項を修正
  • その他の修正とクリーンアップ
  • 翻訳の更新

Eye of MATE 画像ビューア

  • MateAboutDialog() の代わりに GtkAboutDialog() を使用
  • エラーメッセージ領域で発生する可能性がある、範囲外の書き込みを修正
  • 一部のクリーンアップ
  • 翻訳の更新

MATE アプレット

  • Build: polkit 0.97 が必要
  • MateAboutDialog() の代わりに GtkAboutDialog() を使用
  • Netspeed: GtkColorButton/GtkColorChooser の使用
  • libmate-desktop への依存関係を削除
  • GTK+3: 各種の非推奨事項を修正
  • 一部のコードをクリーンアップ
  • 翻訳の更新

MATE インジケーターアプレット

  • Build: 新しいスタイルのインジケータサポートの修正チェック
  • 翻訳の更新

MATE ネットブック

  • Window Picker アプレット: MateAboutDialog() の代わりに GtkAboutDialog() を使用
  • Window Picker アプレット: クラッシュの可能性を防止
  • mate-maximus: libunique から GApplication へ移植
  • libmate-desktop への依存関係を削除
  • 翻訳の更新

MATE センサーアプレット

  • distcheck は現在選択されている GTK+ バージョンを使用
  • 翻訳の更新

MATE 端末

  • GTK+3 へ移行、GTK+ 3.14 と VTE 0.38 (API2.91) が必要
  • GTK+2 のコードと --with-gtk ビルドオプションを削除
  • MateAboutDialog() の代わりに GtkAboutDialog() を使用
  • libmate-desktop から dconf と gsettings ヘルパーをコピーし、libmate-desktop への依存関係を削除
  • X11 でのみ WM の変更に対応
  • 多数の GTK+ 依存関係を修正
  • その他の修正とクリーンアップ
  • 翻訳の更新

MATE ユーザー共有

  • Build: 他のプロジェクトと同様に、m4 マクロには m4 ディレクトリを使用
  • GTK+3: libunique を GtkApplication へ移植
  • distcheck は現在選択されている GTK+ バージョンを使用
  • 翻訳の更新

mate-polkit

  • GTK+3 への移動 (GTK+ >= 3.14 が必要)、GTK+2 のコードと --with-gtk ビルオプションを削除
  • 翻訳の更新

mate-utils

  • コマンドラインのオプション --versionmate-screenshot へ追加
  • GTK+3: >= 3.21 での MATE 辞書のセグメンテーションエラーを修正
  • GTK+3: すべてのアプリケーションで、多数の非推奨事項を修正
  • 翻訳の更新

Mozo メニューエディタ

  • プロパティと削除のボタンを追加
  • ドラッグ&ドロップに関する複数の問題を修正
  • .desktop ファイル名にスラッシュを含むとき、クラッシュする問題を修正
  • その他の修正とクリーンアップ
  • 翻訳の更新

Pluma テキストエディタ

  • MateAboutDialog() の代わりに GtkAboutDialog() を使用
  • libmate-desktop--without-matedesktop ビルドオプションへの依存関係を削除
  • GTK+3: 多数の非推奨事項を修正
  • その他の修正とクリーンアップ
  • 翻訳の更新

caja-dropbox

  • 一部のコードをクリーンアップ

python-caja

  • 例: 背景画像の拡張機能ロード時に Caja がクラッシュする問題を修正
  • 例: 各種の修正
  • 翻訳の更新

MATE デスクトップ・ディスカッションフォーラムが終了します

残念ながら、MATEデスクトップ・フォーラムは直ちに終了します。

ここしばらくの間、フォーラムのモデレーターたちは議論のペースに追いつくのに苦労していて、スパムや新規登録と戦ってきました。元のフォーラム管理者も、MATE デスクトップ・フォーラムに積極的に参加しなくなりました。したがって、MATE デスクトップ・フォーラムの閉鎖を決定したことを残念に思っています。MATE のサポートを希望する方は、次のいずれかのディストリビューション専用のフォーラムにアクセスすることをお勧めします。

MATE デスクトップには、色々なディストリビューション・フォーラムにも公式スレッドがあります。

MATE デスクトップ・ディスカッションは Twitter にも見つかります。

MATE デスクトップ・フォーラムで過去や現在で係わったモデレーターに対して、その長年にわたってフォーラムに投資していただいたすべての時間と努力に感謝したいと思います。そして、先に紹介したいくつかのディスカッション・フォーラムでモデレータとしての役割が見つかるのを期待しています。

もし、誰か MATE デスクトップフォーラムの管理とモデレートを引き受けたい場合は、 Libera Chat の #mate-dev IRC および Matrix チャネルで MATE デスクトップチームとチャットしてください。フォーラムを再びアクティブにすることが可能です。

MATE 1.14 をリリースしました

5ヶか月の開発期間を経て、MATE デスクトップチームは MATE デスクトップ 1.14 のリリースを公表できたことをうれしく思います。すべての MATE 貢献者とユーザーに感謝します。

about

MATE 1.14 で新しくなったこと

MATE デスクトップ 1.14 の主な変更点は次のとおりです。

  • MATE デスクトップ全体で GTK+3 のサポートが向上。
  • すべての MATE テーマで GTK 3.20 を完全にサポート。
  • クライアント側で装飾されたアプリケーションは、すべてのテーマで正しくレンダリングされます。
  • MATE システムモニタと Mozo は GTK+3 だけへ完全に移植。
  • タッチパッドの設定で、エッジスクロールと2本指スクロールを独立してサポートするようになりました。
  • Caja の Python 拡張機能は、個別に管理できるようになりました。
  • 3つのウィンドウフォーカス・モードはすべて選択可能です。
  • MATE パネルでは、メニューバーとメニュー項目のアイコンサイズの変更が可能になりました。
  • MATE ネットスピードアプレットは、MATE アプレット・パッケージへ統合されました。
  • MATE 端末は、GTK+3 用にビルドされた場合、VTE 2.91 API をサポートします。
  • モニタ画面の音量と明るさを有効 / 無効にできるようになりました。
  • 翻訳が更新されました。翻訳チームのみなさんに感謝します!

MATE 1.14 の各種コンポーネントは、次の場所からダウンロードできます。

スクリーンショット

Changelog 変更点

変更点の詳細は以下のとおりです。

mate-common

  • 廃止された MATE コンポーネントへの参照を除去

mate-desktop

  • MateConf の移行スクリプトと古い mate-conf-import ツールを削除
  • GTK+3 でビルドされた GtkHBoxGtkVBox の非推奨使用を修正

libmatekbd

  • MateConf 移行スクリプトの削除
  • イントロスペクションのビルド警告を軽減
  • GTK+3 の一部の非推奨事項を修正
  • 各種修正とクリーンアップ

libmatemixer

  • PulseAudio 2.0 以降が必要
  • 各所のエラーチェックを改善
  • PulseAudio の音量制限を修正
  • その他の PulseAudio の修正
  • alsaoss バックエンドの一部の修正と改善
  • 各種修正とクリーンアップ

libmateweather お天気 MATE

  • 旧式のビルドフラグを削除
  • スキーマの小さな修正

mate-icon-theme

  • system-config-keyboard アイコンの追加

Caja

  • MateConf 移行スクリプトの削除
  • 中クリック時にタブを閉じることを許可
  • Python 拡張機能を拡張リストに個別にリスト
  • GTK+3: 複数のスタイルクラスを追加してテーマを簡単に
  • GTK+3: デスクトップ flash の問題を修正
  • GTK+3: 多数の非推奨関連の修正
  • 各種修正とクリーンアップ

mate-polkit

  • GTK+3: 複数の非推奨事項を修正

Marco

  • MateConf 移行スクリプトの削除
  • Chromium ウィンドウ最小化後に現れる視覚的な不具合を修正
  • compositing-fast-alt-tab GSettings キーの記述を訂正 (サムネイルが無効になることを明記)
  • GTK+3 のビルドで libmarco-private’s sover をバンプ
  • GTK+3: コンポジタが有効な場合、Alt-Tab のサムネイルを表示する機能を再追加
  • GTK+3: 複数の非推奨事項を修正

mate-settings-daemon

  • MateConf 移行スクリプトの削除
  • media-keys: OSD を有効/無効にする設定を追加
  • touchpad: エッジスクロールと2本指スクロールを個別にサポート (個別の GSettings キーを使用)
  • xsettings: カーソルテーマとサイズの設定を追加
  • GTK+3: 複数の非推奨事項を修正
  • 各種修正とクリーンアップ

mate-session-manager

  • MateConf 移行スクリプトの削除
  • GTK+3: 一部の非推奨事項を修正
  • 各種修正とクリーンアップ

mate-menus

  • mate-preferences-categories.menumate-control-center から移動

このファイルは個別にパッケージ化できるので、ユーザーは設定メニューでカテゴリを使用するかどうかを決定できます。

mate-panel

  • MateConf 移行スクリプトの削除
  • 「アプレットの再ロード」ダイアログに別の「削除」ボタンを追加して、「再ロードしない」ボタンを動作させます (今はアプレットを永久に削除しません)。
  • (サブメニューが作成される前に) メニュー内のブックマークの最大数を GSettings キーで設定できるようにしました。
  • GSettings キーを使用してメニュー項目のアイコンサイズを設定可能に
  • メニューバーアイコンの既定サイズを 22px に変更
  • Ubuntu hacks” (--enable-ubuntu ビルドオプション) を Ubuntu がかなり前に削除したので廃止
  • GTK+3: 複数のスタイルクラスを追加
  • GTK+3: 3.20 用に複数の css 名を追加
  • GTK+3: 3.18 以降でカスタム背景のレンダリングを修正
  • GTK+3: 多数の非推奨事項を修正
  • 各種修正とクリーンアップ

mate-themes

  • GTK 3.20 の完全サポート。
  • クライアント側で装飾されたアプリケーションは、すべてのテーマで正しくレンダリングされます。
  • すべてのテーマに対するさまざまな改善と細かな改良

mate-notification-daemon

  • MateConf 移行スクリプトの削除
  • GTK+3: 通知テキストを明示的に50文字で折り返し
  • GTK+3: スライダテーマの fg/bg 色の反転を止めます (現在の GTK+ テーマの色をそのまま使用)。  
  • GTK+3: スライダテーマの一部を修正
  • GTK+3: 一部の非推奨事項を修正

mate-control-center

  • MateConf 移行スクリプトの削除
  • Ubuntu hacks” (--enable-ubuntu ビルドオプション) を Ubuntu がかなり前に削除したので廃止
  • mate-preferences-categories.menu を mate-menus へ移動
  • タッチパッドの設定: エッジスクロールと2本指スクロールを独立してサポート
  • ウィンドウのプロパティ: 3 つのウィンドウフォーカスモードすべてを選択可能に
  • GTK+3: mate-appearance-properties でのテーマプレビューを修正
  • GTK+3: 複数の非推奨事項を修正
  • 各種修正とクリーンアップ

mate-screensaver

  • MateConf 移行スクリプトの削除
  • GTK+3: 複数の非推奨事項を修正
  • 各種修正とクリーンアップ

mate-media

  • GTK+3: 3.20 用に css 名 GvcMixerDialog を追加
  • GTK+3: 複数の非推奨事項を修正

mate-power-manager

  • MateConf 移行スクリプトの削除
  • Xorg 関数の呼び出し失敗時に発生する可能性があるクラッシュを修正
  • GTK+3: 明るさアプレットの非推奨事項を修正
  • 各種修正とクリーンアップ

mate-system-monitor

  • GTK+3 へ移行して、GTK+2 コードを廃止し、--with-gtk ビルドオプションを使用
  • 要求する最小限の GTK+ バージョンを 3.14 へと設定し、非推奨コードの一部を削除
  • libgksu2.so をロードする代わりに gksu バイナリを実行します (これは GTK+2 のみです)。
  • MateConf 移行スクリプトの削除
  • メインウィンドウ: 最大化された状態を gsettings に終了時保存し、起動時にロード
  • Disks: 複数の列幅とその表示/非表示を保存しロードする機能を追加
  • プロセスのプロパティ: cgroups を表示
  • プロセスのプロパティ: cgroups または selinux 非設定時には N/A を表示
  • プロセステーブル: CPU 時間が変化した時に実行状態を表示
  • グラフのグリッド線の色とパターンを変更
  • GTK+ 3.20 の問題を回避するために、グラフの背景を明示的に描画します
  • marco や vino のような一部の既知のアプリの不正なアイコンを修正
  • 各種修正とクリーンアップ

Atril

  • MateConf 移行スクリプトの削除
  • 著作権を更新し、Caja 拡張機能にて MATE チームを記述
  • スクリーンセーバーを無効にするには org.gnome.SessionManagerDBus 名を使用します
  • GTK+3: atril-window スタイルクラスを最上位に追加
  • GTK+3: 3.20 用に EggToolbarEditor という css 名を追加
  • 各種修正とクリーンアップ

Caja 拡張機能

  • MateConf 移行スクリプトの削除
  • GTK+3: 一部の非推奨事項を修正
  • 各種修正とクリーンアップ

Engrampa

  • MateConf 移行スクリプトの削除
  • ”開く…”ダイアログでの不規則なクラッシュを修正
  • 7z: ファイル名の “?” 文字に係る問題を回避
  • 7z: p7zip 15.09+ に対するチェックを訂正
  • rar: 既存ファイルの上書きを無効にする時、”展開するファイルがありません” というメッセージを回避
  • tar: txz ファイルの内容の変更を許可 (.tar.xz ファイルの場合と同様)
  • unar: ファイル名の “?” 文字に係る問題を回避

Eye of MATE

  • MateConf 移行スクリプトの削除
  • スクリーンセーバーを無効にするには org.gnome.SessionManagerDBus 名を使用します
  • ファイルが変更された時、未変更の画像を自動的に再ロード
  • GTK+3: 最上位レベルに eom-window クラスを追加
  • GTK+3: 3.20 用に EggToolbarEditor という css 名を追加
  • GTK+3: SVG のレンダリングを修正
  • GTK+3: 複数の非推奨事項を修正
  • 各種修正とクリーンアップ

MATE アプレット

  • MateConf 移行スクリプトの削除
  • 最近ではビルドもできない null_applet を削除
  • GPL-2+ のもとでコマンドとタイマーアプレットを再ライセンス
  • mate-netspeed プロジェクト (およびその開発停止プロジェクト) の netspeed アプレットを統合
  • GTK+3: CPU 計測モニタのレンダリングを修正
  • GTK+3: 付箋アプレットのf g/bg 色とフォントタイプの設定を修正
  • GTK+3: 複数の非推奨事項を修正
  • 各種修正とクリーンアップ

mate-netbook

  • MateConf 移行スクリプトの削除
  • GTK+3: 一部の非推奨事項を修正
  • 各種修正とクリーンアップ

MATE ネットスピード

  • MATE ネットスピードは mate-applets パッケージへ統合されました。

mate-sensors-applet

  • 各種修正とクリーンアップ

MATE 端末

  • GTK+3 ビルドでの VTE 2.91 API をサポート
  • MULTILINE オプションを使用して dingu の正規表現をコンパイル
  • コマンドラインオプションの説明および man ページの COLSROWS の誤った順序を修正
  • GTK+3: スタイルクラスを MATE 端末へ追加
  • GTK+3: 3.20 用のウィンドウサイズを修正
  • GTK+3: 複数の非推奨事項を修正
  • 各種修正とクリーンアップ

MATE ユーザー共有

  • MateConf 移行スクリプトの削除
  • .desktop ファイルのキーワード欄を翻訳しない
  • GTK+3: 一部の非推奨事項を修正

mate-utils

  • MateConf 移行スクリプトの削除
  • -ai コマンドライン引数を使用して起動した時、mate-screenshot UI の効果と遅延オプションを無効にします
  • スクリーンショットのファイル名には、標準でコロンの代わりにハイフンを使用します。
  • GTK+3: 多くの非推奨事項と一部の UI 問題を修正
  • ビルド時に -Werror フラグを使わない
  • 各種修正とクリーンアップ

Mozo

  • GTK+3 と GObject Introspection へ移植し、古い PyGTK 関連のコードを削除

Pluma

  • MateConf 移行スクリプトの削除
  • 中クリックでタブを閉じる機能の実装
  • スペルチェックプラグイン用の新しい設定ダイアログボックスを追加
  • 外部ツールで switch-c ツールが動作します
  • 潜在的な shell-code インジェクションを修正
  • GTK+3: pluma-window と pluma-print-preview にスタイルクラスを追加
  • GTK+3: 複数の非推奨事項を修正
  • 各種修正とクリーンアップ

caja-dropbox

  • わずかなクリーンアップ

MATE 1.12 をリリースしました

5ヶか月の開発期間を経て、MATE デスクトップチームは MATE デスクトップ 1.12 のリリースを公表できたことをうれしく思います。すべての MATE 貢献者とユーザーに感謝します。

about

MATE 1.12 で新しくなったこと

MATE デスクトップ 1.12 の主な変更点は次のとおりです。

  • GTK 3.18 サポートを含む、MATE デスクトップ全体の GTK3 サポートの修正と改善。
  • タッチパッドのサポートが大幅に向上し、マルチタッチとナチュラルスクロール機能が追加されました。
  • マルチモニタのサポートが改善され、ディスプレイの設定に出力名が使用されるようになり、改訂された UI ではプライマリモニタが設定できます。
  • 電源管理アプレットにモデルとベンダーの情報が表示されるようになったので、複数のバッテリ駆動デバイスを区別できます。
  • セッション管理が改善され、メディアの再生中にスクリーンセーバーの使用を抑制します。
    • MATE は org.gnome.SessionManager namespace に従うようになりました。
  • systemd サポートを拡張しました。
  • 長らく存在していた不具合と、多数の使い勝手の悪さが修正されました。
    • たとえば、画面解像度を変更しても、パネルアプレットの順序は変更されません。
  • 翻訳が更新され、多くのコンポーネントが gschema から直接文字列を取得するようになりました (intltool 0.50.1 が必要)。
  • win32osx のサポートを止めました。

MATE 1.12 の各種コンポーネントは、次の場所からダウンロードできます。

スクリーンショット

Changelog 変更点

変更点の詳細は以下のとおりです。

mate-common

  • lcov 1.12 をサポート
  • 関連文書と実例を更新

mate-desktop

  • dconf 0.13.4 と xrandr 1.3 が必要です。
  • GTK+3 でオーバレイスクロールを切り替える gsettings キーを追加
  • いくつかのアイコンを追加することで、カスタムアイコンテーマ使用の GTK+3 で欠落していたアイコンを修正
  • マウススキーマ: 中クリックによるエミュレーションを標準で有効に
  • RR: 欠落している mate_rr_output_get_possible_crtcs 関数を実装
  • RR: 出力名によるラップトップ ID の修正
  • RR: 表示名に加えて出力名も表示
  • docbook ユーザーガイドを別のプロジェクトへ移動
  • yelp への依存関係を削除 (ユーザガイドの移行後は不要)

libmatekbd

  • GObject イントロスペクションを追加
  • レイアウトビュー/印刷ダイアログ: 不要なヘルプボタンを削除
  • レイアウトビュー/印刷ダイアログ: いくつかの UI を修正

libmatemixer

  • oss: Linux のポーリングには modify counter だけを使用してください。BSD では壊れています。
  • alsa: 古いバージョンの ALSAFTBFS を修正
  • alsa: フェードの修正

libmateweather お天気アプリ

  • タイムゾーンの場所の更新

mate-icon-theme

  • pkgconfig ファイルを生成しない

Caja

  • サーバへ接続 ダイアログ: AFP のサポートを追加
  • マルチモニタのサポートを向上

mate-polkit

  • GTK3 アプリケーション・インディケータのサポートを追加します。

Marco

  • マニュアルの追加およびポインタによるウィンドウ配置の追加
  • 同一アプリケーション内のウィンドウを切り替えに Alt-` を使用

mate-settings-daemon

  • ログアウト用の新しいキーバインディングを追加 (デフォルトは空です)
  • タッチパッドの設定: 自然なスクロール、2 本指および 3 本指クリックのサポートを追加
  • マウス: Ctrl+C や他のコンボを無視するには syndaemon-K を使用
  • GTK+3: xrandr トレイアプレットがカスタムパネルテーマをサポート

mate-session-manager

  • Plank など、ドックのオプションサポートを追加
  • 既存の libsystemd-login に加えて、新規の libsystemd のサポートを追加
  • ログアウト/シャットダウン時には最大 1 秒間だけ待機
  • 新しい gsettings キーを使用して、開始時に GTK+3 オーバーレイスクロールのオン/オフを切り替え

mate-menus

  • pkg-config を使用して python をチェック (python 2.7 が必要)

mate-panel

  • xrandr 1.3 以降が必要
  • カレンダーの週番号を有効/無効にするオプションを追加
  • 画面解像度の変更時にロックされたアプレットの位置を修正
  • GTK+3: アプレットが panel-menu-bar に従うようにスタイルクラスを追加

mate-themes

  • GTK3 の全テーマ: 音量/輝度アプレットスライダをデザイン
  • すべてのテーマ、特に GTK 3.18 関連のさまざまな改善を行ってより洗練に

mate-notification-daemon

  • gtk3 におけるテーマの高さと可視性を修正
  • 複数のテーマの修正

mate-control-center

  • 外観: インタフェースタブを復元
  • ディスプレイ: プライマリモニタ設定のためのサポートを追加
  • ディスプレイ: ディスプレイ名に加えて出力名を表示
  • キーバインディング: ログアウト用のキーバインディングを追加
  • タッチパッドの設定: タッチパッドを有効/無効にするオプションを追加
  • タッチパッドの設定: 自然なスクロール、2 本指および 3 本指クリックのサポートを追加
  • カテゴリ化の向上
  • GTK+3: 外観および MATE フォントビューアでのフォントレンダリングを修正

mate-screensaver

  • 既存の libsystemd-login サポートに加えて、libsystemd のサポートを追加
  • 画面をロックする時ブラックにフェードしない
  • systemd のイベント処理を修正

mate-media

  • man ページ内の複数の修正
  • GTK+3: 音量アプレットのスライダおよびメニューにスタイルクラスを追加
  • GTK+3: カスタムアイコンテーマ使用で欠落していたアイコンを修正

mate-power-manager

  • xrandr 1.3 以降が必要
  • デバイスのベンダー/モデル情報を表示
  • Mac Book Pro のバックライト調整を修正
  • GTK+3: カスタムテーマのサポート
  • GTK+3: 明るさの調整アプレットの動作を修正

mate-system-monitor

  • SysInfo: Linux Mint および LMDE の適切な検出機能を追加
  • SysInfo: ディストリビューションでカスタム側のイメージを定義可能に
  • Interface: ノートブックに境界を追加
  • 既存の libsystemd-login サポートに加えて、libsystemd のサポートを追加
  • C++11 でのビルドをサポート
  • mate-icon-theme に対する不要な依存関係を削除
  • C89 のサポートを廃止

Atril

  • win32osxhildon のサポートを廃止
  • mate-icon-theme の不要な依存関係を削除
  • 配布パッケージのバージョンを使用する場合、埋め込み MathJax を削除
  • smclient を必須に

caja-extensions

  • 複数の文字列を修正

Engrampa

  • 進行ダイアログで ngettext の使用を修正
  • 複数の書庫を別々のディレクトリへ展開する機能を実際
  • 展開するファイルがフォルダ内にある場合に、上書きチェックを修正

Eye of MATE

  • さまざまなバグ修正。

mate-applets

  • Accessx-status, geyes: アプレットの背景を自動的に描画
  • Cpufreq: cpupower をデフォルトライブラリに
  • mate-icon-theme に対する不要な依存関係を削除
  • GTK+3: カスタムアイコンテーマ使用で欠落していたアイコンを修正
  • GTK+3: cpufreq、charpick および drivemount がカスタムパネルテーマをサポート

mate-netbook

  • Window Picker アプレット: 背景を自動的に描画

mate-netspeed

  • アプレットの背景を自動的に描画
  • サイレント・ルールの追加

mate-sensors-applet

  • nvidia サーマルセンサーとクーラーセンサーのサポートを追加 (libxnvctrl >= 256.25 以上必要)
  • mbmon プラグインの追加
  • udisks プラグインに新しい値をポーリングさせる

mate-terminal

  • 1.10.0 から壊れていた —tab タブオプションを修正
  • デフォルトでサイレント・ルールを有効に
  • win32osx のサポートを廃止

mate-user-share

  • dbus-1 の不要な依存関係を削除
  • Apache 2.0 のサポートを廃止

mate-utils

  • アプリケーションのアイコンを mate-system-log へ追加
  • スクリーンショットのファイル名に、ウィンドウ名の代わりにタイムスタンプを標準で追加
  • 辞書アプレットの背景を自動的に描画
  • gsettings スキーマの翻訳修正

Mozo

  • 起動時の通知を有効化
  • サイレント・ルールの追加

Pluma

  • ビルド中のテストの実行を有効/無効にする --enable-tests オプションを追加
  • 保存時に末尾のスペースを削除するプラグインを追加
  • バグレポートのスクリプトリストにあるアクティブなプラグインを復活
  • win32osx および checkupdate プラグインのサポートを削除
  • ウィンドウタイトルとデスクトップファイルの Pluma を大文字に
  • GTK3. 印刷プレビューの修正
  • 一部の注釈の修正

caja-dropbox

  • caja extensions の既定ディレクトリを修正
  • tarball に autogen.sh を含める




Contents © 2022 The MATE Team
Creative Commons License BY-SA
RSS GitHub Twitter Wiki